【加工貿易】の人気Q&Aランキング


【加工貿易】とは?

加工貿易(かこうぼうえき、added-profit trade)とは、原材料や半製品を他国から輸入し、それを加工してできた製品や半製品を輸出する貿易の形態である。 加工貿易は、中継貿易と異なり加工のプロセスが追加されている分だけ付加価値が高まるため、有利な貿易である。また、最終製品の行き先をあらかじめ輸出に頼る構造であるため、国内経済の変動に左右されにくく、大きな資本力と技術力を有しながら経済基盤の脆弱な国においては基幹産業となる。また、こうした条件を十分満たしていなくても労働賃金が安く生産性が比較的高い国であれば成立しうる余地がある。 さらに、原料調達を外国に依存しているため、コストに...