腹帯

妊婦がお腹を守るために巻く白い布の事です。一般的には妊娠5ヶ月に入って最初の「戌の日」に腹帯(岩田帯)を締めて母子の健康を祈願するものです。腹帯の習慣や種類など幅広くご紹介します。

【腹帯】の人気Q&Aランキング


【腹帯】とは?

腹帯(はらおび)は、馬具の一つで、鞍をウマの背に固定するための帯状の道具。ベルト。「ガース」とも呼ばれる。布製のものや革製のものがある。 鞍の両側であおり革の下にベルトがあり、これを腹帯のバックルに通して締め上げる。競馬においては通常の腹帯で鞍を着用した後、さらにその上からぐるりと締め上げる上腹帯というものがあり、これも使用される。 装着する位置は、馬の前肢の直後で、人間でいう腋下にあたる部分となる。馬体上のその部分のことを「帯径(おびみち)」という。 腹帯は騎乗する前、装鞍の時点であらかじめ適度に締めておくが、騎乗することにより、騎手の体重によって鞍が馬体に押し付けられ、若干の緩みが生じる。...

カテゴリ