• このエントリーをはてなブックマークに追加

教える=考える力×伝える力

グランプリ発表

自分の体がふわふわ浮くよ

めささん

  • ・ふわふわしたい
  • ・お空飛んでみたい!
  • ・楽しそう~♪

5さい児にわかりやすいよう、パペット人形を使って伝えたお題。関心を引く内容には「へー!」と感嘆の声が上がるなど反応は上々。ただし、話が長くなるとそわそわして心ここにあらずな子もちらほら…。最終的にグランプリには半数以上の手が上がりました。

グランプリに選ばれた決め手は「ふわふわ浮くよ」という語感の良さ、さらに「体重が0キロになる」など5歳児でも想像しやすい言葉を散りばめたところにありますね。大人の視点ではなく、子供の視点に立って考えた点が5さい児にも響いたのだと思います。あとは5さい児が飽きずに最後まで聞いてくれるよう、短く簡潔にまとめた点も大きなポイントです。

みんなが生まれたところだよ。
そこはおほしさまがうかんでいるよ。

5さい児が好きな「ママ」を使ったアプローチは良かったと思います。ただ、ママは好きでも「ママのお腹の中」が5さい児には想像がつきにくく、あまりピンとこなかったようです。でも短く簡潔にまとまっている点は評価高いです。

見たことのない、新しいいきものがいるかもしれないよ!

5さい児には全体的に文章が長すぎたようで残念ながらグランプリには届かず。ただ、「ピンク色のうさぎ」「緑色のねこ」といった、想像しやすい未知の動物に「会いたい」と言った子もいて、言葉のチョイスはとても素晴らしいと思います。

部活・勉強・友達と一緒に居る時間・家族と一緒に居る時間・一人の時間

ちむさん

  • ・勉強だけじゃなく部活や友達といる時間など、プライベートも大切にしようと言ってるのがいい。
  • ・中学生だからこそ、大切にしなきゃならないことがちゃんと詰まってる気がする。これが実行できれば、高校生になっても後悔しないと思う。
  • ・3つの中で一番簡単に実行できる。なまけがちな人でもすぐ実行できるのはこれ。

自分の考えを自分の言葉でしっかり述べてくれた中学2年生の皆さん。とくに勉強も部活も頑張っている子、将来のことはゆっくり決めていきたいと考えている子たちの支持を受け決定。全体的に今の自分の状況に近いものを選んでいる傾向が伺えました。

グランプリに選ばれたいちばんの理由は「肯定される安心感」にあると思います。文章からあふれる「今のありのままの君でいいんだよ」というやさしさ、そして部活、友達、一人の時間といった中学2年生が自分ごと化しやすい内容で構成したこと。これらが響いたのだと思います。またSNS全盛期の今、ツイッターなどに慣れた子たちは長い文章に拒否反応が出やすい。伝えたいことは短く簡潔にまとめることも読ませるコツです。

自分のなりたい職業の詳細を知ることを学んでほしい。

若干、学校の先生が言いがちな内容だったのかなと。中学2年生にとっては常に言われていることで鮮度がなかったのかも知れません。ただ、内容はとても納得できるものであると、中学生の皆さんも揃ってコメントしていました。

「未来の自分が、今の自分にやっておいて欲しいこと」を一つ一つしていく

「未来から今を考える」という点がわかりやすく個人的にはイチオシでした。ですが中学2年生からするとなんとなく想像しずらい内容だったところも。あとは言いたいことがあふれすぎて冗長気味になってしまったのが惜しいですね。

「ちょっとそこまで」の範囲が広がります。

きらきらさん

  • ・不慮の事故など自分に何かあったときに、家族が動いてくれる機能があること。
  • ・「親指と人差し指を広げたり縮めたりすれば良い」という表現がわかりやすく、やってみたいと思う。
  • ・地図が画面をポンとタッチするだけで出てくるのがいい。

スマホ機能に関する具体的記述があることが決め手となり、半数以上の指示を受けて決定。とくにスマホを持つことで自分の居場所を家族に知らせることができ、安心して出かけられる点が好評でした。また「頭の中で作り上げた年寄り像にとらわれないで欲しい」との意見も。

「これ以上便利にならなくてもいい」と考えている高齢者の方に、それでもスマホを勧めなければならない。これはとてもハードルの高いお題です。グランプリに選ばれた理由はスマホにあるたくさんの機能の中から「地図」に特化してメリットを伝えたこと、さらに高齢者の方が想像しやすい表現、また自分ごと化しやすい事例を挟んだことでしょう。高齢者の方が素直に「いいね」と思える内容に仕上げたことがポイントだと思います。

温かい体温までも、感じられるような...

個人的には「孫」が響かなかったことに驚きました。頭の中の高齢者像のままでは「小さい孫がいる」とつい思いがちですがそうでない人も多くいました。「教わる人」のことをどれだけ考えてあげられるか、という点において私自身も改めて勉強になりました。

スマホは、質問にも答えてくれる便利なロボットのお手伝いさんなんだよ。

ロボット的機能が逆に便利すぎて高齢者の方に敬遠された要因でしょうか。一般的なスマホの紹介に近すぎたのかも知れませんね。ただ、スマホの良さを幅広く伝えていて、わかりやすさという点では良かったと思います。

「教える」=「伝承」。言い尽くせないほど有意義なことを「おしトピ」ならチャレンジできる。

教える」=「伝承」。言い尽くせないほど有意義なことを「おしトピ」ならチャレンジできる。

教えるということは、今持っている知恵だったり身についたことを次の世代に繋いでいく作業。すなわち「伝承」です。自分ひとりでは一から開発できなくても、教えてもらうことで短時間で達成できる。さらにコミュニケーションにもなる。教えることで世の中はもっと良くなっていくし、人はより幸せになることができます。教えるということは、本当に言い尽くせないほど有意義なことです。

おしトピは「教える」ことにスポットライトを当てたとても新しい試みです。意識して「教える」ことにチャレンジできる機会はめったにないし、私自身もとても勉強になりました。理屈を超えた楽しさがそこには待っています。一度ぜひやってみて欲しいと思いますね。

オブザーバーの佐々木さんからのお題です。

オリンピックに向けて日本を紹介する機会も増えて来ると思います。でも“フジヤマ・ゲイシャ・キョウト”のようなステレオタイプなことではなく、日本に暮らしているからこそわかる日本ならではの良さを伝えられたら素敵ですよね。例えばコンビニで24時間いつでも買い物ができる便利さとか。暮らしの中から見つけられる日本の良さを、あなたの言葉で、ぜひたくさんの外国の方に教えてみてください。

佐々木圭一氏

上智大学大学院を卒業後、1997年博報堂入社。もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。著書『伝え方が9割』はその体験と、発見した技術を赤裸裸に綴ったもの。50万部、2013年ビジネス書1位※紀伊國屋書店新宿本店調べ。2014年株式会社ウゴカス設立。
日本人初、米国の広告賞One Show Designでゴールド賞を獲得。カンヌ国際クリエイティブアワードでシルバー賞他計5つ獲得、アジアで最も成功したと評価されAIMアワードグランプリを獲得、など国内外55のアワードに入選入賞。
郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。上智大学非常勤講師として人気。

Facebook:https://www.facebook.com/k1countryfree

Twitter:https://twitter.com/keiichisasaki

OPEN
CLOSE

「おしトピ by 教えて!goo」を利用した「教える力」を競うコンテストです。

インターネットの利用で誰もが知りたいことを調べることができるようになりました。

これからは調べた情報を「考えて」「伝える」こと、言わば「教える力」が必要になってきます。

「おしトピ by 教えて!goo」では、サービスの開始を記念して「教える力 コンテスト」を開催することにいたしました。

誰もが「教える力」を身につけることができる「おしトピ by 教えて!goo」に、この機会に是非ご参加ください。

みんなが普段思っている疑問から、時事ネタまで、様々なオーダー(お題)にあなたの意見や知識を「教える」サービスです。

キャンペーンサイトから、応募したいお題を選んでいただき「教えて」ください。

「おしトピ by 教えて!goo」に登録が必要です。

一つのお題だけでも応募は可能です。

どのお題も何度も応募が可能です。

オブザーバーと「おしトピ by 教えて!goo」編集部が、各応募回答の「いいね数」などを参考に審査し、ファイナリスト回答を各お題毎に3つ(計9つ)決めます。

発表日:4月中旬(予定)

発表:当キャンペーンページ(予定)

ファイナリスト回答を実際の「幼稚園児」「中学生」「人生の大先輩」に審査していただき、1番共感を得た回答にグランプリを授与します。

発表日:5月中旬(予定)

発表:当キャンペーンページ(予定)

1.当キャンペーンページから、応募したいお題に「教えて」ください。

「おしトピ by 教えて!goo」に登録してないユーザーは登録が必要です。

2.回答ページのフォームに記載して応募してください。

回答は「おしトピ by 教えて!goo」のお題(オーダー)に記事として投稿されます。

日本在住の方であれば、どなたでも応募できます。

日本語での回答が必須となります。

2014年2月26日(水)〜3月25日(火)24時まで

参加賞
Amazonギフト券2000円分 抽選で50名様
ファイナリスト
Amazonギフト券1万円分 6名様
グランプリ
Amazonギフト券10万円分 3名様

Amazonギフト券はAmazon.co.jp(Amazonマーケットプレイスの商品を含む)およびJavari.jpでご利用いただけます。

  • 1. Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。
  • 2. Amazonギフト券細則についてはhttp://amazon.co.jp/giftcard/tcをご確認下さい。
  • 3. Amazon、Javari.jp、Amazon.co.jp および Amazon.co.jp のロゴは Amazon.com,Inc. またはその関連会社の商標です。

賞品の内容は予告なく変更することがあります。

参加賞の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

賞品の発送は当選の確定後1ヶ月以内を予定しております。諸事情により遅れる場合もあります。

抽選状況に関するお問合せには一切お答えいたしかねますので、予めご了承ください。

受賞された方には、「おしトピ by 教えて!goo」に登録いただいたメールアドレスあてに主催者からご連絡させていただきます。連絡が取れない場合、及び期日以内にご連絡が無い場合は、賞品の当選を取り消すことがあります。

ファイナリストの中でグランプリに選出された方は、ファイナリストの賞品ではなくグランプリの賞品が対象となります。

  • 本コンテストは「おしトピ by 教えて!goo」のサービスを利用しております。応募者は「おしトピ by 教えて!goo」の利用規約に同意したものとみなします。
  • キャンペーン応募は日本在住の方に限らせていただきます。賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
  • 日本語での回答が必須となります。
  • 応募回答は「おしトピ by 教えて!goo」のオーダー(お題)の記事に自動的に投稿されます。投稿された内容は、「おしトピ by 教えて!goo」の利用規約に基づいて利用されます。利用規約の第3条に基づき、投稿内容の権利については主催者側に帰属するものとします。
  • 応募回答を「おしトピ by 教えて!goo」のオーダー(お題)の記事から削除すると応募が無効になります。
  • 既にある「おしトピ by 教えて!goo」のオーダー(お題)の記事からコピーした回答はおやめください。
  • 公序良俗に反するもの、誹謗中傷、営利目的と主催者が判断した応募については、応募を無効とし、「おしトピ by 教えて!goo」のオーダー(お題)の記事から削除することがあります。
  • 選考に関してのご質問にはお答えできませんのでご了承ください。

NTTレゾナント株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加