教えて!gooプラス

Q&A詳細

質問

左の背筋・肩甲骨あたりの痛み

  • 投稿日時:
  • 2008.07.07
  • 回答件数:
  • 3件

38歳の男で、会社役員をしています。
4月に移動で、住宅、就業環境が変わりました。
ここ最近、朝起きると、背中(左側のみ)が首を下に向けると、強烈な痛みを伴うようになりました。
妻に背中を押してもらうのですが、場所が特定できません。(肩甲骨の辺り?背筋?)
湿布薬、塗り薬等するのですが、夕方には痛みがとれますが、朝、また同じ症状が現れます。
2年前に胃にポリープが出来、内視鏡で取った事があります。また、1年前に軽い潰瘍との診断もありました。
今回も、内臓系でしょうか?
食事も、夜付き合いも多く、不規則です。
また、検診では、高脂血症、高尿酸値、肥満と診断されていますが、治療をしていない状態です。
身長178、体重90 です。
喫煙、酒共にやります。
以上、よろしくお願い致します。

回答

背中を押して

  • 投稿者:
  • noname
  • 投稿日時:
  • 2008.07.07

背中を押して、痛みが再現(特定)されない場合は、原因がそこにない場合がほとんどです。

今回の場合は、首を前に曲げたとき、と言う条件が付いているので、最も考えられるのは首の緊張です。首の筋肉は首だけに留まらず、そのまま背中の中央付近まで伸びています。そのため首の筋肉が緊張していると、背中に痛みを訴えることが往々にしてあります。

もし朝に余裕があるなら、仰向けで寝た状態で、首の筋肉を少し押してみてください。首を曲げたときほどの強い痛みではないにしろ、似たような痛み(ただし強さはもっと弱い)を感じた場合は、おそらく首が問題です。

首の問題が確定すると、次に考えるのは、枕の高さや質です。住宅環境が変わった時に、寝具も変わっているなら、まずはそこが最も考えられます。枕を使わずにバスタオルを丸めたものなどで高さを調節して寝てみてください(変化が現れるまで3〜4日は掛かるかもしれません)

何かの施術を受けるなら、マッサージなどでも良くなる可能性はあります。

内臓系の問題の場合は、通常、首の動きで状態が強く変わることは少ないです。
潰瘍の時にお腹に違和感があったと思いますが、その時は、寝ていても立っていても座っていてもあまり大きな変化が無かったと思います。
お腹の炎症(病気)があった場合、姿勢などによる変化は、筋肉や関節ほどの変化が見られませんので、現時点ではあまり可能性が高くないように思います。

ご参考になれば、幸いです。

回答者

noname


回答

カイロプラクティックをお薦め致します

  • 投稿者:
  • 市原 真二郎
  • 投稿日時:
  • 2008.07.07

ご質問有り難う御座います。
左肩甲骨周囲の痛みは胃や小腸、心臓等の負担による反応の可能性が有ります。
食事の問題や精神的ストレスから、これらの内蔵に負担が掛かり、その反射が出てきてしまう事が有ります。
重篤な問題が無ければ、カイロプラクティックで原因を見つけ、それに対する治療を行う事によって緊張を緩め、症状を改善させていきます。
私の知り合いの、名古屋で開業されている優秀な先生を紹介致しますので、宜しければお問い合わせ下さいね。

名西カイロプラクティックオフィス
名古屋市西区香呑町6-68-1
TEL052-532-4451

いちはら治療院
神奈川県藤沢市辻堂1-3-13江戸惣ビル2F
TEL0466-37-0021

市原 真二郎

市原 真二郎 カイロプラクター   
(いちはら治療院院長)

「ソフトな」施術で身体のひずみを根本から正し、改善へ導きます
対応サービス
カイロプラクティック
この専門家に相談する

回答

左の背筋・肩甲骨あたりの痛み

  • 投稿者:
  • 川井 太郎
  • 投稿日時:
  • 2008.07.08

はじめまして、川井筋系帯療法の川井太郎と申します。


肩甲骨から首にかけて痛みがある場合、

一般的には、頚椎部や肩甲骨部の角度が悪くなって周囲の筋肉が異常に緊張した状態になり、神経を圧迫したり血液循環を悪化させたりして起こっていることが多くあります(身体の歪みによる痛み:写真参照)。


この場合は、手技療法専門家(整体やカイロなど)で身体の歪みをくわしく分析して、適切な施術を受けることで改善できるでしょう。



また、場合によって(特に左肩甲骨付近の痛み)は、心臓に問題があることも考えられます。



今回の場合、首を動かしたときに痛むということですから、身体の歪みによる痛みの可能性が高いと思います。



ただ、年齢が30代後半、身長178、体重90 BMI28.48(22が理想値、25以上が肥満)そして、高脂血症、高尿酸値、がある上に、食事、睡眠が不規則、喫煙、酒となると、

これでは心臓・循環器系の負担が大きく、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞などのハイリスクグループに入ってきます。


少なくとも、睡眠の改善や食生活の改善(油物を控える、青汁を飲むやビタミンCを摂るなど)、喫煙、酒を減らすなどをしていかないと、危険です。お気をつけください。



当治療センターでは、さまざまな身体不調の原因となる「身体のゆがみ」をモアレ写真でくわしく分析し、骨盤を中心として全身的に筋骨格関節を整えることによって、肩こりや腰痛、膝痛、慢性疲労などを改善しています。


お困りのときにはご利用ください。



身体不調の原因となる「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労・アトピー・喘息 など専門
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海外でも認められた,30年の実績ある川井筋系帯療法 治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


川井 太郎

川井 太郎 あん摩マッサージ指圧師   
(院長)

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!
対応サービス
各種のマッサージ・各種療法 体の不調・各部の痛み全般 肩こり・首痛・五十肩 体質・アレルギー改善 冷え性・婦人病
この専門家に相談する

関連キーワード:

このカテゴリの他の質問

教えて!goo類似質問

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集

専門家プロファイルは、「ライフスタイルにあわせて家をリフォームしたい」「自分に最適な保険を選択したい、見直したい」といった、生活のさまざまな分野でこだわりを持つ人に、専門家の知識やノウハウをご提供する専門家マッチングサービスです。