最強の抗酸化物質ピクノジェノール配合栄養補助食品を開発してオンライン・ショップで販売していますが、ネーミングが悪くほとんど売れていません。多方面の方からも指摘されています。女性の方が、一度飲んでみたくなるような名前がありましたら教えてください。できればカタカナの名前がいいです。
美肌・生理痛、肩こり、五十肩、不眠症などの緩和に効果があります。

A 回答 (5件)

「ネーミングが悪くて売れない」のは、もしかしたら周りの人の思い込みかもしれませんね。



まず、商品の効能が多彩すぎて、ぼやけているような印象があります。女性がもっとも切実に悩んでいる症状か、商品の効果が最も強い効能に絞ったキャッチコピーで訴求することを試してはどうでしょうか。

メリットが絞り切れていないと、ネーミングもしづらいのではないかと思います。

食品の場合、特保でなければハッキリと効果効能をうたうことはできません。それをクリアできるのがネーミングであって、「あの症状に効きそう」なネーミングでイメージさせることが可能になるのです。
    • good
    • 0

女性が使うものがどのようによく売れるか。


仕事柄そういう業界にふれる機会が多いので感じているのですが、それは「クチコミ」です。
某会社で女性用の製品を出すとき、販売3ヶ月前にHPでサンプル配布を行いました。それがなんと発売時にはサイトに対する登録数が既に2万件を突破していました。
販売開始時にはもうリピート購入が生まれたのですから凄い話です。これは製品がよくなければ台無しですが、クチコミ戦略は面倒で遠回りのようですが、いえいえ一番の近道&長生きの秘訣だと思っています。
    • good
    • 0

 カタカナにこだわる理由が分かりませんが……(^_^;


 人間は心理的に、自分が現在困っていることをズバリ突かれると、うっ、となってしまう性質があります。
 ゆえに、たとえば美肌向けなら美肌向け、生理痛なら生理痛向けといった、食品の「バージョン」を作り(中の成分をちょっとずつ変えるとか工夫をするといいかも知れません)、それぞれに、「オハダキレイ」とか「オナカスッキリ」とか名前を付けた方がいいです。
 もちろん、実際に効果があることが絶対条件ですけど(^_^;
 某大手生理用品会社が、「毛穴すっきりシート」などという、用法そのものを名前に付けてますよね。あの会社のあのネーミングも、ウケてる理由の1つなんですよ。
    • good
    • 0

最後は「法律」の「商名」で「引っかかるかもしれません。」


いろいろ「壁はありますが。」ね。
「やはり単純明快のがいいですよ。」
「安心感のあるほうが。」
    • good
    • 0

懸賞金をつけて公募するとたくさん集まると思いますよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ