Q質問

ゴムの劣化試験などの試験時間を決める際、よく「10℃環境温度を上げると劣化が2倍の速度で進むから試験時間は半分でいいよ。」ということを言われるのですがその根拠がわからなくて困っています。
アレニウスの経験則から導き出しているようなのですがどのような仮定の上で計算されているのかが不明です。
どなたかこの件に関することが記述されている書籍、文献等ご存じないでしょうか。

A 回答 (1件)

回答が付かないようですので,御参考までに過去の類似質問を御紹介しておきます。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=937384
  QNo.937384 アレニウスの式で絶縁物の温度寿命を知る事が出来るか

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=161176
  QNo.161176 アーレニウスの式

 おそらく幾つかの温度での測定の結果から『10℃環境温度を上げると劣化が2倍の速度で進む』とされているのだと思います。ゴムの劣化に関するアレニウスの式のパラメータを理論的に求めるのは無理でしょうから。

参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=937384, http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=161176

この回答へのお礼

活性エネルギーというのがやっかいなのですがやはり実験から求めるべきと言うことですね。
皆様苦労されているようですね。こちらでも過去の実験記録等あたってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/20 19:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

武将、前田慶次の魅力とは?

戦国一のかぶき者といわれる前田慶次の晩年を描くNHK木曜時代劇「かぶき者 慶次」が、明日から放映される。そこでドラマの主人公の前田慶次について、皆はどんな印象、魅力を感じているのか、「おしトピ by 教えて!...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング