質問

今週に入ってから、パソコンを起動させたら勝手にIEが立ち上がるようになってしまいました。
スパイウェアの可能性が高いと思い、SpybotやAd-Awareも入れて削除してはみたのですが、まだダメです。

あと、ウイルスバスター2004も入れているのですが、勝手に立ち上がると、「DEADLINKが検出されました」というようなメッセージが出てきます。
メッセージによると、駆除したとありますが、また起動させると同じようにIEが勝手に起動してしまいます。

ウイルスバスターによると、
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/d …
がその原因のようですが、肝心の対処法が英語でよくわからない状況です。
対処法がわかるかた、いましたらよろしくお願いします。

通報する

回答 (6件)

ファイル名を指定して実行で[msconfig]と入力し
スタートアップのタブに無いか確認してください。
あったら即消去です。
あと、大丈夫だった時までシステムの復元を行うと良いでしょう。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今はこの状態での使用は避けるため、ほかのパソコンからお礼を申し上げます。

レジストリもあやしいですが、勝手に起動するという点からしてもスタートアップも再度チェックする必要ありですね。
ほかの方が回答してくださったレジストリをいじってもダメだったら、復元ポイントがあるかわかりませんが、システムの復元をやってみようと思います。

この回答への補足

システムの復元をしても直りませんでした。
ダメ元で、勝手に開いたIEのアドレス欄にあるURLをGoogleで検索してみたところ、ある掲示板のサイトがヒットしました。
そこは、どこか海外のサイトで、英語でない言語で書かれていないため詳しい内容はわかりませんでしたが、投稿者は自分と同じ症状で困っていることはわかりました。

返信には原因がかかれているようで、リンクがあったのでそこに行ってみると、MSN Mesengerを拡張するソフトMessenger Plus!のサイトでした。
確かに、自分は今週Messenger Plus!の手書きできるプラグインをいれていました。それが原因だったようです。

翻訳すると削除方法があったので、そのとおりやってみると、勝手にIEが立ち上がらなくありました。
ひとまず、解決できたようです。
まさか、自分が入れたソフトが原因だとは全く想像していませんでした。
とにかく、直ってホッとしています。

長文、失礼しました。

NO.4の方が言われるように、レジストリに登録されていると思います。レジストリをいじるのがいやな場合は、下記のアドレスにあるようなソフトを使用してください。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA029465/ols_sup. …
上のソフトにより、スタートアップを管理することができます。今回の問題を解決するだけなら、必要ないかもしれませんが、ところどころで便利かもしれませんので、ダウンロードされてみてはいかがでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ソフトのほうはなかなか便利そうなものですね。
ぜひ使ってみようと思います。

 なんでそうなったのかはご提示いただいている情報からは検討が付きませんが、煩わしいことは分かります(^_^)

 PC起動時のソフトウェアの自動起動の設定はユーザーサイドからはスタートアップフォルダへの登録で行いますが、システムサイドからはレジストリへの登録で行うのが一般的です。

 ということで、レジストリからその登録を削除することになりますが、既出のDCTでは削除できないでしょう。この登録自体はちゃんと機能していますので。(なので、IEが自動起動している)

 以下、レジストリからの削除方法を説明しますが、レジストリは必ずバックアップをとって殻触ってください。間違えるとこのPCは復活不可能となる可能性があります。

1. [スタート]より[名前を指定して実行]をクリックします。

2. 「regedit」と入力して[OK]をクリックして、「レジストリ エディタ」を起動します。

3. 右ペイン(右側の領域)で、以下のキーをたどります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

4. 左ペインより「データ」に「iexplore.exe」または「iexplore」が含まれているキーを捜して削除します。

5. レジストリエディタを終了します。

 通常は以上でOKですが、ユーザーごとの設定のほうに登録されている場合は、「HKEY_USERS」以下の「S-1」で始まるそれぞれの中から「Software」以下は3と同じですので、そこからも削除する必要があります。HKEY_LOCAL_MACHINEだけの削除で上手くいかなかったらこちらもチェックしてみてください。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今はこの状態での使用は避けるため、ほかのパソコンからお礼を申し上げます。

自分もどうしてこなってしまったかは不明で、その点でも困っています。
やはり、一番あやしいといえばレジストリですね。
今日はちょっと時間がありませんので、明日になったら試してみようと思っています。

この回答への補足

レジストリを確認したところ、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Runには「iexplore.exe」また「iexplore」が含まれているキーはありませんでした。

次に、「HKEY_USERS」以下の「S-1」を見てみたところ、こちらにもありませんでした。
やはり、システムの復元しかないみたいです。

スタートアップにハイパーリンクを参照するようなモノが入っているか、IE自身のショートカットが入っています。

あとは、OSのスケジュール記載されているのか。ま、これはあまり無いとおもいます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

スタートアップには、無線LANカードのユーティリティーソフトとMicrosoft Officeのみです。

スケージュールにもなかったです。

機械翻訳してみました。


これはウィルスではありません。それは、傾向マイクロの損害掃除サービス(DCS)
(それはシステムの中にもはやないファイルを指す「死んでいる」登録エントリーあるいは
登録エントリーに取り組むために故意に作成される)によってカバーされた検知です。
この検知は、主として顧客がシステムの中にある死んでいる登録エントリーを撤去するのを
援助する役目をします。悪製品が製品によって検知され削除されたが、その関連する
レジストリ・エントリーがスタートアップでいくつかのオペレーティング・システムに
エラー・メッセージを表示させて残る場合、そのようなものはそうです。死んでいるエントリーは、
さらにアプリケーションの不完全な装置あるいはアンインストールに起因するかもしれません。
傾向マイクロの損害掃除テンプレート(DCT)は以下のようにこの問題に取り組みます
:HKLMおよびHKCUメイン・レジストリ・キーの中の死んでいるレジストリ・エントリー用の
DCTパターン・チェック:実行
RunOnceRunServicesRunServicesOnceDCTは、レジストリ・キーへのデータの十分な
パスを得るためにスマートなチェック特徴を使用します。その後、ファイルのパスを
与えられて、DCTは、ファイルがシステムの中にあるかどうかチェックします。
ファイルが指定されたパスの中にもはやない場合、その?fータが既存でないファイルに
リンクされるとともに、DCTは死んでいるレジストリ・エントリーを撤去します。この検知がテストされました。
それは、死んでいるエントリーの除去に加えてシステムに修正を行いません。
対応方法:ダウンロード傾向マイクロの次のリンクからの損害掃除テンプレート(DCT):
http://www.trendmicro.com/download/dcs.asp

この回答への補足

回答ありがとうございます。

つまり、DCTっていうのを使い、削除すればいいということでしょうか。
そのDCTというのを探してはいるのですが、英語でどこにあるかわからないです。
いろいろリンクに飛んでいってはいるのですが・・・。

スタートアップにインターネットエクスプローラーが登録されていませんか?

スタート→プログラム→スタートアップ
のなかにアイコンがあれば、削除してみてください。

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございます。

登録されていないかチェックしましたが、IEはありませんでした。

このQ&Aは役に立ちましたか?4 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集