山田風太郎さん以外で、医学部出身の作家さんて
いますか?

山田風太郎さんの作品はとても深くて人間味があって歴史的背景もシッカリしていて、おもしろいです。
何でこんなに面白いのか探っていったら、「東京医科大卒」という、医学部出というのにもすこし、関わる気がしました。
(人間描写、対象描写その他もろもろが精密で、かつ大胆で、余念がない?)、
山田風太郎さん以外に医学部出身の(ある程度売れている)作家さんがいたら教えてください。

A 回答 (18件中1~10件)

こんばんは。


サマセット・モーム(英)は確か、外科医か小児科医
だっと記憶しています。なんで、多分医学部卒でしょう(笑) 

"happy man"「幸福な男」という短編の中では主人公が医者でした。
    • good
    • 0

#16です。

URLからは入れないようでごめんなさい。http://www21.ocn.ne.jp/~yoneyone/から、米山公啓さんのHPにお入り下さい。

参考URL:http://www21.ocn.ne.jp/~yoneyone/
    • good
    • 0

米山公啓(よねやま・きみひろ)


1952年 山梨県生まれ 聖マリアンナ医科大学卒医師の傍ら医学エッセイの執筆を始め,「ロックド・イン症候群」からミステリーの執筆も開始。医学ミステリーが得意で ...
http://www.geocities.co.jp/Athlete/1332/taiyoudo …

おもしろい本をたくさん書かれています。研修医時代の裏話などの軽い本もあり、オススメです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete/1332/taiyoudo …
    • good
    • 1

医療関係のものが多いですが、


小説「影の部分」
エッセイ「パパのおくりもの」「権力と権威」等でしられる「なだ いなだ」氏。
最近では「老人党」を結成して新聞の話題になりましたね。
↓ご本人の公式サイト

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~nadashig/
    • good
    • 0

海外の大御所では、「Sir」の称号を持つ男、


「シャーロック・ホームズ」で有名な「Sir Arthur Conan Doyle(サー・アーサー・コナン・ドイル)」
1881年に22歳で学位を取り、エディンバラ大学の医科を卒業しています。
    • good
    • 0

有名どころでは、加賀 乙彦氏。


【略歴】
精神科医。日本ペンクラブ理事。日本芸術院会員。東京大学医学部卒。東京大学医学部精神医学教室および上智大学等で勤務。
『フランドルの冬』(1968年芸術選奨文部大臣新人賞受賞)、
『永遠の都』(1998年芸術選奨受賞

文学賞の選考委員もなさっています。
    • good
    • 0

No10さんが挙げているけど帚木蓬生氏。



大学卒業→テレビ局入社→理想と違うので止める→医者になろうと思う→
大学の医学部に入る→卒業後医師に→そのあと作家デビュー

という凄い経歴の方です。
山本周五郎賞をはじめ、いろんな賞とってますし、閉鎖病棟は映画にもなりました。


あとはもっとマイナーになりますがミステリ作家 高田崇史氏。
この方は明治薬科大学を卒業して薬剤師でもあります。
ちょっと医学部とは違いますが、変り種といったところでご紹介します。
    • good
    • 0

#6 方が既にお答えですが、


北 杜夫氏は「芥川賞作家」で「精神科医」で「鬱病」で有名ですね。^^
少しそれますが、お父様は国語の教科書にもでてくる「赤光」で歌人として有名な「斉藤 茂吉」さん、

私が紹介したいのが、お兄様の「斉藤 茂太」(「しげた」と読みますが、「モタさん」の愛称で親しまれています。)さん
で、やはり精神科医として、沢山「モタさんの…」で始まる、分かりやすい「精神世界の読み物」やエッセイをたくさんを書いていらっしゃいますね。^^
曰く、「弟は原稿が書きたくないから『鬱病』だと言っている、鬱病の方に失礼だ!」だそうなんですが、現実には杜夫氏は「躁鬱病」で入退院を繰り返し、とても辛い経験をなさっていらっしゃるそうです。そういう作品も多いですね。
北 杜夫氏の作品では「夜と霧の隅で」で、第43回芥川賞受賞作(1960上半期)。 ナチス時代、ドイツの精神科医の苦悩を描いた作品として有名です。一度読んでみていただきたいです。北 杜夫氏は大ファンなので。
…結局誰の紹介になったのだか。そうです、北 杜夫氏のお兄さんの「斉藤 茂太」さんが現役の医師で本も書いていらっしゃるということ、でした。「日本ペンクラブの理事」もおつとめですね。略歴↓

参考URL:http://www.tabicom.com/contents/interview/saitop …
    • good
    • 1

作家というのが小説家を指すなら,


まだ出ていない人では
安部公房,加賀乙彦,ちょっとマイナーだけど帚木蓬生(ははきぎほうせい)など。

もうすこし広く文学者という括りなら,
斉藤茂吉,木下杢太郎,加藤周一,中井久夫などなど。
    • good
    • 0

こんにちは。


日本のような「医学部」かどうかは知りませんが、『シャーロック・ホームズ』シリーズを書いたアーサー・コナン・ドイルは元々医者だったはずです。
開業医としては成功せず、ヒマだったので推理小説を書き始めた…という話を聞いたことがあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ