エクダイソンとJHによる害虫駆除のメカニズムについて教えてください!

A 回答 (1件)

回答になるかどうかはわかりません。


現在、農薬で脱皮阻害剤(IGR)というものが多く存在します。幼若ホルモン剤などは使われていません。
脱皮阻害剤はキチン質合成を阻害し、脱皮時に殺してしまう剤です。
アプロード(ウンカ,コナジラミ防除),ノーモルト(鱗翅目防除)、カスケード(鱗翅目、アザミウマ類防除)が代表的なものです。
新しい剤として,脱皮促進剤もあります。体が成長していないのに脱皮させて殺しててしまう剤です。その剤はロムダン(鱗翅目防除)が使われています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ