I went out with them into the street by the lure of what I knew intuitively was normal childhood.

この英文の、「by the lure of what I knew intuitively was normal childhood」の構造がわかりません。
「what I knew intuitively was normal childhood」は名詞か名詞句か名詞節になるべきだと思うのですが、どうしてもそう見えない、、、。

よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

訳、ありがとうございます。

「・・・書物のための読解力の育成は、徐々にすすむものである」なのですが、肝心なところは見事に解決していただきました。

この英文はもともとある書物からとってきたものなのですが、「英文は右から左に一読して文意を摑むものだ」という思想からすると、「これは挿入」「since節は副詞節だから除外して」などとやっているとかなり何度も読むことになるのではないかと思います。
そもそも、挿入になりうる動詞を全て挙げることは相当困難でしょうし。

例えば、
I assure the man that he ate eggs.
を基礎にした
who I assure the man ate eggs
の場合、
assureが挿入になることを知っているか
もしassureに分詞構文、manに関係詞節(しかも関係詞が省略された)がついたら見えるか
というような問題が発生すると思います。

これをthat節と私が考えたいのは以下のような理由です。

これが出来るのは、「目的語にthat節をとれる動詞」だけであり、that節についてはなみなみならぬ関心で臨まなければならないので、that節と考えるとたくさんの情報が既に自分の中にあるから有利である。

ただそれだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~~ん、むずかしい、、、、。一般的な受験英語の考え方とは違って、大学に入ってから専門的に勉強する人向けのようなご意見だというイメージを持ちました。

回答ありがとうございました。
(何度も回答していただいたのにポイントなしですみません。)

お礼日時:2004/10/11 08:40

vanvanusさんが再回答してくださるまでの幕間ということで・・・



The building up of a taste for books which sages have decided since Socrates was born in the place where all sages want to go are worthy of preservation is gradual.

すごいですね。パズルのような文です。
( )を使って区分けしてみます。

The building up of a taste for books 〔which (sages have decided 〈since Socrates was born in the place where all sages want to go〉 ) are worthy of preservation 〕is gradual.

〈 〉の部分は、「あらゆる賢人たちがあこがれるかの地にソクラテスが生まれて以来」という修飾節ですから、文の大意が分かるように外してしまいます。すると、

The building up of a taste for books 〔which (sages have decided ) are worthy of preservation 〕is gradual.

これが問題の箇所でしょう。〔 〕の中を訳すと、「保存に値すると賢人たちが判断してきた」となります。
ただし、(sages have decided ) の部分を「挿入句」として訳しても「実害」があるようには思えないので「?」というのが正直なところです。
やはり解説がほしいところですね。

この文の訳は、「賢人たちが後世に伝えていく価値があると判断してきた書物への嗜好を育てていくのは、ゆっくりと進めていくことがらだ(一挙には出来ない相談だ)。」

先ほどのソクラテス氏の部分を合わせると、「あらゆる賢人たちが憧れるかの地にソクラテスが生誕して以来、賢人らが代わる代わる『後世に伝える価値あり』と判じて来た書物を人々が好んで読むようになるまでには、まだまだ時間が掛かりそうだ。」ということですかね。フ~ッと、ため息が出ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わーお!すごい。ありがとうございました。

これからまた冷静に見てみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 22:55

みなさん挿入と扱っていますが、本来的には挿入ではないです。


He did what I thought was his duty.

でしたら、I thought (that) X was his duty.

と考えるのが正しいです。ただし、挿入と扱っても実害は少ないです。
実害のある例をあげると、
The building up of a taste for books which sages have decided since Socrates was born in the place where all sages want to go are worthy of preservation is gradual.

この回答への補足

「挿入だと扱うと実害のある例」ということですが、すみません、この文の構造がつかめません。

The building up of a taste for books which sages have decided since Socrates was born in the place where all sages want to go are worthy of preservation is gradual.

もしお時間がありましたら、教えてください。

補足日時:2004/10/10 10:39
    • good
    • 0

こんばんは。



I knew intuitively は「挿入節」ですね。

what was normal childhood 「ごく普通の子供時代というもの」、それに I knew intuitively が挿入されて、 what I knew intuitively was normal childhood 「私が直感的にわかっていたごく普通の子供時代というもの」になります。

挿入接に使える動詞は、know のほかに、think, remember, hear, believe, fear, fancy, find などがあります。

日本語訳は、No.2さんの解釈でいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

挿入だよ、と一言いわれるとわかるのですが、他の単語などがくっつくと自分で見抜けない、、。
ああ情けなし、情けなし。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 10:50

こんにちは。



what (I knew intuitively) was normal childhood

のように、習いましたよ。(I knew intuitively)の部分は挿入句だと。意味的にはこうでしょうか。

〔what was normal childhood〕which I knew intuitively

訳すと、「本能的に私は感じ取っていたが、これが本当の子供時代だというべきもの」でしょうか。全体でおっしゃるように名詞節になっています。

what( you think) is the best も同様です。what is the best に、(that)you thinkが挟み込まれた形で、
「あなたが考えるところの最もよいもの」つまり「あなたが最も良いと考えるもの」と訳します。

本文に戻って、

I went out with them into the street by the lure of what I knew intuitively was normal childhood.

を直訳してみますと、「私が直感的に感じ取っていた『普通の子供時代』とでも呼ぶべきものの魅力に引かれて、私は彼らとともに通りに出て行った。」となります。

分かり難い点があったら、また言ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

what( you think) is the best の例だと自分でもすぐに挿入だとわかるのですが、今回のようにあまり見ない意味の文で出てくると、途端にわからなくなってしまう自分が情けない。。。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 10:48

what was normal childhood



"I knew intuitively"
が挿入されている名詞節だと思います。

例:He tells me what he believes is right.
彼は正しいと信じることを私に言う .
(he blievesが挿入されています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

「He tells me what he believes is right.」という文を見ると、確かに挿入だよな、とすぐにわかるのに、単語が変わると見抜けなくなるなんて、とほほです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/10 10:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 好きだけどケンカばかり……そんな彼との結婚は?

    やたらとケンカが多いカップルというのはいる。それでも腐れ縁なのか長く交際し、いざ結婚しようと決めたときに、ふと思い悩む。こんなにケンカが多いのに、結婚して大丈夫? と。今回は「教えて!goo」に寄せられ...

  • ポンコツな日々:第125話「食べてもOK」

    日々のちょっとしたヘンな出来事を、1話完結形式の4コマで綴っていきます。時にするどく、時にやんわり、ありそうで無さそうな日常の1コマを切り取ってお届けします。

  • “罵声大会”に怒り心頭?名指しで苦情も……駅員泣かせの鉄道ファン

    時として人は趣味に没頭してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまいがち。それが公共の場ならばなおさらである。「教えて!goo」に「何で鉄道ファンはマナーの悪い人が多いのでしょうか?」との質問を見つけた。鉄道愛...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ