日本独特の慣わし、お中元。
今年初めてお中元を頂いたのですが、お中元の期間っていつからいつまでなのですか?
お返しって必ずしなきゃいけないものですか?
だいたい誰にあげればいいのですか?
すみません、無知で・・・

A 回答 (5件)

お中元は毎年6月初めにデパートのお中元特設会場でお願いしています。

早く行くと15%安くしてくれるので早めに行くのですが、デパートの方から「通常は7月に入ってから順次お届けするものです」と言われたのでやはりお中元の時期は7月前半ではないですか?

コチラでお中元を贈っていないのに届いたときは、慌ててこちらからも送るのですが、さすがに7月に入るとお中元と言うのも気が引けるので、「暑中見舞い」として出しています。今年はお茶の詰め合わせで夏らしい冷茶のセットを買いにいき、中に頂き物のお礼、暑いのでお体お大事に、という短い手紙を添えて郵送しました。

コチラからお中元を送っているのは、会計士の先生やクリニックなど、日ごろお世話になっている方なのですが、この場合はお礼のはがきを頂きます。ので、お中元を頂いたからコチラも贈ると言う必要性は無いと思います。両者の関係性なのではないですか?
    • good
    • 12

習慣的には7月10日頃から8月10日地頃まででしょう。

お世話になった人や目上の人へは直接持参がいいですが、最近は宅配便がかえって相手に気を遣わせない芋からも、痛みやすいものなら温度管理などが徹底しますからよい場合もあります。ただし、はがきなどで、どうぞご笑納ください、と、前もって暑中見舞いもかねて挨拶しておくと、なお、よいでしょう。
    • good
    • 16

なにげなく始まって、なにげなく終わるお中元の時期!!


ほんと、○月○日~○月○日までと決まっていれば楽なんですがね。
おおよその見解では7月中ではないでしょうか?
あえて日にちを付けるとすれば7月1日から7月31日ぐらいですかね。
もちろん個人差もあるので早すぎたり遅すぎたりもするでしょうから、お盆前までには済ませておきたいですね。
デパートなどの「お中元セール」の売り出し期間が目安にもなりそうですね。

風習ではお世話になった方に感謝の意を込めるわけですから、先輩や上司や先生など、自分の立場より目上の方に送られているようです。
年賀状とは違いますから、もらったら必ずお返ししなくてもよろしいかと。
何かの折に「ありがとうございます。」のお礼だけでも良いかと思います。
    • good
    • 7

本来は7月15日のことですが、礼儀としては7月13日までに届くようにします。

7月15日を過ぎると暑中伺い、又は暑中お見舞いとのし紙に表書きします。
お返しは、気持ちですから、これからの付き合い次第で決めましょう。業務上もらったものには、通常、お返しはしないです。
こちらから差し上げる相手は、目上の人でお世話になっている、なった、なりたい相手ですね。
関西など地方によっては旧暦で行いますので、約1ヶ月ほどずれます。
    • good
    • 9

中元とは、日頃お世話になった人に、中元の時期に感謝の気持ちを表すために、物を贈る習慣をいいます。


7月15日を中元といい、6月の中旬から7月15日までに届くように送ります。
お中元の時期を逃したら、立秋(8月7~8日)までをめどに「暑中お見舞い」として贈るか、立秋以降は「残暑お見舞い」として贈ります。

送る先は、日頃お世話になった人や、仲人などに送ります。
結婚している場合は、親戚や、実家、兄弟に送る場合も有ります。
会社などでは、大切な取引先に送ります。
 
貰ったら、大体はお返しをします。

参考URL:http://www.tiezo.co.jp/study/manner/gifts.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の解答ありがとうございます。
ボーナスが入って浮かれてはいれない事を目の当たりにしました。
今からでも早急に予算や送る人を検討してみます。

お礼日時:2001/07/13 23:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • これさえ抑えておけば安心!喪服選びの3つのポイント

    ブラックフォーマルと言われる礼服の中の喪服は、他の衣服と異なり、なかなか大きな買い物である。またそれを着ていく場所には、そこでしか会わないような人々も多く、喪服による第一印象は、その人のイメージに大き...

  • 葬儀だけでなくお墓も多様化!コインロッカー式納骨堂とは!?

    葬儀の小規模化、所謂「家族葬」が増加する中で、様々な葬儀の形が昨今現れている。それに関連するように葬儀後のお墓の問題も変化しつつある。お墓を継承してもそれを後世まできちんと管理できるか不安であったり、...

  • 葬儀で余った香典は誰のもの?

    冠婚葬祭は人生の一大イベント。だが、親戚一同が集まり、多額のお金がかかるだけあって、家族の思わぬ側面が見えてしまうこともある。 「教えて!goo」でも「葬儀で余ったお金」という質問があった。長年の闘病の...

  • 家族葬が普及することによって恩恵をうける人達とは?

    お金をかけない葬儀、親しい者だけで慎ましやかに執り行う葬儀が、近年増加している。また葬儀社も、そうした「小規模な葬儀」パッケージプランを多くしている。一方で葬儀とは、故人にとって一世一代のイベントであ...

  • おしゃれは世代を越えて。多様化する死装束の中にはドレスも!?

    日本では亡くなった人間が、現世に禍根を残していると「うらめしや~」というように幽霊になって出てくると言われている。幽霊について伝統的なイメージといえば、頭に巻いた三角の布に、真っ白な死装束、そして足が...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ