アースの種類で第1種と第3種ということばを聞いたのですが、どのような違いなのか分かりません。

対象の機器が違うらしいということまでは分かったのですが、それ以上のことが分かっていません。

違いについて分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。
また、形状についても違いがあるようでしたら教えてください。

A 回答 (3件)

簡単に言えば接地抵抗の違いです。



地面とアース線路との抵抗値です。当然抵抗値を低くするには難しい(面倒な)作業が必要になりますけど、家電だったり、普通のオフィス製品では特殊な形態でアースを接続するシーンは無いと思います。

研究所の測定機器だったり、産業用のモータや変圧器などではより低い接地抵抗を必要とするケースもあります。ですから特に気にすることはありません。
    • good
    • 0

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/14 11:12

具体的に何が違うかというと、接地抵抗の値や接地線の太さが違います。



<A種アース>
接地抵抗値:10Ω以下
接地線直径:2.6mm以上

<B種アース>
接地抵抗値:150/I
I=高圧電路の一線地絡電流

<C種アース>
接地抵抗値:10Ω以下
接地線直径:1.6mm以上

<C種アース>
接地抵抗値:100Ω以下
接地線直径:1.6mm以上

形状についてはアース棒などの形状は違うでしょうけど、電気製品と接続する部分は特に形状の違いはありませんね。

詳細は参考URLを見てください。

参考URL:http://www.nd-ele.co.jp/ab.html
    • good
    • 0

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/14 11:11

まず、ご質問の第一種は A種、第三種は D種に名称変更されています。



アースは保護する電路によって、A種から D種まであります。
ご質問はコンピューターのカテですが、その分野でしたらすべて D種でけっこうです。

【A種】高圧用の電気機器。
【B種】接地式電路の一線接地。
【C種】300Vを超える低圧機器。
【D種】300V以下の低圧機器。


>形状についても違いがあるようでしたら…

何の形状のことでしょうか。
埋設する接地極自体のことでしたら、棒状、管状、板状、線状などいろいろあります。
    • good
    • 0

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/14 11:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

団塊世代の専業主婦が成り立った理由

すでに珍しくはなくなった夫婦の共働き。内閣府の男女共同参画白書(平成27年版)によると、2014年時点で共働き世帯が1077万世帯に対して専業主婦のいる世帯は720万世帯。だが、1980年の時点では、共働き614万世帯に...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ