質問

中3生の娘がおります。

受験生として、学校・塾・テストに追われる日々…。
なんとか元気にこなしているように見えていましたが、
昨日「精神的に疲れた」とつぶやきました。

今週から来週にかけて、中間テスト・校内実力テスト・
漢字検定が立て続けに行われるため、塾の通常講義に
加えて、補習や特訓で毎日通わなければならなくなり
家庭学習が思うように進んでいないからのようです。
(普段は、英・数各4時間・週3日です)
傍から見ていても、それを乗り越えていかなければ
ならないということと、頭がついて行かないことに
行き詰まりを感じているように思います。

娘は、真面目で従順な性格。
発破をかけて競争心ややる気を起こす方ではありません。
それと、プロセスより結果を重視されるのを嫌います。

そんな娘が自室にこもると、私は様子を伺うのも兼ねて
「適度に休憩をいれて、(普段出来ていない)他の教科を
やったら気分転換になるよ」など声をかけるようにして
いますが、実際、こんな状況に親としてどうすればよい
のでしょうか。
夫は「あと○ヵ月だから頑張れと励ますしかない」と
申しますが、娘はそんな言葉を求めているのでしょうか…?

受験生の皆様。
こんな言葉に救われました、嬉しかった、やる気が出た
ということを教えていただけませんか。
また、言ってほしくない言葉もお伺いしたいです。
ご家族の皆様は、どのようなこと(言葉や態度)を心掛けて
いらっしゃいますでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

通報する

回答 (15件中1~10件)

公立高校の教員してます。
正式な教員になるまで5年かかったので、受験生(?)や親の気持ちが痛いほどわかります。高校受験じゃないですが、参考になれば…。



>娘は、真面目で従順な性格。
>発破をかけて競争心ややる気を起こす方ではありません。

ということでしたら、言葉をそれほどかけなくても大丈夫だと思います。「お父さんお母さんは私のことを考えてくれてるなぁ」と感じていると思います。「見守っていく」というスタイルでいいとおもいます。

私の場合は、ずっと落ち続けているときは、「仕事どうするの? どうやって食べていくの?」など、収入を得るためのことを親からは一切いわれたことはありませんでした。これは精神的によかったです。 落ちたことが悔しくて、親に涙を流しながら話したこともありました。親は、相槌を打つだけでした。ただ話を聞いてくれるだけでもうれしかったです。今、その当時の話をすると親は「何したらいいかわからなかったんだよねぇ。いろいろ言ってもあんた私の言うこと聞かないでしょう」なんて笑い話にされてます。

娘さんが愚痴をこぼしたり、何か話しをしたときに、聞き役に回ってあげるのがいいと思います。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

こちらへ質問させていただいてから、ひとつずつテストが終了するにつれて
娘の気持ちがほぐれてきたように感じます。

その間私も、勉強やテストに関して口出しせず、健康管理や気分転換など
「見守っていく」という態勢で過ごしてまいりました。
今後も、受験モードが強まるなか、気持ちが休まるところをつくってあげたいと
思っております。

ありがとうございました。

こんにちは!!
私は去年、受験生でした。
私は、学区でトップの公立高校を目指していた為、結構プレッシャーなどもありました。
言って欲しくない言葉は、他の回答者の方々も言っておられますが、やっぱり『私立に行かれたら困る』とか『もっと頑張らないと、落ちるよ。』『受験まであと○にちやね…』などでした…あと単純に“頑張って”と言われるのも嫌な時期がありました(^^;)
嬉しかった言葉は、『遅くまで頑張ってるね。』とか『何か飲み物とかいる?』『焦らず気楽にしなさい』などでした。
あと受験前、家族は【落ちる】とか【すべる】という言葉は口にださないように心がけてくれてたっぽいです☆
態度は、そんなに受験のことを気にしていない様子のほうが私は嬉しかった気がします。
受験期は親もつらい(母が言ってました(^^;))と思いますが、頑張ってください!!!
まとまりのない文ですみません…少しでも参考になったら嬉しいです☆☆

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

実際言葉にしていなくても、気持ちが顔や態度に出てしまうことがあるかもしれません。
純粋に『落ちないでほしい』『もう少しだから頑張れ』という気持ちであっても
「嬉しかった言葉」をかけてあげるのが、親としての心掛けなのでしょうね。

「頑張れ」ではなく「頑張ってるね」…というのは本で読んだことがあります。
受験生に限らず、誰もが嬉しく元気になれる言葉だと思います。
これからも、娘がやっていることを認め、信じ、見守ってまいります。

具体的にお答えいただいて、たいへん参考になりました。
ありがとうございました。

1.言われたくなかった事…成績や勉強に関わる事全般
具体的には、「今日はもう終わり?」「勉強している割には成績が伴っていない(通信簿や模試などの結果をみて)」「あと●ヶ月の辛抱なのだから」「頑張りなさい」「勉強はかどってる?」「●●さんの娘さんは△△校を受験するんですって」「隣の●●さん、△△校の生徒さんよ」
2.救われた言葉…勉強と全く関係のない話・家の外に出られる事
具体的には、2階で勉強していたので「下に降りてきて休憩しなさい」「今度どこに行きたい?(旅行計画)」「今日の晩御飯は何がいい?」「夕飯食べに行こう!」「買い物に付き合って」
学校でも受験の事を聞かされ、塾でも受験の事を意識させられる日々なのですので少しでも気分が休まるような工夫をしてあげると良いかと思います。できるだけ普段と変わらないように接してあげて欲しいと思います。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなって、申し訳ございません。

すでに勉強の話なんてうんざりなところに、結果重視・比較・励ましは
良くないということですね。
みんなにそうしてもらうことは難しい(親戚・知人に受験生が多いため)ですが、
私だけでも「心のホッとスペース」になってあげたいと思います。

と、言いつつ…
(これは避けられないことなので)
来月、三者懇談があるのですが、受験校を早めに決めてしまうと
精神的に楽になるかもと親子での話を始めようと思っています。
とにかく、ひとつひとつをこなしていくしかありませんから、
楽しくすすめていくことにします。

ありがとうございました。

初めまして。中学三年のFunky-Partyと申します。
私は中学受験をしたのですが、家族に受験をさせられたわけではなく、落ちた時には公立の学校へ行けるという安心感があったためか、気楽に受験をすることが出来ました。
(滑り止めは受けず、その学校だけを目標に・・・)
塾にも行かず、家庭教師も付けてもらいませんでした。
母の母校だったということで多少のプレッシャーはありましたが・・・(汗)
それと、母も同じ思いをしたことがあるので、「私はこうだった」「私も同じ思いをした」と言われるのはカナリ癇に障りました。

父が会社から帰ってくると、11時前にもかかわらず「まだ勉強しているのかぁ・・・」と言ってくることが多かったです(笑)
でも、そんな言葉が私にとって一番の支えでした。
自分は頑張れているのかという自信につながったのだと思います。

「頑張れ」という言葉は「他人のくせに」と思えて仕方がなかった時期があります。
「勉強の調子はどうだ?」と聞かれると「触れないでくれ」と思うこともありました。
「ここはもっとこうした方がいい」と勉強を教えてくれる親に腹が立ちました。

私の場合、勉強している最中に「コーヒー飲む?」という何気ない会話が勉強で疲れた心を癒してくれたので、あまり勉強にこだわった会話ではなく、ゆったりした会話がいいのではないかと思いました。

私なんかの経験談なんてあまり意味ないですね・・・(笑)
すみません、みなさんの素晴らしいアドバイスの中にこんなものを混ぜてしまって・・・。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ご自分の意思で受験され、プレッシャーのなかやり遂げられたとのこと。
私なら、どう支えてあげられるだろうかと考えてしまいました。
まだまだこれからという道の途中で、バテてる場合ではないですね。

やはり「頑張れ」「(経過は)どう?」「(結果が)どうだった?」というのは
良くないようですね。
あまり普段の娘の姿を見ることのない夫にとっては、そのように聞くことが
娘を気にかける表現になってしまいます。
また夫は、普段いくら頑張っても「結果」に出ないと意味がないという考えなので
私がどんなに説明しても「プロセス」を認めません。

娘も、父親の気持ちをわかっていても、プレッシャーを感じているでしょうから、
あとで何気ない会話でホローするようにいたします。

貴重なご経験談ありがとうございました。

 他の多くの方もおっしゃっていますが「頑張れ!」の連発は「自分自身がやる訳じゃないから気楽に言ってくれるわねぇ」とさえ感じる子もいるでしょう。言葉より態度に表わした方が、お子さんはきっと感じてくれると思います。

 勉強に関しては、やはりお子さんの方がイヤというほど、塾や学校などで聞かされていると思いますので、あっちからもこっちからもと聞かされてはウンザリですよね。専門家で無い限り、お子さんから相談されるまでは、極力勉強の話題は避ける方がいいと思います。

 姉の子は、すごく優秀な成績でしたが、受験前日、高熱を出してしまい、あまり実力が出せませんでした。母親としては、まず健康管理が一番重要ですし、精神面で支えるのも、母親が一番の存在だと思います。明るく優しく接して、お子さんがなんでも話しやすい空気にしておいてあげるのが大切ですね。あと、最近の受験は、新聞記事からの出題がある所もあるので、社会の出来事をわかりやすく楽しい会話として取り入れるのも、気持ちがほぐれていいかもしれません。

 昼寝は、身体が要求しているからで、それだけ連日勉強に集中して頑張っていらっしゃるからでしょう。見ている側からすれば、机にさえ向かっていれば「頑張ってるなぁ」ですが、集中力が欠けているのにダラダラ何時間も机に向かっているだけの時間の方が、本当は無駄な時間です。

 私が受験の時は、母が夜食を作ってくれるのがすごく励みでした。「お腹が膨れると眠くなっちゃうから」と言い、スープ系の物がほとんどでしたが、後日談では「お腹が膨れると勉強に集中しにくくなるって聞いてたから」らしいです;言い方ひとつにも気を配ってくれていた母に感謝です。
 
 受験当日、親から出掛けに言われた言葉というのは、試験中ふと思い出したりしました。私は「落ち着いて、問題をよく見直してね」と言われていて、試験の最中、問題の解釈の間違いに気付きました^^; お子さんによっては、気をつけなければいけない部分っていろいろ違うと思うので、あぶなっかしい所を、最小限の言葉で伝えて送り出してあげてください。
以上『元・受験生』からの意見です;

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今日と明日は中間テスト。
とにかく悔いが残らないように「落ち着いてね」と送り出してます。
わからないことは仕方ないので、凡ミスに注意するぐらいです。

健康管理は大切ですよね。
入試日は一番寒いときなので、風邪や冷えに気をつけてあげたいと思います。
娘は、初めての模擬テストの日に腹痛を起こし、焦ったそうです。
緊張とプレッシャーを和らげるのも、親として重要な役目ですね。

さて、娘は今もソファでうとうとしております。
起きたとき、「あっ寝てしまった!やばい」と思うことで気持ちを切り替えて
学習に取り組んでくれればいいかなと構えることにしています。
集中するときとしていないときの「けじめ」をしっかりつけることが必要なんですよね。

ありがとうございました。

家庭教師で受験生の生徒さんを今まで何人か受け持ちました。現在も受け持っています。来年度からは塾講師として就職することになっています。

>中3生の娘がおります。


女の子は特に周りの発言に対して敏感ですので、発言には細心の注意が必要ですよね。

>受験生として、学校・塾・テストに追われる日々…。
なんとか元気にこなしているように見えていましたが、
昨日「精神的に疲れた」とつぶやきました。

ちょっと勉強が嫌になってきたというサインですね。お母さんに聞こえるようにつぶやいたということは、「このつらさを分かって欲しい」という気持ちの表れです。今から疲れていては本番まで持ちません。いったんペースダウンをすることが必要だと思います。

>今週から来週にかけて、中間テスト・校内実力テスト・漢字検定が立て続けに行われるため、塾の通常講義に加えて、補習や特訓で毎日通わなければならなくなり
家庭学習が思うように進んでいないからのようです。
(普段は、英・数各4時間・週3日です)

普通に考えてこれだけ外で勉強していれば、家庭学習できないのは当然です。そもそも学校で朝から昼過ぎまで勉強しているのですから、塾のある日はそれこそ一日中勉強しているわけです。ここまで外で勉強しているのなら家庭学習は必要ないでしょう。もちろん宿題はやらなければいけないわけですが。どうしてもというなら家庭学習は他教科のみにしぼって問題ないと思います。

>傍から見ていても、それを乗り越えていかなければ
ならないということと、頭がついて行かないことに
行き詰まりを感じているように思います。

乗り越えなければいけないんだというプレッシャーを与えているのは親御さんではないですか?「これを全部こなさなければ大変な事になってしまう」と娘さんが思い込んでしまっているのは、普段の親御さんの発言からではないでしょうか。プレッシャーを与える発言は逆効果です。実際問題、度を超えた勉強をしたからといって、成績が伸びることはほとんどありません。

>娘は、真面目で従順な性格。
発破をかけて競争心ややる気を起こす方ではありません。

これは親御さんの決め付けである可能性もあります。見た目は従順でも、心の中までそうかは分かりませんよ。ストレスを感じながら行動している可能性もちゃんと考えてあげてください。

>それと、プロセスより結果を重視されるのを嫌います。

それは結果に対して文句をつけるからです。結果を褒められているのに、結果を重視されるのを嫌う子はいません。娘さんが頑張ってだした結果なのですから、文句をつけるのはよしましょう。結果の否定は娘さんの頑張りも否定することになります。そうなってしまったら、今後も頑張っていこうと言う気にはなりません。

>そんな娘が自室にこもると、私は様子を伺うのも兼ねて「適度に休憩をいれて、(普段出来ていない)他の教科をやったら気分転換になるよ」など声をかけるようにしていますが、実際、こんな状況に親としてどうすればよいのでしょうか。
夫は「あと○ヵ月だから頑張れと励ますしかない」と
申しますが、娘はそんな言葉を求めているのでしょうか…?

勉強法に対する意見は全く求めていないと思います。学校や塾に通っているわけですから、娘さんにしてみれば、勉強法はそれぞれの先生に聞けばいい話です。親に勉強の事について何か言われた生徒さんの大半が抱く感想は「何もわかってないくせにうるさいなー」というものです。子供の目から見て、親御さんが担う役割は勉強ではありません。あくまで勉強関連の役目を担うのは先生なのです。

>受験生の皆様。
こんな言葉に救われました、嬉しかった、やる気が出た
ということを教えていただけませんか。
また、言ってほしくない言葉もお伺いしたいです。
ご家族の皆様は、どのようなこと(言葉や態度)を心掛けて
いらっしゃいますでしょうか。

まず絶対言ってはいけない事は「憶測で物を言う」ことです。例えば、「このくらい勉強をしないと○○高校なんか受からないわよ」という発言があったとします。では、「本当にそれくらい勉強をしないと○○高校は受からないんですかね?」と、塾や学校の先生に突っ込まれたら、どう答えますか?おそらく言葉に詰まりますよね。それは何の確証もないまま、親御さんが適当な憶測や思い込みだけで発言しているからです。子供の立場からして、親御さんに「このくらい勉強をしないと○○高校なんか受からないわよ」と言われても説得力がないわけです。しかし、全く同じ事を塾の先生に言われたらこれは説得力があるわけです。説得力のないことで怒られた時ほど、ストレスがたまることはありません。勉強に関しての「決め付け」発言は絶対してはいけません。

他には「成績に対して注意をしない」ということです。成績に対して注意をするのは塾や学校の先生の役目です。テストの点数だとか、通知表だとか、偏差値だとか・・・、それらのものに対する親御さんからの注意も子供にとってはマイナスにしか働きません。親御さんの役目は「生活を注意する」ことです。「夜更かしをしない」「だらしない生活をしない」「部屋はちゃんと掃除する」「ごはんをきちんと食べる」「あったかくして寝る」「うがい、手洗いをする」などなど、そういったことを正すのが親の役目です。ただ、「勉強しなさい」は生活の注意ではないですから、勘違いなさらないでくださいね。

親御さんに注意して欲しいことは、とにかく勉強の話に関しては、親より子供の方が詳しいと言う事を念頭において話をしていただきたいということです。そして家庭は勉強をする場所ではないということです。学校や塾は半ば強制的に勉強をする場所です。家庭は自分の好きなように勉強ができる場です。好きなときに休んで、自分がやりたいことをやりたい分だけ勉強できるのが家庭なのです。その家庭でまで、「これだけ勉強をしなければならない」という決まりや強迫観念を与えてしまっては、子供は心を休める場がありませんし、親の話も聞かなくなってしまいます。家庭は子供が自由に勉強計画を立てられる場であって欲しいと思います。

最後に、一つだけ重要なことは、受験をするのはあくまで娘さんだということです。親御さんは受験しません。学校に評価されたりすることもありません。さらに言ってしまえば、親御さんがいくら頑張ったからと言って受験の合否に何ら関係はありません。頑張るのは子供です。親の頑張りを押し売りすることは絶対にやめてください。「頑張らなければいけないんだ」というプレッシャーは、学校や塾で友達や先生と話しているうちに勝手に芽生えてきます。ですので、プレッシャーを上乗せするようなことだけはしないようにしてください。勉強がつらいとき、親の方から話しかけなくても、普段親が余計なことさえ言っていなければ、子供の方から話しかけてきます。娘さんの「精神的に疲れた」という発言に対して、一言「大変だね」と同調してあげるだけで、娘さんの気持ちも随分落ち着くと思いますよ。あくまで親は受験の傍観者です。主役でないのはもちろん脇役ですらないのです。

長い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

たいへんご丁寧にアドバイスいただき、恐れ入ります。
ひと言ずつお礼を申し上げたいのですが、制限により割愛させていただくことを
お許しください。

ハードスケジュールのつらさを訴えるサイン…。
でも、どんなに疲れていても通い続けるでしょうね。
理由(病気など)なく休むことが、逆にストレスになるからです。
これは決め付けではありません。
14年間、娘を見続けてきた者として自信があります。
疲れが見えたら、思いっきり抱きしめてほぐしてやりたいと思います。

親は、つい感情が入って「教える」ことはできないと聞いたことがあります。
親の役目は「育てる」ことだそうです。
もちろん「教える学力」もありませんが、勉強に関しては先生方にお任せしますね。

先の方へのお礼で申しましたが、私は「プロセス重視」です。
もし、プロセスを評価していただけるなら、娘はトップ校、難関校へ楽々合格です(笑)。
残念ながら、現実は点数や成績の「結果重視」ですよね。
これは、誰にもどうすることもできません。
これからも、プロセスを褒めながら良い結果に繋がるように見守ってやりたいと思います。

折角のアドバイスに反感しているようで、お気に障りましたらお詫びいたします。
でも、知らないうちに娘を追い込んでいるということもあるでしょうから
いつもここへ来て皆様のご回答を読み直し、気持ちを落ち着けようと思います。

こちらこそ、どうもありがとうございました。

私の母は、受験には全く興味のない人で、当時は励ましの言葉かけもなく、私自身しらけてしまっていて結局目標も定まらないまま、自分のプライドだけで受験勉強していました。勉強が重荷にならなかったのは良かったですが・・・。
必要以上の励ましはいらないと思いますよ。今同じ母親の立場として、子供の好物をせっせと作って食べさせたり、たまには買い物等に誘って息抜きをさせてやるのもいいのでは?「いつも応援しているよ」という気持ちは母親の態度で子供に必ず伝わると思います。親が不安な気持ちでいると、繊細な子はもっと不安になってしましまいますよ。
うちでは、リラックスでき集中力を高める、ローズマリー等のアロマをセラピストに指導してもらって、それを子供部屋に使っています。半信半疑でしたが、これが結構効くようで、「落ち着く」と言っては、子供も自分から使い出すようになりました。
何であれ、ちょっとした気遣いを子供にしてやれればいいかな、と私自身はおもっています。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

はい、娘が娘なりに努力していることは認めて、それを示すようにしています。
私はプロセス重視なので、そういう点で言葉をかけると良い笑顔を見せてくれます。

数字と結果の現実に勝てるように、春には最高の笑顔になるために
親の私が不安でいてはいけませんよね。
娘を信じて、どんと構えていたいと思います。

子供部屋にアロマは思いつきませんでした。
あと、かわいい置物などが好きなので、気分転換を兼ねて雑貨屋さんに行ってみます。

ありがとうございました。

そういう性格の娘さんは、お母さんが心配しているのや協力しているのを見ると、それをはげみにがんばるタイプだと思います。

今までどおり、決まった時間に差し入れやお茶をもっていったり、風邪をひかないように体調管理や部屋の環境に気遣ったり、明るく接してあげれば十分だと思います。
ただ、過密日程が続いた場合は、思い切って、勉強を全くしない日を作ってあげるとか、定期的な気分転換をするように促した方がいいでしょう。(土曜日は何もしないとか。)
お母さんにグチをこぼすのも、一つの気分転換、ストレス解消みたいなものですから、ちゃんと聞いてあげるといいですね。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね…。
口やかましくなく、適度に気持ちを向けている程度が良いのでしょうね。

実は、明日から中間テストなのですが、台風で早く帰宅したのにもかかわらず、
妹と昼寝をしてしまったんです。
ほんの数分前まで熟睡していたのに、夫が帰宅したときは「勉強していた」らしく、
お昼寝は内緒にしてやりました。(私がのぞきに行ったのも知りません)
テストにひびかないことを祈ります。

このテストラッシュが終われば、何もしない日も作れると思います。
娘との時間を大切にしていくよう心掛けます。

ありがとうございました。

大学生です。

私も「頑張れ」という言葉は言われたくなかったです。
「もう充分頑張ってるのに…」って思っちゃいますよね。

父は私が受験生のとき、「落ちたって怪我しないんだから」って言ってました(笑)
あまり期待がかかりすぎるとその重圧で嫌になってしまいますが、この言葉で気楽に考えられました。まぁ元々うちの親はあまり勉強に関心がないのですが…。

娘さんはかなり頑張っている方だと思いますよ。塾がある上に家庭学習まで。私は塾講師のアルバイトをしていますが、なかなかそこまでやる生徒は少ないです。

お母様もあまり心配なさらずに、見守ってあげてください。本当にダメだと思ったら娘さんの方から相談してくると思いますので。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

はい、「頑張れ」は気持ちを追い込むんですね。
でも、試験当日は良いのでしょうか…?ふと、思ってしまいました。

素敵なお父さまですね。
受験生が落ち着き、前向きになれる言葉をさらりと…。
関心がなければ、そんなことは言えないと思います。

家庭学習と言っても、塾は英・数だけなので、他の教科の勉強ということなんです。
気持ちは焦っているけれど、始めるのは2日前とかになってしまうんですよね。
どうしても毎日の積み重ねが習慣つかず、ここまで来てしまいました。

今までは仕方ないとしても、本番に努力が報われなかったら…
いやいや、私がこんなではいけませんね。
大きな心で見守ってやろうと思います。

ありがとうございました。

こんばんは。現在中三と高三の受験生の母です。
長男(大2)の時、私もwaka94さんと、同じ気持ちだったので、ご心配はよくわかります。ほんとに母って大変ですよね。

大学の受験がおわってから、長男に言われたんです。
母さんの心配も一緒に背負って、大変だったよって。

本人は、勉強の進度がこれじゃダメだ…ってことも、がんばらなくちゃ…ってことも、十分知ってるし、塾でもお尻を叩かれているでしょ?
勉強のことは、もういいんじゃないかしら?

母の仕事は、子供がいない時に楽しんで♪、受験の心配を忘れて(ように努力して…かな)、笑顔で楽しい雰囲気を作ること。
子供の好きな、これからだと、身体のあたたまる食事を作って、一緒に(笑える話を仕入れましょ)食べる。
せめて、食事時間はリラックスして、笑える雰囲気を作ることだと思います。

子供って敏感だから、なにも言わなくても、親の心配は感じ取ってしまうようです。

言葉は、『アンタはエライ!私の子じゃないみたい♪』なんて、おどけて言うくらいで、受験にかんしては、子供に相談されるまでノータッチです。

お互いに、気分転換をしませんか?子供のことは忘れて、子供が勉強している時に、できる手芸とか読書とか、好きなご趣味はありませんか?

来春には、笑って春を迎えられるといいですね!

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おふたりの受験生がいらっしゃるのですか。
素晴らしいお母さまがいらして、お子様方は心強いでしょうね。

今の娘は、やらなければならないことに対して時間が足らなくてパニック寸前…。
でも、娘への期待や心配は控えめに、親は落ち着いて構えていることが大切なんですね。
親娘とも上手く気分転換して、最高の春を迎えたいと思います。

ありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?25 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

カンニングはいけないこと

つい出来心でカンニング・・・そんな経験ありませんか?自分の子供がしたらどうする?カンニングについての諸々をまとめました。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集