最近、ほうれい線がうっすらと出てきて、悩んでいます。40前後でもほうれい線のない人っていますよね(黒木瞳とか)、みんな均等に地球の重力を受けていると思いますが、ほうれい線のできやすい人とできにくい人は何が違うのでしょう?ほうれい線に最も大きな影響を与える要因は何なのでしょうか?

A 回答 (3件)

遺伝的なものもありますし、いままでの生活にもよります。



顔面にも筋肉があることはご存知だと思いますが、それを鍛えることをお勧めします。

美容成形へ行かれれば、対処出来ますよ。プロはそういう専門家に相談しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

顔面の筋肉・・・
しゃべったり笑ったりガムを噛んだりしても
ダメなのかな?? ダメなんでしょうね・・・。

プチ整形するのまではちょっと怖いです。
それに、コラーゲン注射とか、一時的な効果らしいですし。

お礼日時:2004/11/05 02:23

こんばんは。



ずばり、肌の張りですよね。
しわができやすい人はコラーゲンが減少していて
肌が折りたたまれた(?)時に元に戻る力が弱いのです。

乾燥も大きな原因のようです。
水分の保持がうまく行かない場合
水分を補給するほかに、荒れた肌を修復する時間が
夜、23時~翌3時までの睡眠中
成長ホルモンによって行われるといわれています。

よく言う、新陳代謝です。

もちろんコラーゲンは外部から体に取り入れることもでき
バランスの取れた食事と規則正しい生活で
十分きれいでいることも可能です!

ですが、俳優などの特殊な職業の場合は
きれいでいることも仕事のうちですし
お金をかけている人も多いでしょうし
映像は修正も可能なので
どうやってほうれい線を予防しているか
ごまかしているかはわかりません・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
コラーゲン、はやってますよね。
私も信頼できるメーカーのコラーゲンドリンク飲んでみたり、ゼラチンを粉末スープなどに溶かして、1日5gはとるようにしています。
おかげでほうれい線の進行は今のところ食い止められているようなのですが、できてしまったうっすらとしたほうれい線は戻らない・・・。トホホ
やっぱりお肌の手入れとかは若いときのケアが大事なのでしょうね。

お礼日時:2004/11/04 00:52

やはり、基本的には遺伝なのではないでしょうか。


皮膚でいえば、若いときに、乾燥肌っぽかったきれいな肌の人は、後年、しわが出来やすい印象はありますが、ほうれい線は、個人差ありますよね。
それ以外で影響を与えるのは、やはり、日々のマッサージでしょうね。顔の表情筋を鍛えるのも、よいかもしれません。
でも、そういうことを、してなくても、まったくない人もいますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は小皺はまったくないのですが、
ほうれい線だけうっすらとあるのです。
母は40歳のころの写真みても全然ないのに・・・。
表情筋も、フェイササイズっていうの、ちょっと本を見ながらやってみたんですけど、面倒くさいわりには効果が上がらなくて・・・。
何もしなくても、ほうれい線のない人、ほんと羨ましいです。

お礼日時:2004/11/04 00:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 【あなたの髪は健康?教えて!ヘアケア】

    「冬の乾燥から守るヘアケア術とは?」、「美髪になる秘訣とは?」、「急な抜け毛に悩んでます・・・」、健康な髪を手に入れたいあなたへ・・・髪のお悩みに発毛のプロがお答えします!質問受付中!

  • 「認知症」は遺伝するのか?専門家に聞いてみた

    65歳以上の4人に1人が発症しているかその予備軍とされる「認知症」。介護する家族の負担は大変なものがある。「教えて!goo」には、認知症の両親を持つ男性から「認知症の遺伝について」との質問が寄せられていた。...

  • 大発見!加齢臭はクサくなかった……専門医「気にしないこと大切」

    中高年になると気になり出すのが加齢臭だ。汗が大量に流れる夏は悩みもより深刻になる。「教えて!goo」にも中年男性から「加齢臭って?」という臭いの原因や予防法を尋ねる相談が寄せられている。専門家に加齢臭が...

  • スマホゲームによる疲れ目。対策を眼科医が解説!

    夏休み真っ只中だが、「ポケモンGO」を手放せないという人も多いのではないだろうか。「ポケモンGO」に限らず、スマホゲームを一日中行っている人を悩ませるのが目の疲れ。実際、私たちの目はどのくらい疲れているも...

  • 夏の「温活」やり過ぎにご注意 熱中症の恐れも

    日頃から身体を温めることを意識し、冷え性など女性特有の症状に対処しようとする「温活」。寒い季節だけの話かと思ったが、夏こそ必要という意見もある。筆者は男性だが冷房が苦手。電車で移動する際には夏でも長袖...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ