わたしは小学6年生です。日光東照宮の三猿について調べていますが誰が、何のために作ったのかわかりません。教えてください。

A 回答 (2件)

日光東照宮のたくさんの建物に膨大な数の彫刻がありますが、そのほとんどは作者が分かっていません。

三猿もそのような作者不明の彫刻のひとつです。

三猿は神の馬といわれる白馬を飼っていた建物(神厩舎)にある8面からなる猿の一生を描いた物語のひとつです。昔の人は、猿は馬を病気から守ってくれる動物と信じていました。

三猿の物語の目的は当時の人々に、人はどのように生きるべきかを分かりやすく
説明するためだったといわれています。8面の彫刻は猿が生まれて、成長し、親から独立し、恋に悩み、やがて結婚して子供が生まれるまでの物語です。見ざる、聞かざる、云わざるの三猿は、子供の時は世の中の悪いことを見ざる、聞かざる、云わざるで過ごす方がよいという教えです。江戸時代の日本人の生き方を表しています。三猿をガイドなしで見たある外国人は、これは何事もよく見て、よく聞いて、
余計なことは言わないという教えだろうと、旅行記に書いていました。
    • good
    • 4

調べるヒントを教えます。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「Yahoo!」
ここでたとえば、「日光 東照宮 三猿」と入れて「検索」をクリックすると沢山のサイトが表示されます。
それらの内容を見てはどうでしょうか?

あるいは、近くの図書館で「日光東照宮」に関する本を探してはどうですか?

がんばって調べてください!

参考URL:http://www.yahoo.co.jp/
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ