僕はキリストはお金の事だと思うんですがどうでしょうか?ご意見伺いたいです。宜しくお願いします。

A 回答 (22件中11~20件)

補足有り難うございました。



僕は聖書は読んでないので詳しくは解りませんが。。m(__)m

恐らく『聖書』が誕生したときには『キリスト=お金』って事はなかったと思います。
「人が言葉で伝えると解釈に『ズレ』が生じてはいけない」ので布教・信仰の為の
『神と言う存在を擬人化したテキスト』であったと思います。
いきなり「神は・・・」と言われるより「キリストと言う人(キャラクター)は・・」
の方が親しみやすいのでは無いでしょうか?

しかし、「聖書」の汎用性(違うかな(汗)が、以外と優れていた為に
「金儲け(ちょっと脱線した新興宗教等)」に利用されたのでは無いでしょうか?

あれだけキャラクターに魅力のある物語もないでしょうね。
(世界中の人々の拠り所になるなんてねぇ。。)

専門家では無いのであくまでも個人的解釈です。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がとても遅くなり大変申し訳ないです。すみません。
>『神と言う存在を擬人化したテキスト』であったと思います。
 なるほど、
>「聖書」の汎用性(違うかな(汗)が、以外と優れていた為
そうなんですよ、浸透圧かかってます!ってかんじで普及してますよね。なぜでしょうね?最低僕が聖書を読み終えるまでこの質問を開けとくので、もしよろしければもう一度きてください。失礼しました。

追申
>専門家では無いのであくまでも個人的解釈です。m(__)m
 いやいや、僕も個人的質問ですし、あのような乱雑な質問にお答えしていただき感謝してます。僕の哲学、私の哲学、あなたの哲学なんていうんですから、(僕の数学、とか社会学とかちょっときつい、、)個人的でゼンゼン当然だと思います。

お礼日時:2001/08/12 08:47

ビートルズ時代のジョンレノンは、ビートルズはキリストより偉大である(たしかこんなコメントだったと思う)と発言、各地で抗議、コメントを撤回する騒ぎがありました。

私はインターネットもキリストだと思うし、もちろんあなたのいうお金(通貨)もキリストだと思います。私はお金とキリストどちらにも意志があり、逆をいえばどちらにも意志がないと思います。いい意味でも悪い意味でもどちらでもないですが貧民街、スーパー、どこにでもキリストはいると思います。あと、なんでもつくり出す人間(クローンさえも造れる)は神なのかもしれません。但し、私は神を信じてませんが。世界と繋がり、地球、果ては原子にまで繋がるものならキリストと呼べるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が大変遅くなって申し訳ないです。
 
「でぇあいっ、キリストの者どもっ!キリストの者を即刻とらえよっ!」「ハッ」
果ては原初の原子にまで繋がる、キリストと呼ばれるのはいかなる「キリスト」でしょうか?もしよろしければもう一度お答え願えますでしょうか?
>あと、なんでもつくり出す人間(クローンさえも造れる)は神なのかもしれません。
 「ある程度、神」と言ってもよかったりして、、、
 

お礼日時:2001/08/12 08:57

中世のように極度に宗教化した社会であれば、キリスト=お金といえる面もあるかと思います。


ご質問の内容を、私なりに解釈すると社会にとってのお金の位置づけ(役割)とキリストの役割に相似性があるか?という内容だと解釈しました。
お金とは、交換価値の事であり、その価値は国家により保証されています。一方キリストは(信仰する者にとっては)絶対的価値であり、神と聖霊と一体となる存在として万能の神の子としての位置づけが神により保証されています(と信じています)
ご指摘の部分はキリストが万民の罪を背負って、茨の冠を被り十字架に掲げられる事によって、神はすべて人の罪を許し給うた、ことですね。
この罪の許しを言い換えると信頼の回復と言え、これがお金と同じだという事でしょう。
お金は、それを所持することによって困難からの救いとなる点、万人に平等な価値となる点では良く似ています。この場合キリストと言うより信仰と言ったほうが私にはしっくり来ます。
また、お金も信仰もそれを持つことができれば救われるのに、なかなか持つことができないのも似ている気がします。
ただし、大きく違う面もあります。
お金自体には意志が無いのに対し、キリスト、或いは信仰には神の意志の実現へ向かおうとするという点が大きく異なります。また、お金はもっぱら同一の社会の中での他者との関係により使用されますが、キリストへの信仰は神と人との間の1対1の関係で語られます。そして、それは精神的なものです。
ユダヤ教でのメシアは現世的な君主の出現であり、キリストのように精神的な、信仰的な救い主ではありませんでした。
ですから、お金に近いのは、むしろユダヤ教でのメシアかも知れません。
的確な答えにはなっていないかも知れませんが、このご質問には非常に新鮮な視点を提供していただきました、ありがとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり大変申し訳ないです。すみません。
>この罪の許しを言い換えると信頼の回復と言え、これがお金と同じだという事でしょう。
 そうなんです。そうおもいます。
>お金自体には意志が無いのに対し、・・・・キリストへの信仰は神と人との間の1対1の関係で語られます。そして、それは精神的なものです。
 たしかに、、、
>ユダヤ教でのメシアは現世的な君主の出現であり、キリストのように精神的な、信仰的な救い主ではありませんでした。
ですから、お金に近いのは、むしろユダヤ教でのメシアかも知れません。
 この部分、他の部分にもましてとても参考になります。
あなたの回答のおかげで、自分の思考が整理され、さらに新たな思考範囲が開拓されました。非常に感謝しております。又、出会えることを願っています。
本当に遅い御礼ですみませんでした。

お礼日時:2001/08/12 09:10

#1.からの続きです。



金またはお金が[茨の冠]を被せられて十字架に架けられる・・・という発想は結構ユニークで面白いと思います。
これは発想自体が意表をついていて、caballeroさんがもう少しご自分で突き詰めたほうがよいのではないでしょうか?

金またはお金に対する考え方が人によって違った反応が出るので興味はありますが、私は実際に増やす方が好きです(爆)!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びのご回答ありがとうございます。せっかくのご回答なのにもかかわらず、御礼が遅れてしまい大変申し訳ないです。
>これは発想自体が意表をついていて、caballeroさんがもう少しご自分で突き詰めたほうがよいのではないでしょうか?
 いつも、思考の加速が遅いので、もうすこし精進します。励ましていただいてうれしいです。
>私は実際に増やす方が好きです(爆)!
 僕はお金はいらないから実際に望みを様々にもらうほうが好きです!

お礼日時:2001/08/12 09:17

caballeroさんのキリストがお金ではキリストが可愛そうですよ。


言われている事はキリストの教えを普及及び維持している教会の組織団体と思いますが組織を維持していくのは人間で、人間は霞を食べているのでは無いので糧を得るためには現実社会のお金が必要なことはわかりますよね。
宗教の組織団体は昔から信者から過分なお金の寄付(信者が減ります)をさせない為に副業でお金を得る方法で苦労しています。
僧侶自身が托鉢を行い喜捨を得たり、時の為政者から認可をもらい富籤を売ったり、中には金貸しもしています。
近くでは宗教団体が得た所得に対して税金を徴収する話も下火になりましたが、それも此れも信者から過分なお金を寄付をさせない制度と思います。
キリストの教会の歴史をひもとけば信者から過分な寄付を得ない為のキリスト教会もあると思いますよ。
キリスト=お金は短絡過ぎると思いますのでもう少し視野を広げられたら如何ですか。
只、世界一の金持ちはバチカン王国と言われているのは事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。そして、ご意見ありがとうございます。
いや、ちがうんです。その宗教法人だとか、献金、宅蜂、お供えものの話じゃないんです。僕はいつも言葉足らずなのでもうしわけないです。そして特に最近は論を立てることが難しくなってしまったので、あのような分かりにくい質問文をわざわざ読ませていしまった事をお許しください。これから書くこともへたくそで申し訳なく思います。読んでもらえるとうれしいです。
 馬小屋で生まれたのは人間ではなくお金だったのではないかと言う事です。すべてに愛され、すべての人間の罪を一身に受けるのはお金ではないか?という質問です。こんな文面しか表せずに申し訳ないです。もしよろしければご意見いただけるとありがたいです。

お礼日時:2001/08/01 07:10

 



(1)キリストはお金か?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 どなたかのお答えの通り、ユダヤ教徒の人間が、死ぬ時にはキリスト教を創り上げた、(元ユダヤ教徒で、キリスト教に改宗(?)した)ユダヤ人(人間)です。



(2)キリスト【教】はお金か?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 他の宗教全般(全て)と同様、【宗教】は、金銭の集金組織です。金が無いと生きていけないのですから。金の高が勢力のしるしです。托鉢、喜捨、勧進、寄進、浄財、奉納、慈善、賽銭、寄付、...



(3)神は?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 神は、各個人の内(心)に居るので、お金は必要有りません。外の神【宗教】に対してはお金を払います。払わないと、対価(安らぎ?安心?自己満足?)をもらえません。

 たとえ、外側に神が存在するとしても、神は一人ひとりに対して、1対1の関係で1体の神のみが存在します。が、それが、ひとたび、複数の人間にとっての神【宗教】になると、それは、お金を要求します。



(4)...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ...

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

番号まで振っていただき、、、その親切がとてもうれしいです。僕がした質問は(1)です。(2)と取られても仕方のないような分かりにくい文面で申し訳ないです。(2)ではないです。(3)の話についてはまた機会があれば、あなたのご意見と交換できればうれしいです。(4)、、、このポジションを与えてくれる。そのような心づかいがとてもうれしいです。
 我々の心にお金あり、今、我々、人はパンだけでは生きていけないです。お金がないと、、、、
 
 ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/01 07:20

ある宗教関係者が言っていました


宗教心とはいくらお金(お布施、寄付)をしたかであると...

そう言うことかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちがうんです、、、、。僕はいつも言葉足らずでみなさんにご迷惑おかけして申し訳ないです。大工の息子はお金だったということです。メシアはお金だったのではないかと。エホバの小人は、キリストは救世主ではない。正しいのは旧約までだ。といっていたように思います。ですから、キリストがメシアかどうかはおいといて、イエス=キリストはお金ではないかという質問なのです。お礼の文章もままならず、大変申し訳なく思っております。もしよろしければごいけんいただけるとうれしいです。

お礼日時:2001/08/01 07:27

こんな感じですか?違ったら訂正してください。



キリスト→神様→人を幸せにする→食べ物や欲しい物が得られる→お金

「心のよりどころ」「安心を与えてくれる」という見方からも、神様とお金の共通点が見える人もいるでしょう。

もちろん、人によっては、神様よりお金の方が大事な人もいるのでしょう。

でも、神様とお金の違いがあるとしたら、「死ねるかどうか」というのが一つあると思います。神様のために死ぬ(殉教)はあっても、お金のために死ぬ人はいませんよね。これはどうしてでしょうか?
私は、神様は現世と来世の両方に影響があるけど、お金は現世にしか影響を及ぼさないからだと思います。

ちょっととりとめがありませんが、まずはこんな回答でいかがでしょう?
皆さんの補足要求にも答えてくださいね。
楽しみにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、とりとめのないのは私の質問のほうです。いつも言葉足らずで皆さんにご迷惑ををおかけしてしまうんです。それでもご意見伺いたく無謀にも質問せざるを得ないのです。ご回答していただき本当に感謝しています。
 僕の質問はこんな感じです。
イエス=キリスト→茨の冠とともに、ユダでしたか、とともに十字架にかけられ、すべての人の罪を一身に受ける。⇒お金 です。最後の⇒で「とばしすぎだゼ、オイッ!」ってなってしまったら申し訳ないです。
>食べ物や欲しい物が得られる→お金
お金があっても食べ物や欲しい物が得られるとは限らないと思います。もしくはその場合すでにそれはお金ではないのかもしれないですね。物を得た瞬間、それはお金になるわけですが、その瞬間にはもう手元にそのお金は存在していないわけなので、お金の存在を確かめる事もむずかしい。まして、それを保持することなど、お金持ちっていったいなんだ!?ってなります。(ヒガミじゃないですが、、、)でそれがお金だと思います。マニーゲームのお金も、水より安い牛乳に支払われる代価も、僕のアルバイトの給料も、みんな実態のない数字であり、形骸があるかのような幻想であると思います。その白昼夢が人間を救った事も大きくあったと思います。

>神様のために死ぬ(殉教)はあっても、お金のために死ぬ人はいませんよね。これはどうしてでしょうか?
 なぜなら僕は、お金はすべて(?)の人のために平等(?)に存在(?)としてあるからだと思うからです。 (?)は矛盾と皮肉のためにつけてます。

なんかお金の話になってしまいましたが、もしよろしければ、キリストはお金か?の話を続けてもらえるとうれしいです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/01 08:02

イエス・キリストの事でしょうか??



彼は「金」でも「神」でなく

『人間』でしょう。。

ちょっと質問の意図をを汲みかねます。。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ちょっと質問の意図をを汲みかねます。。m(__)m
ほんとに申し訳ないです。いつも言葉足らずで、足取りもふらふらのまま質問してしまい、そのような質問に答えていただけてほんとにかんしゃしています。
 僕の質問は、聖書は逸話で、イエス=キリストはお金のことではないか?という質問です。もしよろしければもう一度ご意見伺えるとうれしいです。申し訳ないです。

お礼日時:2001/08/01 08:07

何やら大変ユニークな持論をお持ちの様子。

是非お聞かせください。その上でお答えしたいですね。
今のままだと、人間なのか貨幣なのかという内容にも捉えられるし、キリスト教におけるキリストの位置付けとも、あるいはその変遷かも・・・とはっきりしません。それでは、後程。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

持論なんてありません。論を立てれるほど話せないんです。皆さんのご意見を伺いたく質問させて頂きましたが、いつものように言葉足らずで、皆さんにご迷惑おかけして申し訳ないです。僕の質問は、イエス=キリストは人間なのか貨幣なのかという話の質問です。しかし、もしよろしければ、キリスト教におけるキリストの位置付け、あるいはその変換のお話もしていただけるとうれしいです。持論が立てれるようであれば、皆さんの他の質問にもきちっと答えられるんですが、一方的に頼るような形をとってしまい申し訳ないです。もしよろしければご助言、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/08/01 08:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 煩悩も悟りも捨てる!? 深すぎる仏教の教え

    あなたが生きる目的とは一体なんだろうか。人によって様々あって然るべきと思うが、「教えて!goo」に「煩悩と解脱について」と相談を寄せた質問者は、より有意義な人生のために「涅槃(ねはん)」を意識しているよ...

  • 瞑想中に霊が降りてきて困っています

    瞑想は、心を鎮めたりすることによるリラクゼーション効果があると近年紹介されるようになりましたが、宗教的な修練として行う瞑想は「この世の真理を体得する」といった目的のために行われます。教えて!gooに質問...

  • 1000年生きられたら、どの時代を生きたいですか?

    若返りが期待できる、新しい万能細胞の発見が大きな話題を呼んでいます。もしかしたら1000年どころか、夢物語であった不老不死も可能になる日も来るのではないかと思うほど、科学は進歩しています。現時点では1000年...

  • 印象に残った格言は何ですか?

    名言や格言の中で、いつまでも頭から離れない、印象に残った格言をお持ちの人もいると思います。教えて!gooにはそんな格言についての質問が寄せられています。 「一番印象に残った格言」 「一番印象に残った格言...

  • 人は死んだ後はどうなるの?

    大人になっても、明確な答えができない問いはあります。例えば死後、はそうでしょう。身近な方の死や、お世話になっている方の死を耳にすると、自分自身の死について考えたりもしますが、答えは出ません。教えて!go...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ