質問

12月分の所得税の納付書を記入するにあたり、年末調整の還付で本税がマイナスになりました。

 その場合の納付書の記入方法を教えてください。
具体的に悩んでいる点は、
 例1: 給与等の税額   10万
     年末調整による
     超過税額 マイナス15万
       本税 マイナス 5万

とするか、
 例2: 給与等の税額   10万
     年末調整による
     超過税額 マイナス15万
       本税      ¥0
   (左端の適用欄に 「繰越マイナス5万」)

とするかで本税の欄の記入法が分かりません。

 よろしくお願い致します。
    

通報する

回答 (5件)

 
例1の場合も例2の場合もちょっと違います。


年末調整による超過額が「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の納付すべき税額を超える場合には、当該計算書の「超過税額」欄には超過額全体の金額ではなく、納付税額を限度とした金額を記載し、控除しきれなかった金額は摘要欄に「控除未済額」としてその金額を記載します。


ご質問の例でしたら、

給与等の税額      10万
年末調整による超過税額 10万
本税           0(零)
合計額          0(零)

(摘要欄)

 控除未済額 5万円


と記載します。


次回以降の記載方法も同様です。


これは以前に、「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の「超過税額」欄の記載誤りが多いため、昭和63年に国税局より上記のような記載方法についての指導がでており、専門誌にも掲載されていますので、もし、顧問税理士がおりましたらそちらにご確認ください。
 

再び#1の者です。

例2の方が正しいと簡単に書いてしまいましたが、税務署が配布している「年末調整のしかた」では、#3の方が書かれている、徴収税額の範囲内で、超過額を記載するやり方が記載例として書かれてありますので、その方法が正しいとは思います。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/2774/ …
(この中の、58~62ページ)

いずれにしても、本税のところを¥0として、後はわかるようにしておけば良いと思いますので、例2のやり方で処理されている会社もあるとは思います。

12月の源泉徴収税額が10万円で、過納額が15万円なら、

給与等の税額 10万円
年末調整による
超過税額  -10万円
本税     ¥0

残りの5万円は1月の納付書の超過税額に繰越し。

・・・で宜しいのではないでしょうか。

それぞれの欄に記入します。
参考urlをご覧ください。

例2の方が正しいです。

このQ&Aは役に立ちましたか?7 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ