昔週間少年サンデーで連載されていた
烈火の炎のアニメについて聞きたいんですが
裏武道殺陣編までは本誌ではそこそこ面白かったんですが
アニメではなんか設定がめちゃくちゃになっていて
原画も途中でまるで違う画風になっていたり
ストーリーもオリジナルから結構離れていたりと
かなりクオリティーの悪い作品のように感じたのですが
あれはなんか原因があったのでしょうか?
逆に似たような作品では幽遊白書(こちらが先ですが)が
ありますが逆にこれはアニメの方が遥かにクオリティーの高い作品に仕上がってるように感じます
これはただ単に製作会社の違いでしょうか?
ストーリも中途半端に終わってたりしてましたし・・・

A 回答 (2件)

No.1の方も書かれてますが、原作が連載途中の作品をアニメ化する時、途中からオリジナルのストーリーに突入するのは珍しいことではありません。


作品全体をひとつの謎で構成するようなタイプの物語は、その核ともいえる「謎の答え」が原作とアニメで異なるパターンまであります。(封神演義など)
    • good
    • 0

まず幽遊白書と烈火の炎は、どちらも同じスタジオぴえろ制作作品です。



この2つのアニメの扱いの違いは、単に興行的に成功したかどうかだと思います。

幽遊白書は、92年10月~95年1月まで、全112話が放映されました。
平均視聴率17%、最高視聴率24%を誇る大ヒットアニメです。

烈火の炎は、97年7月~98年6月まで、幽遊白書と同じ放送枠で全42話が放映されました。
この話数だけみてるとそれなりに健闘したように見えますが、
実は31話から放送枠が土曜18時30分から金曜16時25分に移動させられています。

平均視聴率で比べてみると、全く同じ放送枠で放送していたにもかかわらず
幽遊17%に対して烈火6%と、アニメ作品としての低迷ぶりが
残念ながら明らかに数字に出ています。
特に時間が平日に移動してからは、平均2%台とさらに低迷します。

途中で絵が変わったという指摘ですが
これはおそらく制作体制(コスト、期間、人材等)などの関係で、
作画陣が安定しなかったのではないかと思います。
キャラデザインの方が42話中2話しか作監をしていないことからも
不安定な作画は明らかと思われます。
時期的にコスト削減で、韓国・中国への外注が増えた時期なので
それも影響しているのではと思います。

また内容が原作と違う、中途半端という指摘ですが、
これはアニメの放映時期が影響しています。

烈火の炎の少年サンデーでの連載期間は、95年16号~2002年9号までです。
それに対して、アニメの放映期間は、97年7月~98年6月です。
つまりアニメが終了してからも、連載が3年半続いていることになります。
当然、アニメ放映時にはストーリーが途中の状態で製作しているので
原作とは違った展開、終わり方になっているものと思います。
あと人気がなかったため
番組の終了も、当初の予定と違って、打ち切りという状況になったのかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ