お菓子を作るのが好きで、今は食べるのも好きなタルトに挑戦しています。
 が、薄くのばしたタルト生地を型に均等に敷き詰めることができないのです。私の持っている本では、ラップの上にタルト生地をのせ、またその上にラップを置いて挟んでのばし、のばし終わったら下側のラップをはがして型にしき、型にうまく敷き詰めたら上側のラップをはがす、と書いてあります。
 でもラップがうまくはがれないのです。分量通りに作っているのに・・。上手なやり方を知っている方、教えてください。
 この本のやり方にはこだわっていませんので・・。

A 回答 (4件)

ラップに生地がくっつくのは室温でバターが柔らかくなっているためだと思います。


私も夏につくとき、生地がだれて困ったことがあります。そこで私のやり方ですが、
1寝かせた生地は素早くあつかう。
2室温に注意。
3生地がだれた来たら、冷蔵庫へ入れて生地を冷やす。
4小麦をふるう。
5生地がラップにくっついてとれないときも冷蔵庫に入れてバターをかためる。時間がないときは冷凍庫でも可(ただしいれすぎるとばりばりになります。)
以上です。がんばってくださいね。
それとときたまバター含有量のおおい配合表があります。他の本も参考にしてみるといいのでは。
ちなみにわたしの好きな配合は
薄力粉 250
バター 150 
砂糖  100
卵   1ッコです。
    • good
    • 0

まだ答えが出ていないようなのでお答えしてみます。

専門家は手抜きだと言うかもしれませんが、休ませるのはもちろんなのでしょうが、硬いままで伸ばすのはとても大変だと思います。そこで常識を破り休ませたら生地を室温に戻しておくのです。柔らかくなったらラップではなくクッキングペーパー(リードの姉妹商品クックパーなど)ではさんで伸ばします。これが一番が早くて柔らかいので力も必要ありません。一度試してみてください。これでもだめなら、ごめんなさい。本格的にやられているのでしたら失礼なアドバイスだったかもしれませんね。失礼しました。
    • good
    • 0

こんにちは、私は仕事でタルトを作っているので、ラップの間に挟むといったやりかたはしてないのですが、やっぱり生地を作った後、冷蔵庫で寝かすと言うのは大事な作業ですよ、そして、薄力粉をテーブルや乾いたまな板の上にまき、一気に短時間で延ばすのがポイントです。

ご存じの通り、タルトの成分はほとんどがバターですから、手の熱で柔らかくなってしまいます。だから、まな板の上と、生地の上にも粉をふれば、ひっつきにくくなり、生地も伸びやすくなります。生地は作り置きして冷蔵庫に入れておくと便利ですよ、それと型に生地をしきつめた後は、一時間程、冷蔵庫で冷やしておくと、オーブンにいれた時、焼き縮みが少なくなります。頑張って下さいね。
    • good
    • 0

kinakoさん、こんにちわ。 私もお菓子作りは大好きでよく作ります。 で、タルトの生地がラップにくっついてしまうとのことですが、 生地をこねて、のばす前に冷蔵庫で2~3時間ねかしていますか。

ぜひ、ねかしてください。又、生地をこねるときは、練りすぎて、粘りを出さないように、切り押さえつけるようにして、生地の材料を練ってから、ラップで包み、冷蔵庫で2~3時間寝かし、それから、型用にのばしてみてください。私も、生地をのばすのに、ラップとラップの間に生地をはさむ方法はよく使います。もしこのとき、生地がやわらかく、手にべたつくように感じたら、少しだけ、ほんの少しだけ、打ち粉をしてみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ