7月の末、仙台市にある泉ケ岳に登りました。
その時気づいたんですが一番右側のリフトを登ったところで
ほとんど全てのトンボがしっぽを上げてとまっていたんです。
平地でもしっぽを上げてとまっているのは、よく見かけますが
同じ種類のトンボでもとまりたては上げていても、そのあとに、
落ち着くとしっぽは下がりますよね。
でも、そこのトンボはずっと上がったままでした。
なぜでしょう?

A 回答 (1件)

実物を見ていないのでわからないのですが、トンボの止まり方は、ヤジロベーみたいなバランスのとり方でとまっています。


尻尾(腹部)を上げると、モーメントが小さくなるので、頭が軽いときはそのほうが重心をつかみやすくなります。卵を持っていると腹部が重くて、頭が軽くなる?


>同じ種類のトンボでもとまりたては上げていても、そのあとに、 落ち着くとしっぽは下がりますよね。

えー、そうですか、私は最初から同じ形でとまっているように思ってますが。
でも、次に飛び立つとき、「上」を向いていると飛びやすいような・・・。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ