電流計のカタログをみていると、CT値100/1Aと書いていました。そこでですが、CT値とはなんなんでしょうか?100/1Aとは何を示しているのか教えてください。

A 回答 (3件)

Current Transformerのことだそうです。


クランプメーターの仕様じゃないでしょうか。
100Aの電流を流したら、1Aになるということです。
100Aを直接流せる電流計はなかなかありませんが
1Aならハンディのマルチメータでも流せますからね。
    • good
    • 0

CTは Current Trans former の略で、計器用変流器のことです。

大電流を計測する時に、そのまま電流計に配線をすると、電流計がものすごく大きくなってしまいますので、電流を何分の一かに小さくする必要があります。大電流の交流電流を計測する場合に、精度の高いトランスを用いて、2次側の電流を計測すれば電流計が小さく安価に作ることができますね。そのトランス(CT)の一次側と二次側の電流比がCT値となるわけです。
あなたの例の100/1Aであれば、トランスの一次側と二次側の電流比が100:1になる。すなわち実際の回路に100A流れている時に電流計には実際には1Aの電流が入力されるということになるわけです。
    • good
    • 0

交流電流計ですね。


CTとは current transformer(計器用変流器)の略で30A以上の電流の場合
直接電流計をつながないでトランスで電流を小さくしてから電流計で測定します。
CT値(CT比ということが多い)100/1Aとは元の電流100Aを
CTで1Aに落として1Aのメーターで測定している事を示します。
メーターには100倍の目盛が刻まれています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

27歳無職です。自分の自信にもなる資格を教えてください!

就職の際に有利なだけではなく、自分に自信を持つことができる様な資格を取得したいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。教えて!gooには、そんな資格についての質問が寄せられています。 「無職、27歳@自...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ