質問

 先日台湾にて、繰り返し使えるゲル状のカイロを買いました。
 15cm×10cm程の半透明ビニールの中にゲル状の物質と、直径2cm、厚さ0.3mmほどの放射状の溝がある円形の金属片が入っています。
この金属片の中央を「パチンパチン」と上下に動かすと金属片の周囲からゲルが結晶化して(全体が結晶化するまで十数秒)、
その後1時間ほどカイロの様に発熱します。温度は市販の使い捨てカイロと同じくらいです。発熱し終わったものを煮沸すると、
結晶が再びゲル状になり、再度使用できます。
 発熱するのはゲルの状態より結晶の方がエネルギーが安定しているからではないかと思っているのですが、なぜ金属片を「パチン」と動かすと結晶化が始まるのか、また、この物質が何という物質なのかが分かりません。
 誤字の多い取り扱い説明は表面に印刷してありますが商品名などはありません。また、ネットで「台湾」、「ゲル」
など検索をかけてみたところ、何件かヒットしましたが、物質名や仕組みなどは分かりませんでした。

 どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

通報する

回答 (3件)

(基本的にこれは以前の回答のコピペです)

液は酢酸ナトリウム水溶液です。
金属片のパチッというショックがトリガーになっています。

これは、化学反応ではなく、状態変化によるものです。

物質が液体から固体になる時(例えば水が氷になる時)、液体からはたくさんの熱が出て行きます。熱が出て行き、その結果温度が下がり、固体になります。

酢酸ナトリウム水溶液は、本来固体になるべき温度にまで冷えても液体であり続けることができます。しかし、カチッという衝撃を受けると、一気に液体から固体になります。このときに、たくさんの熱が出ていくので、さわるとあたたかく感じます。

ちなみに、これは自分で作れますよ。
http://g3400.nep.chubu.ac.jp/onsenkids/craft/y-h …

この回答へのお礼

 「教えて!goo」内も検索かけてみたのですが、甘かったようです。
参考URLも見ましたので機会があったら作ってみたいと思います。
 ご丁寧にありがとうございました。

内容物の主成分は、酢酸ナトリウム。
過冷却状態で、透明なゲル状。
金属片がショックを与えると、過冷却状態が壊れて、結晶化、このとき、熱を出す。

この回答へのお礼

あのゲル状態が過冷却状態だったのですね。
酢酸ナトリウムが、過冷却状態で安定する理由を
頑張って調べてみます。
ありがとうございました。

実はすでに質問・回答ありますね

この回答へのお礼

ありがとうございます。
もう少し「教えて!goo」内の検索に時間をかけてみるべきでしたね。
初めての「教えて!goo」利用で慌ててしまいました。
参考URLも見ましたのでよくわかりました。
ありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?8 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集