質問

ふとした疑問です。
 あんなに高価なF-15をいっぱい持っている自衛隊が、なんでイージスシステム搭載の護衛艦を4隻しか持っていないんでしょうか?
アメリカなんて、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦や
アーレイバーク級ミサイル駆逐艦など、60隻も持っている、というのを聞いて思ったんですが、、

通報する

回答 (6件)

 前の方々の補足という形です。
 日本海自の戦力は国土防衛の為なので、60隻もの艦隊防空艦は要りません。
 海自の艦艇運用率は60~70%と言われ、四隻の内(現在、2艦建造中)、約半分の2隻が常時運用可能となります。また、イージス艦は各護衛隊群に1隻ずつ配備されていますが、第二護衛隊群(佐世保)・第三護衛隊群(呉)のイージス艦は佐世保に配備するという、北朝鮮・中国の二カ国を意識したものになっています。
 武器の輸入は危険な話です。確かに軍事産業が政治・経済にもたらす影響は大きいですが、もし戦争となった時、自国で武器弾薬を製造できなければ、お話になりません。そういう意味では、例え高くとも、自国での生産を出来るだけする必要があります。
 「ジパング」ですが、あの、「みらい」は素晴らしい性能ですが、あれは空想までは行かなくとも、無理があります。あくまでイージス艦は艦隊防空用の護衛艦として運用されていますが、「みらい」は、個艦防衛力及び攻撃力が一個護衛隊群並に描かれています。ただ、あの艦が4隻あれば、北朝鮮の脅威なんて、半減しますよね。
 最後に、日本の軍事力についてですが、世界第○位というのは、軍事費の観点から見たものです。日本の人件費等は高いから当然、軍事費も跳ね上がるわけです。しかし、それでも世界有数の軍事力を持っている国でもあります。日本の自衛隊を甘く見てはいけません。噂に過ぎないのかも知れませんが、韓国海軍が軍事シュミレーション(「軍事」であり信頼性は高い)を海自と戦う、という想定で行った所、わずか45分で韓国側が壊滅する結果となったそうです。(一応、自衛隊は米・中・露の三カ国以外とであれば十分に戦える戦力があるという見方が一般的です)
 何にも関係のない事を長々と書いてしまいました。参考にならないかもしれませんが、参考にして下さい(矛盾)

この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
やっぱりジパングは、無理があるんですね。

韓国海軍が軍事シュミレーション(「軍事」であり信頼性は高い)をわが国相手にやっているんですか?
怖いですね。
それとも、万一のためにやるのが海軍の常識なのかな?
日本の自衛隊がやっているのがばれたら、新聞に何を書かれるのか、こっちの方が怖いですね。

いずれDDGは、イージスシステム搭載になって行くのでしょう。今はその途中だと思いますよ。

4の倍数になるのは、自衛艦隊が4つの護衛隊群から構成されるからです。とりあえず各護衛隊群に1隻づつ用意したということでしょう。

戦闘機と比べるのは単純な話しではありませんが、価格の問題もあるでしょうし、運用するための人員の問題もあるでしょう。それ以上に、戦闘機というのは複数で運用するのが前提だからです。最低でも2機が組みになります。飛行機というのは、そもそも維持をするのが大変なもので、定期的な整備が必要になりますし、定期的に修理もしなければなりません。訓練するための機数も必要です。それにぶっちゃけた話し、戦闘機というのは消耗品的な面が強いのです。艦船よりも減耗しやすい性質があるのです。

この回答へのお礼

いずれDDGは、イージスシステム搭載になって行くんですか?ますますお金がかかりますね。20か30ミリの機関砲をつんでる、戦車のちっちゃい奴なんか、他のくにのおなじようなのとくらべて、何倍もするんですってね。そおいうのは、輸入すればいいのに。小銃や、MBTを国産品を使いたいって言うのも判るんですがね、、、

もう一つ、補足的な説明になりますが。

イージス艦は通常、直衛の護衛艦1隻とセットで運用されます(つまり2隻で行動する)。これは、イージス艦は対艦戦能力や対潜能力が低いので、イージス艦を守る艦船が必須だからです(しかも、ヘリ搭載型であることが必要)。よって、イージス艦を増やすとそれを護衛するための艦船が余計に取られ、結局海上自衛隊の本来任務であるところの、海上通商路の確保にあたる艦船がなくなってしまう--という、運用面での大きな問題があるのです。

米海軍の場合、イージス艦は機動部隊の一員として通常は行動するので、直衛の艦船がヘリ搭載型である必要がなく、また(護衛艦隊のように8隻が基本ではなく)数十隻の艦船が一緒に行動するので、相互に補完しあう運用が可能です。そういう事情もあります。

この回答へのお礼

イージス艦は対艦戦能力や対潜能力が低いんですか?
知らなかった。ジパングしか見ていなかったから、マルチに強いんだと思っていました。

箇条書きにするとこんな感じです。
・予算と規模が米海軍と海自では全然違う。
・4隻というのは常時1隻が任務に就けるようにするために必要な数。護衛艦隊は4つあり、それぞれに1隻ずつ配備されています。
・イージスシステムそのものの値段がが非常に高い。汎用護衛艦1隻とイージスシステム1つの値段がほぼ同じ。
・運用のための人員が汎用護衛艦に比べて多く必要になる。(汎用:160人 イージス:300人)慢性的な人員不足の海自にはつらい。

なお、イージス艦は現在2隻を建造中ですので、あと5年以内にイージス6隻体制になります。

この回答へのお礼

軍事費世界世界第○位ってよく言うので、海上自衛隊は結構規模が大きいんだと思っていました。

先ず、海上自衛隊とアメリカ海軍では、軍の規模も予算の規模も違います。アメリカ海軍は世界的に展開していますが、海上自衛隊は基本的に日本周辺だけですから、全体的な数が違います。
例えば米海軍の規模を今の10分の1にしてみましょう。イージス艦の隻数は6隻程度になり、海自と大差はなくなります。

次にその必要性です。元々イージス艦は空母機動部隊の艦隊防空用に開発されました。空母を10隻以上運用している米海軍は多数のイージス艦が必要です。
空母を保有していない海自には多数のイージス艦は必要ありません。

今後はミサイル防衛の観点から、2隻程度のイージス護衛艦が増えるかもしれませんが、現在の予算規模から言えばそのあたりが限界でしょう。

アメリカ軍と自衛隊の戦力を比べるのは余り意味がありませんよ。

この回答へのお礼

あ、そうか。日本近辺だったら、4隻で十分ということですね

日本は、他国を攻めるための兵器は不要ですが。

それに、イージス艦ですけれど、アメリカ以外で持っているのは、日本とスペイン(1隻)ぐらいでしょう。

それに、F-15については、ライセンス生産してますし、ある程度はコストダウンできますけれど、
イージス艦の対空防御システムは海外のシステムが関係してます。
ですからそのシステムが国内の防空システムまで組み込まれますので、場合によっては、日本がアメリカの手先に使われると言うことです。

この回答へのお礼

スペインって、そんなに、イージスで守るべき目標があったなんて知りませんでした。

このQ&Aは役に立ちましたか?119 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集