高カリウム血症の治療で、グルコースインスリン療法を行うと、どうして、カリウムが下がるのか教えてください。調べてみましたが、よくわかりませんでした。

A 回答 (1件)

インスリンの作用は、血中のグルコースを細胞内に取り込んで血糖値をさげる(細胞内にグルコースを蓄える)ことですが、この際にグルコースと血清中のカリウムはカップリングして細胞内に移動します。


つまり、グルコースの取り込みにはインスリンのほかに血清中のカリウムの存在が不可欠なのです。
グルコースインスリン療法はこの性質を利用して高カリウム血症の治療に用いられます。
    • good
    • 0

この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございました。
祖母が受けている治療が納得いきました。

お礼日時:2005/03/17 18:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

厚生労働省推進――認知症の発症を○%防げる生活習慣があった!

国民的アニメ「ドラえもん」の声優を長年務めたことで知られる大山のぶ代さん。先日、彼女が認知症であると発表されたことで、衝撃を受けた人も少なくないのではないだろうか。 今回のニュースを機に、世間では改め...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ