「80年代の音楽は苦手で・・・」と書いちゃうことがあるんですが、好きなアーティストが80年代に出したのならきいてます。
80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけるとうれしいです。
このころの音楽が大嫌いな方、大好きな方、みなさん。よろしくお願いします。

A 回答 (53件中31~40件)

>kinoataさんて年下かと思ってたんですけど


僕は77年10月生まれなので、同年代ですね。

リアルタイムで経験している皆さんの話を元に推測するに、やっぱりMTVの出現による商業化というのは大きなポイントになっているみたいですね。流行を作っていくのはメディアであると。

しかしテクノなどこのころ成長していく音楽もまた見逃せないっすよね。僕はテクノは全然知らないのですが(最近ようやく興味を持って聞き始めるようになりました)(苦笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
>僕は77年10月生まれなので、同年代ですね。
ですね。よろしくお願いします(笑)。

MTVがあるのとないのって相当違うんでしょうね。つけっぱなしにしておけばいつか気に入る曲が流れてきて(こないことももちろんありますけど)、画面をみれば曲の名前とかアーティストがうつってるんですから。らくちん。(・・・そういう問題なんでしょうか)

R.E.M、高校のころ大好きだったんですけど、CDもってなかったので買ってきました。なつかしい・・・。最近そのころに聴いてたCD買いなおしてます。ほとんどレンタCDやさんでかりたのをテープにとってきいていたので。 

>しかしテクノなどこのころ成長していく音楽もまた見逃せないっすよね。
そうですね。最近で一番新しい音楽といえば、この分野なんでしょうか。わたしもごく最近CD買って聴き始めるようになりました。みなさんにおすすめしてもらってます。ほんとこのサイトの存在を知っていてよかったと思います。そして、みなさんと同じ時期にここにこれたことがとっても幸せだと思います。ううう。(泣)。

お礼日時:2001/09/03 03:38

あ~、遅くなりました。


このところすっかり出不精になってしまって(笑)。

80年代となると、私の場合はプリンスに尽きますな。
「1999」の頃はまだそれほど真剣に聴いておらず、「Purple Rain」が出たときも、一番いいところを前にしてフェイドアウトしてしまうシングル・エディットを聴いてしまったので、鬱陶しい曲としか初めは思わなかったのですが、'85年のグラミー賞のステージでトリを務めたのを見て(演奏したのは「Baby I'm A Star」)、「ああ、こりゃ本物だ」と思いましたよ。

この人が(少なくとも80年代に)やったことというのは、私に言わせれば、音楽から如何に贅肉を削ぎ落とせるかといった試みです。「When Doves Cry」のアレンジなんて、あの音数を考えても凄いもんです。「Kiss」に至っては、エコーすら無くなった(笑)。90年代に入ってからは、ちょっと時代とずれが生じ始めた感もありますが、それでも私はOK。80年代に関する限りは、この人がいなかったら、本当につまらなかっただろうな~、とシミジミ思います。

Michael Jacksonは、'82年に『Thriller』が出たとき、大抵の人は(私を含めて)前作の『Off The Wall』の方が良い、と言ってたはずですが、いつの間にかその辺がうやむやになっちゃいましたね。ですから、この頃から「音楽」が「音」だけじゃなくて、「映像」とかも含めた総合評価になってきちゃったということですな。

あと印象的だったのは、
Steve Winwood 『Back In The High Life』(1986)
Peter Gabriel 『So』(1986)
もう終りの方ですが
The Pogues 『If I Should Fall From Grace With God』(1988)
Van Morrison 『Avalon Sunset』(1989)
なんてところ。う~、所謂80年代のアーティストってのは少ないな・・・。

そうそう、Band Aidって嫌いだったんだ。「活動」じゃなくて、あのシングルの話。出来の悪い曲としか思えないし、詞の(傍観者然とした)視点が嫌い。USA For Africaも、早い話がみんなで渡れば怖くないという曲だし。殆ど盛り上がらなかったけど、Little Stevenが声をかけた'86年の「Sun City」という反アパルトヘイトのプロジェクトで、ようやく「俺は(金を積まれても)Sun Cityじゃプレイしないぜ!」というアーティスト「個人」の意思が、歌詞として出てくるのね。私はこういう方を一万倍支持するのよ。

確か'79年頃に六本木のウィナーズというBlack専門のレコード店で、初めてRapの12インチというのを見て、とにかくこれが一番新しい、みたいなことが書かれていて(まだ「ラッパーズ・ディライト」とかも出てなかったと思う)、新しもの好きの私としては、すかさず箱の前の方にあったタイトルのものを2枚ほど買って聴きましたが、・・・つまんなかったな~(笑)。というか、運悪く2枚ともハズレの盤を選んでしまったということですが。でも、そう思いながらも、これは音楽が生き延びて行くためのひとつの方法かもしれないな、という漠然とした思いだけはありましたね。これを当時から公言してれば大きな顔できたのに、自分の胸だけにずっとしまっておいたから「ウソつけ」と言われてしまう(笑)。

何でこんな事を長々書くかというと、その70年代末から始まったRapですが、80年代くらいまでは、今のものとちょっと違って、とにかく自分の言いたいことを言う、言ったもん勝ち、みたいな世界だったのね。で、上記の「Sun City」は、個人の主張の象徴として、ちゃんとRapから始まるのでありました。

'85年に「Live Aid」ってのを中継でやったけど、あれで一番良かったのは、終盤の方でホール&オーツが終わった後、彼らがそのままバックに回ってミック・ジャガーのステージをサポートするんだけど、ミックのバックをやっている彼らの顔が本当に嬉しそうだったのね。「活動」とかそういうのとは関係なく、ミュージシャンとしての素直なリスペクトの念が溢れていて、あそこは好きだったな。

・・・ということで、ただの80年代雑感になってしまいました。

荒井由実、松任谷に変る前というより、リアルタイマーとしては、『14番目の月』でダンナのアレンジが変り始めたという印象がありましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもー。お世話になってます。

いつもありがとうございます。ふんふん、そうなんですね・・・。いろいろきかないと。

>・・・ということで、ただの80年代雑感になってしまいました。
そんな感じがいいです。

>荒井由実、松任谷に変る前というより、リアルタイマーとしては、『14番目の月』でダンナのアレンジが変り始めたという印象がありましたね。
はあー、なんでかわっちゃったんですかね。もとのほうがいいのに。

どうもありがとうございます。お体に気をつけて・・・。

お礼日時:2001/09/03 05:06

キャンディーポップスですね



・ABBA
・NEWTON-FAMILY
・NOLANS
・DOOLEYS
・ARABESQUE
・DADDY-O
・DOLLY DOS
・TRIX
など、 女性ボーカルグループがすごかった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーんABBAしか知らない・・・。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 21:07

Hounds of Love / Kate Bush



ハマってました。いや、ふと思い出したもので...。珍しく参考URLも完備(笑)。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=2898
http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1149282 …

いやー、これも名盤!!、って連発し過ぎで、だんだん信憑性が薄れつつありますが...(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっ、なまえはしってます。
名盤はたくさんありでしょう。薄れてないです、だいじょうぶです。

お礼日時:2001/09/02 21:20

80年代といえば、ちょうど青春時代でした。


洋楽のミーハー派にとっては、今より、80年代のほうが、みんなが知っている歌
って多かった気がします。
あの頃は、MTVの時代だけあって、洋楽のヒット曲を聴けば、すぐビデオクリップのシーンが浮かぶほどでしたもんね。
マイケルやマドンナ、シンディ・ローパー。
ウィアーザワールドとかなつかしいですね。
ワムとかデュランデュラン、スパンダーバレエ、カルチャークラブとか英国系男性
グループの歌もメロディの美しい歌が多くて好きでした。
フィルコリンズ、エアサプライ、メンアットワーク、ホールアンドオーツ
あたりも好きだった。
70年代ほど濃い時代背景はなかったけど、キャッチーで美しい曲が多かったなあ。
そう思いませんか?
ちなみに、私は名前のとおり、ホイットニーのファンです、はい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そう思いませんか?
あまり知らないもんですから。しかも、基本は「苦手」なので・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 21:09

そう言えば80年代初頭はパット・メセニー&ライル・メイズの「As falls Wichita, So Falls Wichita Falls」なんかを聴いていて「おお環境音楽ってのはこういうものか。

」などと勝手に感心してましたわ。でも今聴いても「いいなあ」と思うってことはやっぱり名盤だったのか…とつくづく思うんですがね。
年寄りの私はほかの回答者さんたちの回答を見ているうちにだんだん思い出してくるのですじゃ。
ジャケット買いでブレンダ・ラッセルにハマってしまったり、(ジャケット買いすると大抵当たりなんですよ。ガル・コスタもジプシー・キングスも買うまで聴いたことなかったし)いろんなジャンルに首を突っ込んでおりましたなあ。
いっぱいいましたよ。80年代には。ジョー・ジャクソンの「Night and Day」とか、マーク・ジョーダンの「Blue Desert」や「Live」とか。
そうそう私も松任谷由実より荒井由実の方が好きなんじゃて。なんか結婚してからはアレンジャー(旦那だっけ?)がパクることパクること。イントロでいきなり「Tears For Fears 」だったりするでしょ。荒井由実時代の方がオリジナリティーあったなあ。
そうそう80年代と言えば日本が世界に誇るウォークマンの大ヒットと共にYMOも売れてましたなあ。黄色いジャケットのデビュー・アルバムは今聴いても「あっテクノってカッコいいんジャン」て思わせるところありますよね。あのころ電車の中でウォークマンを頭に付けていると、多くの客の視線を感じてひとり顔を赤くしていたうぶな自分を思い出しますなあ。
おおおお、そう言えばフィル・コリンズの「QPちゃんジャケット」の「No Jacket Required」も流行っておったじゃあありませんか。85年ですよ。80年代のど真ん中。
おじさん、おばさんたち、忘れてしまったかいな?
パティー・オースティンのボーカルや、イエロージャケッツでロベン・フォードのすごさを知ったのも80年代じゃ。結構80年代も捨てたものじゃなかったでんな。
どう思います。オジサン、オバサン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そなんですか。思い出してくださいじゃ。
>なんか結婚してからはアレンジャー(旦那だっけ?)がパクることパクること。
誰のをぱくったのか存じ上げませんが、とにかく荒井がいいです、はい。
YMO、いいんですか。きいてみよう・・・。
うーんぜんぜん知らない。ううう。

お礼日時:2001/09/02 21:26

beavasさんの御指摘の通り、だんだん収拾つかなくなりつつあるようですね。

(笑)

>pirorikinさんおすすめは非常に気になりますって。
私が挙げるヤツは、かなり偏っているかと思いますのでご注意を!!。(笑)
あまり信用なさらない方がよろしいかと....。

>わたしがですか?それとも松任谷由実が?
松任谷さんが、って意味だったんですが。

>わたしだとしたら、松任谷由実は好きじゃないんです、「荒井」由実が好きなんです。
ひょー、む、難しい話でごさいますね。うーん、なにやら深いこだわりがおアリのようで。

>それこそポリスとスティングですよ。
むー、一瞬ワカったような気配を遠くに感じる....。

>>#ところでpirorikinさん、PCOはそんなに流行ったんですか?
へへ、そうですね。書いてから「PCOだけ異質だったかな?」と、ちょっと反省しましたです(笑)。下にも書いた通り、東京だけ、或いは港区だけ(笑)とか、そんな感じだったかと思います。

>>当時私は流行っている流行っていないに関わらずマニアックに日本のポップスを聴いておりました。
そうですね。確かに80sに入ってから「聴ける邦楽」が増えたような感がありますね。80sの冒頭の日本と言えばテクノポップ(YMOね)全盛でしたね。私、YMO自体はちょっと斜に構えて見てましたけど(笑)、坂本龍一氏のSoloとかは結構聴いてました。「音楽図鑑」とか「戦メリ」とか、かなりのスグレものだったかと。マライア組が参加したKazumi Bandなんつーのもカッチョ良かったなー。って、だんだん話が込み入ってくるのでここらで止めますが(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>beavasさんの御指摘の通り、だんだん収拾つかなくなりつつあるようですね。(笑)
いいんです、はなから収拾なんかつけるつもりありませんから(笑)。みなさんのご意見をききたかっただけなので・・・。なかなかこんな話、日常生活でできないんでねえ。まわりのひととは趣味がずれてるんです。だからここくらいですよ、こんなに話の通じる人たちいるのって。だからお許しを・・・。

baianさんきたらそっこーでしめますから。でも来そうな人ってだいたい決まってません?あとは皆さんの再カキコで占有されると思うんですが。というか占有されたい?
baianさん、おまちしてますわよ・・・。

>私が挙げるヤツは、かなり偏っているかと思いますのでご注意を!!。(笑)
pirorikinさんはひじょうによいテイストをお持ちだと思ってますっ。

>松任谷さんが、って意味だったんですが。
あっ、すいません。やっぱりカン違い。

>ひょー、む、難しい話でごさいますね。うーん、なにやら深いこだわりがおアリのようで。
いえ、別にそんな深くないデス。ただ荒井時代の方が好きなだけでっす。大げさに言ってみただけでーす。

>むー、一瞬ワカったような気配を遠くに感じる....。
そんなもんです(笑)。

>って、だんだん話が込み入ってくるのでここらで止めますが(笑)。
えっ、とめちゃうんですか!とめないでください!
というわけで、おイヤでなければまたいらしてください(笑)。

お礼日時:2001/09/02 12:43

ヘヴィーメタルはハ-ドロックから


派生したものなんじゃないでしょうか。
明確な区別はできないと思います。
実際この手の音楽は
『HR/HM』と表記されることが多いと思います。
もともと日本人はジャンル分けするのが好きみたいで、
海外ではそういう区別はないんじゃないでしょうか。
メタリカの『Master of Puppets』は全米チャートで
Top40ですよね。
日本のレコード会社は
メタリカのデビューアルバム『KILL‘EM ALL』
が『過激過ぎる』という理由で手が出せない状態だった
みたいですから。
今では考えられないことですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーんメタリカ好きじゃないからわからないんですねー。
区別はないんですか。

お礼日時:2001/09/02 11:29

もう一度カキコのLucksです。

どうもみなさん80年代をバブルと重ねているようですが、日本はそうでもこの時期アメリカは大不況時代ですよ。貧富の差が拡大していったときです。
Guns n' Rosesの「One In A Millon」なんかがその雰囲気をもっていって、まさに80年代です。
裕福な層は耳に心地いいハードポップやAORなどを買い、そういった連中に不満を持っている貧しい層で白人はメタル/へヴィロックに、黒人はラップにという感じだったと思います。
いまではラップ系の音楽は聴かなくなりましたが、この時代のラップには「怒り」が感じられるヤツが多いので好きです。ICE-TやN.W.Aとかですけどね。

88年、89年には普段めったにメインストリームにでることのないバンドがヒットチャートにでてきましたね。メタリカの「Master of Puppets」がTop40に顔を出したときには目が点になりました(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますー。どんどんカキコしてください。
>日本はそうでもこの時期アメリカは大不況時代ですよ。貧富の差が拡大していったときです。
あっ、意外な事実が!そうですねえ、今日本不況ですけどちょっと前まではアメリカは好景気だったんですよね・・・。(そうでしたよね?)こんな分析をするにも教養って必要ですね。新聞とろうかな。どこのにしよう(笑)。日経あたりがいいかなあ。

>メタリカの「Master of Puppets」がTop40に顔を出したときには目が点になりました(笑)
ビルボードのチャートですか?それとも日本のチャート?

またカキコお願いしまっす。

お礼日時:2001/09/02 09:00

そうそう忘れてました。

聴くべき洋楽がありました。
海の向こうのアメリカをずっと過ぎて地球の裏側の音楽、そうブラジルの歌姫「ガル・コスタ(Gal Costa)」に夢中になっておりました。こっち側の「小野リサ」もいいですが、ガルの音楽性の幅の広さと歌唱力にはかないません。
もっと日本でもメジャーになっていい歌手だと思うんだけど。そういえば清水靖晃と共に夢中になっていたのが「大貫妙子」。「Aventure」今でも新鮮!!!
あの頃ロック好きの私は音楽好きに変わって行ったんだっけ。
でもアメリカの音楽も聴いてたよ。年取ってるからだんだん思い出してくるんだ。「チャカ・カーン」の「What cha' gonna do for me」、正確には'79だけど「ジョン・ホール」の「Power」良かったよ。「Dance With Me」より好きだな。
誰か「リビー・タイタス(Libby Titus)」のこと知ってる人いますかあ?
確か「The Night Took Me to Barbados in my Dream」とかいう(うろ覚え)曲が良かった。誰か知らないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>海の向こうのアメリカをずっと過ぎて地球の裏側の音楽、そうブラジルの歌姫「ガル・コスタ(Gal Costa)」に夢中になっておりました。
ブラジルいいですよねえ。こんどポルトガル語はじめようかと思ってるんですよ。でもスペイン語のほうがいいですかね。どう思います?

ガル・コスタって80'sに出てきたんですか?・・・実はいまだにきいてないんです・・・。近くの図書館においてなかったんです。今日はおっきいとこに行く予定なので、あることを願い。なかったら買っちゃおうかな。masmasさんガル・コスタ相当好きですねえ。

>「チャカ・カーン」の「What cha' gonna do for me」、
いいですねー、いいですねー。すきすき。

>誰か「リビー・タイタス(Libby Titus)」のこと知ってる人いますかあ?
わたしは存じ上げません。お役に立てなくって・・・。

お礼日時:2001/09/02 08:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ