授業のレポートの課題で電流計と電圧計がなぜ回路に
必要なのか!というのがでました!
学校の図書館で調べてたら本がありすぎてわかりません
どうか、今週の木まで解答を返してもらえないでしょうか?
金曜にそのレポートを提出しなければなりません!
お願いします

A 回答 (4件)

電気の流れをよく水の流れにたとえて説明したりしていますよね。


水の流れを目で見て確認することが出来ますが、場合によっては見てもわからない時があります。例えば透明の管の、水の流れがどっちに流れているのかまた止まっているのかが判断できない時があります。
電気は目で見えないのでなおさらわかりにくいと思います。(この確認のために必要です。)
また電気による事故や火災などがあります。
電気回路にはそれらに対する安全装置が必要となります。(電線、ブレーカー、ヒューズ等)場合によっては電流計、電圧計も必要となります。
本来、電流計、電圧計がなくとも回路は成り立ちます。(動きます。)
電気回路の一部分(電流計、電圧計を設けた場所)のところで、瞬時変わる電流、電圧の変化を見たい時にも使用します。
    • good
    • 0

pen2sanさんのお答えの・・・「余談ですが・・・」から先が本当のこたえです。

電圧、電流の意味が分かっていたら答えは自ずから分かって来るはずです。何かを「はかる」場合其の物差しが必ず要りますよね。オット!これは失礼
でも決して意地悪をしているわけではないのです。
先の御二方の回答で十分すぎるほどですよ。 さあ!
頑張って・・・工学博士になるか、そこらのおっさんでガマンするかの分かれ道だ。  成功を祈る。
    • good
    • 0

どんな教科の中で、どの程度の知識度の方に出題されたレポートかによりどんな回答をすれば良いのかが多少異なると思います。



1)単純には、
電圧計:2本の線間の電位差を測定する為に必要。
電流計:1本の電線に流れる電流を測定する為に必要。

2)中級、
電圧計:過電圧や過負荷による電圧低下を監視する為。
電流計:電流が定格内にあるかどうかを監視する為。

3)詳しく
電圧計:2点間の電位差を測定し、回路網が正しく動作しているか、あるいは設計通り電源や負荷が動作しているか、回路動作、電源電圧、内部抵抗等による電圧降下、負荷の確認の為。
電流計:設計通りの回路動作、過負荷、機械負荷の大きさの予想を行ったり、負荷の調整を行う為の現状確認の為。

余談ですが、このたぐいの回答は参考書を見て書き写すのでは無く、自分自身の頭の中で考え、回答する問題なのではないでしょうか?
    • good
    • 0

回路を構成する部品には,定格があります。


この定格を超えると回路は破損してしまいます。
破損しない正常な回路を作るために必要なのではないでしょうか?
定格を表すのに,電圧,電流,それを掛合わせた電力があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ