テレビで、「1997年(98年かもしれません)の時点で、バブルでできた不良債権の処理は終わっている。
いま不良債権といっているのは、その後の景気低迷で新しく不良債権になったものだ」
と言っているのを聞きましたが、ほんとうなんでしょうか?

素人の私にとっては、「バブルの不良債権処理が終わる」とは、バブル発生前の地価、株価まで下がっても
大丈夫なように、銀行があらかじめお金を用意しておくことのように思えるのですが。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

これから、銀行に公的資金(税金)の再注入をも噂されているのに終わっているはずがありません。

今度も総額で五兆五千億くらいを予想しております。 塩爺財相は是認しそうですが、小泉首相が……どうでしょうか。早くて9月中、遅くとも年明けには日本発世界「小」恐慌ぐらい起こるかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「不良債権」とか「不良債権処理」で検索すると、大量にでてくるので、どのように
しぼったらいいのかわかりません。
こういうのが、ありました。(別に関係はないですが、、、)
「不良債権処理の現状」(2001年5/29)
http://www.sric.co.jp/report/sokuho/2001/0116.html

それにしても、普段、「政府はほんとのことをいわない」と言ってる日本共産党の人は
なんで、「バブルの不良債権は98年に処理が終わっている」というのだけは、信じるんでしょう?

銀行は、「これで処理が終わり」「今年で終わり」と毎年言ってますよねぇ。
あと、前に資本注入したことがあるから、それで、バブルの不良債権処理が終わったといわないと、
「なんでそのときもっと借りなかった」と銀行の人が責められるから、そう言っているのでは?

どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/11 06:11

不良債権の処理はまだまだ終わっていません。


だからこそ、こんなに経済が低迷しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不良債権にバブル型とかその後の不況型と区別がつけられるのかどうかわかりませんが、こちらの記事などで(この前の参院選のとき)日本共産党の人が言っていたのが、「98年(か97年)にバブルの不良債権処理は終わっていると政府がいっていた。だから、いまのは不況型の不良債権だ。それを処理すると、中小零細企業が困る。」という主張でした。
http://www.mainichi.co.jp/eye/2001senkyo/sangiin …

98年に、はたして政府は「バブルの不良債権処理は終わった」といったのかどうか知りたかったのですが、それは、いただけないようです。

ご回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/11 06:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ