自分は脂肪肝があります。しかし、その割にはGOTとGPTの値が高く、後者は三桁になっています。
肝炎も疑っているのですが、小学校・中学校のときに大量の抗生物質を飲んだ経験がありそれにより肝臓の細胞が悪くなってるのかな、と思ったりしています。
肝臓の細胞検査とはどのようなものなんでしょうか。大変なんでしょうか?病院に行く前に経験者の方、または詳しい方のお話が聞きたいとおもいます。回答よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

脂肪肝でGOT,GPTが三桁になるのは決して珍しい事ではありません.


一般的に薬剤性の肝障害はアレルギー性で、大多数は薬剤の中止とともに改善し、慢性化することはほとんどありません。
現在の肝障害が小中学校の時に服用した抗生剤の影響である可能性はほとんどないと思います.
まずは、ウイルス性の肝炎がないかどうかを調べる事になります。ウイルス性ではなく、腹部の超音波検査で特徴的な所見が得られれば脂肪肝の診断がつきます.
脂肪肝で肝生検を行うことはありません。
    • good
    • 0

いわゆる薬物性肝障害は、可逆性です。


非可逆性の場合、そのまま進行を続け死に至ります。
ですから「小学校・中学校の頃~」というのは現在の脂肪肝やGOT・GPT↑の理由にはなりえません。

肝臓の細胞検査とは…主治医の先生から言われたのでしょうか?それともご自身のこんなことかな?という想像でおっしゃっているのでしょうか。
肝炎の検査はまず血液検査からはじめます。血液検査以外にも肝臓の形態検査(形=エコー・CTなど)もあわせて行います。それらの検査を行った上で必要と思われる方にのみ「生検」という細胞の検査を行います。これは超音波やCTのガイド下に細い針を差し込んで行うもので、出血管理などの必要から通常入院して行うものです。その前には主治医から詳細な説明が必ずありますからその際に疑問はお聞きになられるといいと思います。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「薬剤性肝炎」
この中で特に「原因と危険因子」と関連リンク先を参考にしてください。

>小学校・中学校のときに大量の抗生物質を飲んだ経験がありそれにより
現在の年齢が判りませんが、相当前(?)のことではないのでしょうか?
さらに、上記の項には特に抗生物質の記載はないようですが、どのような疾患の治療で使われたのでしょうか?
(疾患名・薬剤名等?)
時間経過との関連で薬剤の可能性は低いのではないでしょうか・・・?
⇒現在はその抗生物質を服用されていないのですよね?

「肝機能」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=121998
この中で#4で紹介したサイトも参考にしてください。

>肝臓の細胞検査とはどのようなものなんでしょうか。
肝生検をとの話が主治医からあったのでしょうか?

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(肝生検)

一般には、相当病状(肝炎)が進んでいなければ(特に脂肪肝では)、血液検査位で経過観察ではないでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …

この回答への補足

十年程前のことで、疾患名は、慢性中耳炎です。

補足日時:2001/09/08 17:20
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ