香り付きランプ用オイル(成分パラフィンオイル99.005%)っていうのをジッポライタに使って香り付きの火が出たら嬉しいんですが、爆発したりして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・危ないですか?

A 回答 (2件)

ジッポの燃料はナフサ(ジェット燃料と同じ)で灯油とガソリンの間程度の石油です。

引火点の高いパラフィンなどでは、フリントホイールの火花程度ではなかなか火がつかないでしょう。ジッポの燃料と混ぜて使用すれば使えなくは無いかも知れませんが・・・燃料の蒸気に着火してしまえば燃料の燃焼による熱でパラフィンを燃焼させることは十分に可能でしょう。爆発の危険性はジッポのオイルよりもずっと低いでしょう。ナフサは条件次第では常温でも爆発しますが、パラフィン系の油脂は常温で爆発する可能性はまず無いでしょう。

昔、ジッポのオイルに香水を混ぜて使うのがはやったことがありますが、この場合オイルを補給するときに、少しだけ香水を染み込ませてから、オイルを入れればOKでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/09/14 10:25

こんにちは。

パラフィンというのは、炭素が数珠玉のようにつながったもので、化学ではそういう構造の炭化水素をパラフィン系炭化水素といいます。
そして炭素の数がいっぱいあるとパラフィンと呼ばれますが、炭素が少ないと、ガソリンや灯油、経由などになります。

この種類の炭素の数が少ない物ほど揮発しやすく燃えやすく粘性も低いわけです。また、炭素が多いものは寒くなると凍る?というか固形になっちゃいます。

さて、ジッポなんかに入れてるのはガソリンやベンジン程度の揮発性、流動性(粘性の低さ)が必要だと思いますから、パラフィンではどろっとし過ぎて、揮発性も低すぎ、点火できなくなると思います。最悪、細い部分にパラフィンがつまって使用不能になると思いますよ。

# 爆発はしないとおもうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/09/14 10:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 風船をマイナス196度で凍らせたらどうなる?

    みなさんはマイナス196度の世界と聞いて、どんな世界を想像するだろう? ありとあらゆる物が凍り付いていそうだが、『おしトピ by 教えて!goo』で「マイナス196度にもなる液体窒素で何を凍らせたらおもしろいと思...

  • 蝶の羽ばたきが嵐を起こす!?「バタフライ効果」とは。

    今年も間もなく大寒を迎えるが、正月からの大雪を始め気象変化の激しさに驚かれている方も多いのでは。ところで天気予報が外れることもあるのは周知の話だが、長期的になるほどその予測が困難になる理由の一つに「バ...

  • 今のこの世界って、3次元? 4次元?

    最近ではアニメなどに登場する創作物を「2次元」といったりします。2次元とは「タテ・ヨコ」の世界で、3次元になるとこれに「高さ」が加わります。4次元になると、さらに「時間」が加わるそうですが、我々が生活する...

  • 週間天気予報が1週間しか発表されない理由

    旅行などに出かける際、天気予報が1週間しか発表されず、「もっと先の天気が知りたいのに…」と思ったことありませんか? 教えて!gooには、週間天気予報に関するこんな質問が寄せられています。 「週間天気予報が1...

  • 未来の船の姿や機能が知りたいです!

    最近の乗り物は機能性はもちろんの事、デザイン面にもこだわったものが多く世に出てきています。近未来的な機能やデザインを見ると、わくわくする人もいらっしゃるのではないでしょうか。中でも、未来の船は今後どの...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ