先日、NYテロのニュースを見ていました。
民放で最もキャピキャピした局です。
11時頃、ニュースを見ていると、現地特派員からの中継を放送していました。
現地特派員が現況をReportしていると、その局アナ(女)はあたかも自分に話し掛けられているかの様に一々相槌を打っていました。
私は不快になりCHを変えました。
民法のアナウンサー、特に女子アナはVisual優先で
中身が希薄になっているのでは?と思います。
めざましTVなどのオチャラケ番組はイイとしてせめてニュースはシッカリやって欲しいと思います。

田代さん、気を付けてね。

・・・こんな風に思ったことあります?

A 回答 (4件)

なぜ、不快になられたのでしょうか。


そのあたりの感覚がよく分かりません。
そのことがなぜいけないのかについて説明してください。

この回答への補足

いろいろとコメントして頂き、ありがとうございました。
私が発した問いかけに若干言葉足らずのところがあったようなので、補足させて頂きます。

確かに中継番組では現地リポーターからのメッセージに対して局アナが相槌を打たないと、局アナにメッセージが届いているのか不安になると思います。相槌は必要です。
しかし、私が言いたいのは、「過度な相槌」です。
メッセージを文に起こしたとき、句読点間の文(1文節??)単位で相槌を打ってもらってはニュースを見ている側からは非常にウザくなります。友達と話している訳ではないのですから。
現地リポーターからのメッセージに心打たれて涙した局アナ、否定しません。共感します。
でも現地リポーターは、局アナを通じて視聴者にそれを届けようとしているのですから、中継する局アナは邪魔しないで欲しいと思ったのです。
このように思ったのは、その番組を見る前にNHKを見ていたので、なおさらそのように思ったのかもしれません。

皆さんから頂いたコメント、同様の内容が多いので、
勝手ですが、まとめて御礼いたします。
ありがとうございました。

補足日時:2001/09/17 12:24
    • good
    • 0

下の方が書いているように、相槌くらいは別にいいかな、と思います。

中継で「はい、ええ」と相槌をうっているキャスター、アナウンサーはたくさんいますから、特に嫌悪を感じたことはありません。
ただ、relux-beerさんにも共感する部分があって、それは民法がビジュアル優先という部分です。いつから女子アナが芸能人みたいな扱いになったのかなー、と常々思っていたので、思わず共感してしまいました。
もちろん現在がそういう風潮であるために、生き残るためにアナの皆さんも一生懸命だろうし、何も女子アナの人が全てこういう現状をOKと思っているわけではないでしょう。ただ、やっぱりあまりいい気はしませんね。かといってNHKが好きかっていうと、そうでもないのですが(苦笑)
もちろん、下の方の書いている通り、好みの問題ですし、色々な局の個性ってもんでしょうけれど…。でも私としては、あんまり好きじゃないですね…。
    • good
    • 0

ニュースキャスターが自分の意見を言ってはいけないのなら、感情を表に出していけないのなら


その番組は、無機質な感情も臨場感も無いニュースになってしまうと思います。
そこには個性も無く、喜怒哀楽も無く、淡々とデータが流れていくだけになってしまいます。
僕は報道ではありませんが、感情、表情も何も無い、データだけのニュースでは逆に、臨場感や緊張感が伝わり難いと思いますけど・・・
    • good
    • 0

なぜそれが不快になるのか解りませんが、特にその局が悪いと思うことはありません。


生中継なら相槌をうって当然だし、録画でもそこでキケンを感じながらリポート
した方に録画とわかりながらも相槌を打たずにはいられなかったのではないでしょうか?とても人間的だと思うし、このことについてではありませんが広島の原爆で
亡くなったかたの体験談のリポートの後涙を浮かべ必死にニュースを読んでいた
のを見たことがあります。
NHKの女子アナがいいとか民放の女子アナが悪いとかとゆうことよりその人や
局の個性を尊重し受け入れてあげることが大切なんじゃないかとおもいます。
全部同じであったらロボットで十分ですから、どうしても受け入れられないのであればあまりその局は見ないようにしたほうがいいと思いますよ。
僕も嫌いな局はあります、だからあまり見ませんが文句を言おうと思ったことはありませんね、いろいろな考えがあるんだなーくらいなもんです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ