前回も似たような質問をしましたが、皮膚科に行くとやはりいぼだといわれました。痛い治療もしました。飲み薬と塗り薬をもらって、毎晩塗っています。まだ、一度しか治療してないのですが、治療が完治するまで、どれくらいの期間、かかるのでしょうか?長い人は2年も通ったと、医者に聞かされましたが・・。
 いぼの経験者の方!どれくらいで治りましたか?
 あと、いぼって体や顔にもうつりますか?
 歩くときにとても痛いのですが何かいい案がないでしょうか?
 少しのことでもいいのでおしえてください☆

A 回答 (5件)

先日回答させていただいたhatomugiです。


やっぱり疣だったんですね。
前に、「歯医者より痛くない」って書いてしまいましたが、そうでなかったら本当にごめんなさい。
私の先生(おおらかな超ベテラン女医さん)が、治療しながら優しく話しかけてくれたので、不安感がなかった分、痛みも少なかったのだと思います。

私の場合、その先生に、軽いもので4回(1週間おきの治療)、踵にできた深いもので8回と、最初に言われましたが、実際は、軽いものが1回か2回、深いものが4回でした。患者さんによっても、先生の技術によっても差が出るかもしれません。先生は、患者の自然治癒力にも関わっているとのことでした。
治療中は、早く治したい一心で、とにかく早寝早起きとバランスの良い食事、そして心身が疲れないように、心しました。おかげで生活まで健全に?なりました。家族には、ちょっと大げさに痛がる振りをして、どんどん家事を手伝ってもらいました。

私の場合の治療ですが、液体窒素で焼いて薬を塗ってもらい、そこを看護婦さんが包帯を巻くのみ。あとは放っておいて自然に生活を、と言われました。しかも当日から入浴してもいいとのこと。3日くらいで包帯もはがれてきますが、歩けるようになったら、清潔な靴下を履くのみで普段通り生活しました。

自然と焼いた部分の奥の皮膚が盛り上がってきて、「疣を追い出した」っていう感じサッパリしました。1週間後の治療までには、疣の周囲はかさぶたになり、それを先生が削ると、疣の下には元気な真新しい皮膚ができあがってました。結構、人間の持っている自然治癒力には感動させられました(わたしって以外にプラス志向?)

いぼが移るかどうか・・・確率的には不明ですが、移るようです。治療期間は清潔な靴下を一日何度か履き替え、家の中では新しいスリッパ(私専用)をはき続けました。体にちょっとした傷ができると、そこから感染することもあると思い、蚊に刺された後引っ掻いてしまったところは、一応石鹸で洗いました。手洗いもよくして用心しました(と言ってもさほど神経質にはしませんでしたが)。
実際、私のかかった先生は、治療中に患者から移ることもあるようで、自分で自分を「焼いている」とか。

>歩くときにとても痛いのですが何かいい案がないでしょうか?
以前にも書きましたが、痛いときは無理して歩かないのが一番。治療前には食料を中心に、必要な買い物は3日分くらい済ませ、治療後は「自宅に籠城」を決め込みました。
私は平日に外回りの仕事も多いため、前にも書いたとように、金曜日の夕方に治療を予約。土・日は動けないので、インターネットに「あえて」はまってみたり、友達と長電話、長メール、レンタルビデオ(事前に借りておく)を見たりして、痛み以外のことに徹底して集中。お笑い番組を見てると、その時だけですが痛みを忘れます。これは、十数年前、リューマチを疑われ、半年間も激痛と戦ったときに学んだテクニックです。
人ごとではないような気がして長々と書いてしまいました。
いつかは絶対に楽になりますから、前向きに頑張ってくださいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hatomugiさん。前回もお世話になって今回もありがとうございます!!前回hatomugiさんのおかげで、病院へ行くことを、決心したんですから!思ってたより、早く終わるんですね。治療は、まあ、結構痛かったです。でも、半べそかきながらがんばりました・・。
 確かに傷があったところがいつの間にか、いぼになったところもあって、すごく神経質にしてます。かゆくてもよく見てみたりして・・。
 わたしも、hatomugiさんのアドバイスにより、前日から雑誌などを買い込んで、金曜日に行きました。痛くて運転も出来ずに、送り迎えまでしてもらってます・・。
 なんども、本当にありがとう・・。感謝の一言です。もし、わたしのいぼが治ったらhatomugiさんのおかげですね!!経験者というものは、医者よりも頼りになるかもしれませんね。
 とりあえず、長い目でがんばってみようと思います。
 また、なんかあったら、ここにまた、相談しようとおもいます。

お礼日時:2001/09/18 01:04

お礼をありがとう。


おいらの手に出来たいぼは、かなり小さくて
直径1~2ミリくらいで、火山の火口のようにこう、
中央がちょっと、へこんでいるようないぼでした。
火口のまわりが、他よりも硬い感じだったように
思います。なぜか、右手にだけ出来て、数えると
増えるのに、どうしても、数えたくなって、
むんぎょぎょしてました。

女の子みたいだし、治療の後、歩けないくらい
痛むなんて。おいらの答えは、おバカ過ぎたね。
ごめんね。でも、暗くならずに、治療を続けてください。
早く、きれいさっぱり、治ることをお祈りしてるよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、とんでもないです。時々くじけそうになるけど、がんばってみます・・。こういったアドバイスがとても支えになります。どうも、ありがとう。

お礼日時:2001/09/18 00:48

こんにちは。

私は過去に2回イボの治療をしたことがあります。
初めは指に魚の目の様なものが出来たのですが、硬くなった皮を爪きりできったりしてほおっておきました。するとだんだん大きくなっていきました。更に気が付くと他の指にも出来ているのです。それが5個以上になったので皮膚科に行ったらイボだと言われて治療をはじめました。
私がやった治療は正確な名前はわからないのですが焼く感じのものです。(窒素だと思う)っと言っても熱いのではなく、冷たいドライアイスを患部につける感じです。(チョット痛いよ。5分位で忘れるけど)
これは2カ月位(1日おき)かかりましたが全部なくなりました。大きくなったものは特に時間がかかりました。
何年かたってまた指にイボが出来たので整形外科に行ったらまた同じ治療でした。
1ヶ月以上たって治ったのですが、治りがにぶくて注射しようかという話もでました。
長くなりましたが、私としてはイボはうつると思います。
治療が長引いても根気よく通うことが大切だと思います。
痛い様ですのでお大事にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

di-aiさん、たぶん私に出来たのはあなたと同じものだと思います。私は、一週間に一度治療に行きます。でも、治療後2日ぐらいは痛くて歩けません・・。だから、仕事も何にも出来ないんですよね~。だから、これがいつまでつずくのかと思いまして・・・。治療法も同じだとおもいます。アドバイスありがとうございます。がんばります。

お礼日時:2001/09/17 12:09

ポリブレオマイシンかブレオマイシンの局部注射では.2週間でなくなりました(医者の言うことには眠れなくなるくらいに痛いと脅されましたが.注射のときの痛み以外の痛みがありませんでした)。


窒素では1ヶ月たっても直りませんでした。
飲み薬は1年たっても直りませんでした。
ただ.当時の飲み薬は.「毒性がなければ販売できる」という古い薬事法の規定のもとで認可されたものであり.現在の薬とはかなり大幅に成分が異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 あの、みなさんにお聞きしてるんですけど、edogawarunpaさん出来たいぼはどんないぼですか?わたしは、ウイルス性の人にうつる魚の目によくにたいぼです。飲み薬は、漢方薬なんですが、なんか、抵抗力を高めるとか・・・。
どうも、ありがとうです!

お礼日時:2001/09/17 11:41

おいらも、昔、手に、一杯出来たことがあるよ。


いぼって、数えると増えるって、聞いていたので
ついつい、数えると、本当に、増えていく~
痛くはないんだけど、数えるのが、止められなくってサ。

お医者に行ったら、「レーザーで、取ることは
出来るけど、また、できるかも。なぜ、出来るかは
わからないんだよ」って言われて、もう放っといたのよ。

それがですねー、みるみるうちに、消えていったのは、
トアル子供のオムツを、洗ってからなんすよ。
確か、3ヶ月くらいで、200個くらい出来ていた
いぼが、ひとつ残らず、消えました。不思議~

mesopotamiaさんには、何の助けにもならないっすね。
でも、痛みがあるんなら、このまま、治療を続けて、
そのうち、何かで、ころりと治ることもあるさって、
思ってくだされば、いいなー。と思って書き込みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

suuzyさんに出来たいぼはどんないぼでしょうか?わたしは、魚の目のようないぼで、うつると言われました。自然に消えることってあるんですね!どうもありがとう。

お礼日時:2001/09/17 11:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ