猫を空中から落としても死なないとは聞きますが、
どのくらいの高さまでそれが可能なのでしょうか?
また、それが可能になるのはどうしてなのでしょうか?
猫以外にもそうしたことが可能な動物はいるのでしょうか?
詳しい方お願いします。
生物学は素人です。

A 回答 (4件)

猫の体の特徴や骨格の問題ももちろんですが、質量の問題も関係してきますよ。

蟻なんか東京タワーから落としても死なないんじゃないかな?
    • good
    • 0

加えて、ネコの体が(人間と比べて)軽量であるというのも原因の一つでしょうね。


体重が重いと、それに比例して着地時のダメージもでかくなりますから。

人間の場合でも、幼いうちは、自分の体長の数倍の高さから落ちても大したことはありませんが(だからといって、実際に実験してはいけません(笑))、大人になってから同じことをすると、怪我します。

ネコが死なない高さに関しては、以前どこかで見た記憶があるのですが、残念ながら失念しました。

この回答への補足

みなさん、ありがとうございました。
落下に耐える器官が非常に発達していることがよくわかりました。
三半規管が発達していたり、関節や骨格が柔軟であったりするのはどうしてなのでしょうか?
昔落下に耐えなければならないような環境にさらされていたのでしょうか?

補足日時:2000/11/24 21:02
    • good
    • 0

ねこの脚を良くご覧下さい。


我々の足首に当たる部分が立派に
ひざの様な機能を果たしているのがお分かりになるでしょう
従って緩衝機能が我々以上に発達していると
考えられます。又、ねこは非常に柔軟な間接や
骨格を持っていますので、多少の衝撃は内臓や
重要な機関に及び難いものと思われます。
但し、動物ですのでいかにネコといえどもコンクリートに
激突したら死にます。僕の場合学校の四階の窓から
落下して死にました。
ニホンザル等も相当の高さから落下しても平気ですね。
逆に骨格が素晴らしく頑丈で強い筋肉に守られている為に
相当の高さからの落下に耐える動物として熊・日本カモシカ等も
経験上落下に対しての強さを誇る動物です。
但し、ネコ科の動物のように美しい着地は出来ないみたいです。
    • good
    • 0

猫は三半規管が非常に発達している動物で、背中を下向きに落としても、回転させながら放っても、ちゃんと、足から地面に、着地します。

ネコ科の動物は、同じ本能を持ってる筈です。(虎やライオンは試したことありませんが・・・(*_*))小学生のころの塾の先生が落下テストをした所、4階から落としたら暫くじっとしていて、普通に歩き出したということです。6階から同じ事をしたところ、亡くなったそうです・・・・5階は分かりませんが、あまり実験はお勧めできませんM(__)M
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ