質問

どうも曖昧な概念のように思われます。
「求愛」と「いじめ」は違う様に思われますが
同一物として扱われることがないですか?
また「求愛」の場合、好きな相手からなら「くどき」という認識が、嫌いな相手だとそれを「セクハラ」だと言って回避する盾に利用していると言うことはないでしょうか?

とにかくこの概念がすっきりしません。

通報する

回答 (7件)

「いじめ」と同じですよね…
相手がどういうつもりであれ、「された側がいじめだと感じたらいじめ」。
同じようにセクハラも「された側がセクハラだと感じたらセクハラ」。
「上の人に○○されたんだけどこれってセクハラよねーキモーい」などの会話はただの悪口に該当すると思うのでセクハラの基準としては問題ないと思うのですが、
訴えるとまでいくと、社会的名誉、世間体、地位、金銭、家庭などに深刻に響くのでどうにも納得できないですよね。
いじめの場合「いじめられた側が嫌な思いをしていたらいじめになるんです!」と教育する側が明確にうたってしまっていて、これも納得できません。
セクハラもそれと同じような基準で判断されるのでしょうか。
だから、「訴えられたくなければ金を出せ」的なことも起こってしまうのだと思います。
女性の勝手な考え方で、男の人にとって逃げ場の無いような形で攻めているのだと思います。
私もすっきりしません。

この回答へのお礼

そうですね。そういわれると、いじめと本質的に似ているのかと思います。
セクハラを法的な意味まで行かないで、日常語として使うならなかなか文化的?な表現でそれはそれで、好き嫌いは別としてよろしいのでしょうが、おっしゃるとおり盾に取り出すと、どうもしんどいです。

なにか「痴漢」行為と似て、非常に乱暴な扱われ方をしかねない雰囲気があります。いやですね。

 曖昧な概念なのは確かだと思います。曖昧というより、「非常に微妙かつ感覚的なニュアンスに成立するかどうかが左右される」って感じでしょうか・・。上手く言えないの(^^;すみません。

 「求愛」「口説き」で、「セクハラに該当する」というケース「も」あると思います。でも、それだけでセクハラという言葉を捉えちゃうのは、狭義にハマリすぎではないでしょうか?ちょっと、なんか悪意(セクハラという言葉を女性のワガママと一蹴するような)を感じないでもないんですけど・・(^^;;;。
 ふつーの正統な口説き・求愛なら、嫌いな相手だろうと、女性は拒否できるわけで。断ることができて、なおかつ「断ることでなんのデメリットも存在しない」なら女性も「セクハラ」とは言わないと思うんです。
 問題は、その拒否を、男性が自分の権力や間接的な強制力を用いて、女性の拒否を認めない・無視する時に「セクハラ」と呼ぶのではないかと。
 あと、求愛だとやっぱり、男性側も女性の意図を確かめようとすると思うんです。人類どんな部族でも人種でもどんな文化でも、まず、求愛の手順というのがあって、どんな文化でもその段階にあまり違いはないそうです。ちら見からはじまって、次におさわりの経過に入ります。それはお互いの意思を確認しあいながら、です。パーソナルサークルというものがあるからです。
 その「求愛」の段階をちゃんと確認すると、「セクハラ」との明確な差が見えてくるんじゃないかと思います。「セクハラ」には相手の意思の確認がありません。自分の性的欲求を満たすためだけが目的で、嫌がっている相手の意思をまったく無視したり抑圧したりすることは、レイプと通じるものがあると思います。
 それから、男性と女性、やっぱり性が違うと、性についての考え方とか価値観とか、違うと思うんですね。
 私が「求愛された」と思ったときには、男性は(私は女です)その違いを、自分の希望とすり合わせながら、折り合いをつける地点をいっしょに考えようとしてくれました。
 「セクハラされた」と思ったときには、ありませんでした。一方的に、ものすごく一方的に100パーセント欲望を押しつけられただけです。押しつけられただけなら、セクハラとは思いません。ただの勘違い男・暴力男とか・・いい言葉が思い浮かばないんだけど、ようすんにヘンタイです。
 セクハラと思ったケースは、相手が「断りにくい雰囲気を利用している」「自分が私にとって断りにくい相手であることを理解していない」ケースです。
 それから先に書いた、「求愛の段階」というのもすっ飛ばしていました。私以外の話ですけど、いきなりおさわりの段階に入ったり、恋愛関係にないのにホテルに連れ込もうと(しかも無言で)したり、性的関係に応じないと、圧力をかけてきたりします。それは「求愛」とは言わないと思います。
 「脅迫」っていいませんか(笑。
 
 セクハラが、男性→女性のもの、と思われているのは、やっぱり権力を持っていたり地位があったり、その場の支配力を握っているのが男性だったり、男性の方が縦で人間関係を考えたがることとか、相手の都合や気持ちを考えてふるまうということを女性みたいにしない、ナドナドあると思います。

 「言われた相手の受けとり方で違う」というのは、女性の心はわからない男性の中には、「女性の気まぐれ」で片づける人もいますけど・・。「セクハラかそうでないか」というのは、「言った相手にもよる」というところもあると思います。
 同じことを言っても、「いやらしい気持ちがある」かどうか、かなりわかるような気がします。(のつもりです。)男性はほんとうに、自分の都合よく女性の性をあれこれいいます・・ものすごく傷つきます。なんでかわからないんですけど。
(今まで私が出会った、「他の人が言うと批判を浴びることを言ってもセクハラといわれない人」というのは、女の人のことをよくわかっていて、ものすごく微妙なラインをちゃんと守ってくれる人でした。そのラインを守ってくれることで、「女という性をないがしろにしない」という意志が伝わってくるような気がしました。
 だから、私も、その人がきわどいことを言っても笑っていられたんです。ちなみにバイト先の店長でした。

 同時に、性的欲望の一方的な押しつけにならなくても、つまり「いやらしい気持ちがなくても」セクハラに該当するケースもあると思います。
 これは、「女の性とはそういうもの」「男の性とはそういうもの」という決めつけのもと言われた発言で、その決めつけが、社会的な性差別を反映しているからだと思います。

 ちょっとくだけた言葉を多用しすぎ長文なので読みづらいと思いますけど、主旨を酌んでくだされば、嬉しいです(^0^/。

この回答へのお礼

前の方にも回答いただいたことなのですが、「地位立場を利用した脅迫的な交渉」という概念が、現実にはあるのでしょうが、この封建体制でもない世の中でどうして言われているのだろうと、どうしても疑問が残ります。定義はすっきりしますが、じゃあいまはそういう特権階級がいるのか、奴隷がいるのかとか。ですから、その法律(セクラハという言葉は法にはないのでしょうが)のように言う、それ自体がおかしいのじゃないかと思う節もあって。現実にはあると思います。上司教師は封建君主のミニチュアかもしれません。

で、要は人間性の問題なのですね。ご指摘の内容大変うれしく拝見しましたが、よくわかります。もう本当に常識だろって言うことなのですが、すごく大事なことを改めて認識できると思います。問題はセンスのあるやつ、気持ちの優しいやつ、魅力あるやつがいる一方で、必然的にそうでないやつがいる、それらが等しく情動にかまけて女性に迫るということから、いろいろ難しい問題が出てくるのでしょう。

そういう気遣いができること、私も成功もし失敗もしましたが、難しいんですよねーこれが。その時々は必死なんですが、そう悪意はないんですが、なんとも力過不足だった実力不足だったあるいは体調が悪すぎた環境が悪すぎたもうさまざまで。必ずしも女性の心をないがしろにする男を軽蔑するだけでなく、哀れみを持って見るということもありますね。

セクシャル・ハラスメント罪なるものはありません。実際には,名誉毀損,猥褻罪,強要罪などの刑法で罰せられるか,民法の不法行為で損害賠償を請求できる,といったものに当てはまるものになります。ですから,被害者(?)の主観で決まるものではないと思います。明らかに,誰が見ても「セクシャル・ハラスメント」に当てはまる,というものでなくては,刑事罰の対象にはならない筈です。

例えば,同じ行為をAさんならばOK,BさんだったらNG,というのは,被害者(?)の主観による判断ですから,セクシャル・ハラスメントには当てはまりません。どちらもOK,又は,どちらもNGとなります。
日頃の,被害者(?)の行動によって,OKかNGが決まる事になります。つまり,会社や学校で,Aさんに許したことは,Bさんも許さなければならない,と言うことになります。逆にいうと,嫌いなBさんにして欲しくないことは,大好きなAさんにもさせてはいけない,と言うことになります。

この回答へのお礼

法の精神というものがわかりました。大変参考になりました。

おもしろい考えだな、というのが正直なところです。

セクハラはいじめではありません。いやがらせです。
求愛はただの「告白」であってセクハラではありません。
断ったにもかかわらず、しつこく言い寄る場合はほかの方もおっしゃっているようにストーカーに近く、セクハラではありません。
上下関係であってもなくても。
あんまり面倒な場合は「セクハラ」といいたくなる気持ちもわかります。ある意味、会社内で執拗にくどかれ、断りでもした場合、仕事で嫌がらせをされたり、切られやすいのは女性側ですから・・・。


セクハラとは会社や学校での「上下関係を利用」し、「相手の嫌がること(触ったり性的なことを言ったり聞いたり)する行為」ですよ。

特に男性は、ちょっとくらい触っても減るもんじゃないとか、いやらしいこと聞いたくらいで子供じゃあるまいし怒るなよと思うかもしれませんが、そういう問題じゃないんですよ。
仕事は仕事をする場所。
男性に触られたり、いやらしいことを言われる場所じゃないんですから・・・。

この回答へのお礼

ありがとうございます。

いじめといやがらせはかなり重なっているように思われます。ニュアンスはわかりますが。

定義はおかげさまではっきりしてきてうれしいです。

この問題はずいぶん前から考えておりまして(暇人)何が本質なんだろうと探っていたのです。

結局のところ、自然状態である「求愛行動」が社会生活生産活動の場で噴出している、その押さえをどうするのかと四苦八苦しているものに見えます。未開のジャングルなら大して問題にならないわけです。ああ、人間スーツ着てパソコンの前座ったところで、中身はサルだなと、思い至ったしだいです。

それをどう円滑に処するか、できるわけありませんよね。

こんにちは。
本来、「セクハラ」はあいまいな概念ではありません。
上下関係や利害関係などで上位にある者からの性的ないやがらせや強要をいいます。

なので、例えば、同じ階級の社員どうして、告白したが相手の女性は受けたくなかった、あるいは単純にその人が嫌いだったので「セクハラだ」といって拒否するのは、問題外で、職権濫用のようなものです。

日本ではセクハラの概念は全く浸透しておらず、受けた物の自由意志で決まってしまう状態です。

また、同階級、利害関係なし同士で男性が告白したにもかかわらず振られて、それでもめげずに何度も告白したような場合もよくセクハラと言われますが、これも間違えです。
こういう場合、有り得るのはセクハラではなくストーキングです。
しかし、それが普通の行動の範囲内であり、実質的に被害を与えていないのであれば何度やっても当てはまりません。

現在の日本では、「セクハラ」と言えば相手を破滅させてしまうのも可能な為、わがままを通す為に汎用されているのも事実です。

そういう行為は本当にセクハラで悩んでいる人達からも大変迷惑な話です。

セクハラを明確にみたければ、上下関係、利害関係で見てください。
そういう関係の上で、上位の物が行う性的強要行為のみがセクハラです。

この回答へのお礼

開眼した思いです。それがなおざりにされている、言葉が独り歩きしているという、他にもありそうな事例だと思いました。まずいですよね。教育しないと。上下関係を利してががきですね。しかし、ここでもそれを訴えるかは被害者の裁量によるということで、イケ面上司ならいいというのではまた本質的に同じことになってしまう気がします。

定義:「感情的に親密性を築きたくない相手が、自己に対する立場地位を利用して、強制的に関係を迫る」という認識にしたら良かろうと思います。ここで大事なのは

「感情的に親密性を築きたくない相手に」

ということが大きいと思います。それを明文化しないとまた曖昧さと職権乱用が起こる気がします。

No。1の方同様、あたしもされた側がどう思うかですべて決まると教わりました。

あたしはセクハラは「時と場合と人」によると、思います。特に「人」の部分が大きいでしょう。
同じ事を言われても、この人ならOKだけど、この人だったらちょっと怖いと感じることもあると思います。
でも、それは言われた側しかわからない事なのです。
嫌いな相手なら尚更、言われて気持ち悪いと思って当然です。同じ会社で働くのが益々嫌になるでしょう。
それは「セクハラ」に値するのです。

他にも、パワーハラスメントなどがありますが、すべてされた側の感情で決まるそうです。

まぁ、普段の付き合いでだいたいどこまでが許容範囲か判らない人が訴えられるんでしょうね。

この回答へのお礼

やはり、客観的事実というのを明確にしないと問題ですね。感情を最優先して、差別を認めてはたまりません。もちろん、感情を斟酌し好印象をもたれる努力を怠ってはならないことは最重点課題ですが、同じ行為を違う人からされたときに差があるのは明らかに問題があります。

した側の意図は全く考慮されずに、された側がどう感じているかだけで判断されると考えるのが正しいのだそうです。会社の研修でそう教えられました。

私が独身でまじめに口説いたとしても、相手に「いや、気持ち悪い」っておもわれたらアウト。
むちゃくちゃエッチなこと言いまくってもそいつが、イケメンで相手が喜んだら全然OK。

ご質問の内容のようなことは現実あり得るってことです。
そしてそれが現実だから「危ない橋はわたるな」っていうのが会社の指示と理解しています。

この回答へのお礼

私のように考えてる方もおられるということがわかってうれしいですね。しかし、なんともふがいない世の中です。主観が最優先とは。

このQ&Aは役に立ちましたか?0 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

マルチ商法って違法ではないの?

マルチ商法に引っかかりやすい人の特徴と、マルチ商法にはまった人を救出する方法についてまとめました。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集

環境gooのオススメ情報
大人の社会“化”見学
あなたの知らない企業の裏側を現場レポート!
大人の社会“化”見学あなたの身の回りの商品が、自然や人権保護などの活動と深くつながっている事をご存知でしょうか?
生物多様性特集
地球から生きものがいなくなる日
生物多様性特集まずは知ろう生物多様性!
My Life,My Style
アーティストと一緒にみんなでエコアクション
ゴスペラーズ北山陽一アーティスト達の自分なりのエコをコラムでお届け♪
世界のエコライフ
世界のエコなライフスタイルを集めました
世界のエコライフスウェーデン、ブータン、フランスなど各国のエコライフをご紹介
緑のgoo毎日の検索で環境貢献