お世話になります。
この頃、深夜のバイトで帰宅が遅くなりがちです。
いけないと思いつつも、就寝の際に、つい化粧を落とすのを、ふき取りコットンだけで済ませてしまいます。
肌に何か影響はないものでしょうか。
やはり、ふき取った後に洗顔をした方がベターでしょうか。
でも、それだと、ふき取りコットンの手軽さが失われて
しまうような気がします。。。

A 回答 (5件)

こんにちわ~♪だめ、ですょ。


やっぱり、W洗顔は、お肌の基本ですょ!毛穴に、汚れが溜まり黒ずみますょ。。
気持ちは、分かりますがね!メイクの具合にもよるけど、私なんかはアイ、メイクが濃い から(笑)ふきとりコットンだけでは、取れません!(笑)
長年、付き合って行くお肌のために、たま~ににして下さいね☆☆
クレンジング、洗顔、化粧水、はやはり肌には、とても大切なことですょ!
乾燥の、原因にもなるので、翌日は、コットンに化粧水を含ましてパッテングなどを   心がけて、下さいね♪がんばってー! 
    • good
    • 0

皆様のアドバイスのように「洗顔は基本です」が私も疲れているときはスキンケアーを怠ってしまいます。



私はふき取りコットンを自分でつくっています。
一つは市販のふき取りようの液体をコットンに湿らせた物をプラスチック容器に入れてます。
二つ目は、「市販の自分の肌にあった乳液を同じように湿らせて容器に入れています」
この二つを使い分けるといいですよ。
 まず、化粧を最初のでふき取って、軽く水洗いして乳液のでふき取る!!
乳液には化粧を落とす効果もあるらしく、もちろん保湿効果もあるしいいですよ。
それと先に作っておけば、使用するときに楽ですよ。
    • good
    • 0

こんにちは。

 皆さんのおっしゃるとおり、本当はよくないと思うんです。お肌は垂直の圧力には耐えられるけど(パッティングなど)、横の摩擦には弱いんですよね。
でも疲れて帰ってきてクレンジングと洗顔がストレスになるようだったら三日に一度くらいならコットンでもよいと思います。
 その時の使い方としては、私もやっていますが、毛穴は下に向かって開いているので、下から持ち上げてすくい出す様にやさしくふいてあげる。

そのあと、温泉水とか海洋深層水とかのスプレータイプの化粧水をワーッとふきつけて流してティッシュオフ。

面倒くさかったらそのあとは乳液だけ。

こうするとただコットンで落とすだけよりお肌の調子いいですよ!洗顔しなくてもさっぱりするし。

本当は私もスキンケア大好きですが疲れてるときってダメですよね。

ほかには乳液をつけたコットンでふきとる。
奮発してSK2のマッサージクロスを使う、という手もありますよ!      試してみてください!
    • good
    • 0

おはよ~ございます♪


私もKAORINしゃまと同じくクリームなどで落としてから
洗顔したほうがいいと思います。
ふき取る自体お肌を傷つけているような気がします。
ふき取りコットンって多分さらさらしていると思うんですが、とるときにすべりが悪くって肌をこすっちゃうと思うんで良くないと思います。
よく洗顔はこすって落とすんじゃなくて、泡で落とすっていいますからコットンを滑らせても毛穴の奥の汚れまでは落ちていないと思います。
そのおかげ?か肌が弱い割にはお肌が綺麗といわれます(*^.^*)エヘッ
    • good
    • 0

どのようなメイクをされているのかにもよると思いますが・・・。

とにかくクレンジングと洗顔は美肌のキホンですのできちんと落としてきちんと洗い、お肌を休ませてあげることが大切ではないでしょうか?
私は油分の多いメイク法なので、(厚いということですが)ポイントメイクアップリムーバーでポイントメイクを落とし、クレンジング(ジェルまたはクリーム)でメイクを落とし、最後に洗顔料で顔を洗うという方法をとっています。ふき取りコットンを使用した後には顔を洗いますよね?どうしても面倒ならふき取りコットンを使ったあとにお化粧も落とせる洗顔料などで顔を洗ってみては如何でしょうか?化粧法によっては洗顔料だけで落とせる場合もありますから・・・。
すぐに影響が出なくても化粧品が顔に残っていれば後年イヤな思いをするのは自分ですから常からのケアが大切だと思います。メイクをするなら落とすまでがメイクのうちと考えて頑張ってみてください。
余談ですが、今頑張った分が○年後に生きてくるはず!と思ってお手入れしています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ