本年4月に、家の外壁工事をしてくれと、飛びこみの業者に頼まれました。その当日に「工事契約書」にサインし、捨印の押印をしました。
その際、その契約書には収入印紙は貼っておらず、相手方の押印もありませんでした。
後日、別の営業部員に『あの契約は、契約書の体をなしていないはずなので、契約はなかったものとしてもらいたい』旨伝え、口頭で了承してもらいました。
しかし、本日、初めにやって来た営業主任から「契約書は交わしていて、クーリングオフの期間も過ぎている。塗料も発注済で着工を待っている。」との電話が。
相手は決して違約金を払えとは言いませんが、それを言外にぷんぷん匂わせて、とにかく「契約は交わしてあるのだから」の1点バリ。
収入印紙がはってなくても、割印がなくても(額面は140万円です)、あれはちゃんとした契約書になってしまうのでしょうか?そして我が家は違約金&塗料代金を払わせられるのでしょうか?
年の瀬に大打撃!で本当に困っています。
どなたか助けてください!お願いします!!

A 回答 (3件)

法的に争った場合にどうなるかはわかりませんが、どうしてkomattakoさんは契約書にサインしてしまったんですか?営業マンが強引だったのはわかりますがそういうワキの甘い状態では今後も危ないですよ。

来年あたりは水道管がこのままじゃ・・・なーんて来るかも。

それはさておき、その契約書が仮に本物とした場合の事ですが、工事日や塗装の種類、色の指定等の項目はかかれていましたか?それが書かれていないとすると後日相談の上で決定するはずです。まともな業者であればね。まあほとんど押し売りのロクでもない塗装屋だと思いますが。

まともな塗装屋だとするならば工事日は5年後くらいにしておきましょう。または家をリフォームする時には必ず頼むからと言っておけばまともな業者であれば納得するハズです。どうしても年内にというのであれば、日が悪いとか、親戚が亡くなってバタバタしてるからとか適当な事を言いましょう。とにかくあなたの気持ちをハッキリと伝えましょう。おろおろしていれば相手の思うツボです。

又、困っているので消費者センターに相談中です。話は結果が出てからにしますと毅然とした態度で望みましょう。相手の話を聞く必要はありません。契約書が無効でなければ向こうもそんな変な事はしてこないハズです。

そして仮に契約書が有効だとしても工事日や塗装の範囲もろもろの詳細が決まっていなければ問題ありません。家の裏壁の目立たない部分を10cm四方くらい塗ってもらえば良いですからね。そうすれば高くても1万円で済みます。1万円だったら授業料と後の話のネタとすれば安いもんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか笑っちゃいました。
実は昨日から結構マジに落ちこんでいて、さきほどの家族会議も暗い雰囲気のうちに終了したところ。
ちょっと明るい気持ちになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 残念ですが契約は有効です。


 収入印紙があろうとなかろうと、たとえ口約束だろうと契約は契約です。

 しかし、相手には「契約無効の約束をした」わけですよね。口約束だって契約なんですから、これだってちゃんと有効です。

 とはいえ、裁判に持ち込むのもどうか、って思うのであれば、もう一度話し合ってみるしかないでしょう。
    • good
    • 0

#その契約書には収入印紙は貼っておらず、



 収入印紙の有無は、契約の有効・無効には影響しないはずです。従って、貴方が記入した契約書に、相手が記入していまうと、一旦は契約成立ということになってしまう・・・。

#契約はなかったものとしてもらいたい』旨伝え、口頭で了承してもらいました。

 この時点で、契約は解除でしょうが、証拠がないので、
言った言わないという争いに・・・。

 個人で業者と対応するよりは、公的な機関が間に入った方が問題が有利に解決する可能性が高くなります。消費生活センターに相談してみてはいかがでしょうか?

http://www.kokusen.go.jp/link/url_23.html
→全国の消費生活センターをクリック





 

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/soudan/map/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ