韓国語です。「少年・少女家長」っといって扶養されていない未成年者なのですが、実際は親戚とかと一緒に住んでたりするみたいです。

日本ではこんな子たちは実際どうしているんでしょう?
そして何とよばれていますか?

A 回答 (2件)

私が思うには、「裕福さと関係のある言葉」というより、「当然保護や愛を受けるべき立場にある子供たちが、それを受けられないでいる」という意味の込められた言葉なんじゃないかと思うのですが・・


文学的表現力には「恵まれない子」の私ですので、どういう言葉に訳したらいいか、うまくアドバイスできないのですが、韓国の事情をよく知っている人には、そのままでわかると思うのですが、普通の日本人には、「恵まれない子」というと、漠然としすぎているかもしれません。「恵まれない子」という言葉は、意味がとても広い言葉ですので・・でも、一言で言おうとすると、そういう言葉になるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「当然保護や愛を受けるべき立場にある子供たちが、それを受けられないでいる」という意味の込められた言葉・・
ことばの概念的な背景までは考えてませんでした。参考にしたいと思います。

それにしても、世界には子供に関するいろいろな問題がありますね。ストレートチルドレン、少年兵士、売買春、虐待・・。大人がきちんと生きなければ、と思います。

これ以上、時間をかけても他の回答はいただけそうもないので、締め切ってポイントさしあげたいと思います・・。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 16:18

keroppiさん、こんにちわ。

「少年・少女家長」は、韓国でもはっきりした定義があって使われているのでもないように思われます。孤児の場合もあるし、戸籍上はちゃんと親がいても、重病で長く入院していたり、家出してたりする場合も使われていますし、経済力のない祖父母と暮らしている場合にも使われています。親がいなくても、裕福な祖父母や、親戚に養ってもらってる場合や、ちゃんとした保護施設で暮らしてる場合には使われていない言葉です。日本は社会保障や福祉がかなり行き届いているので、どんな子供たちでも、飢えたり、住むところもないということはまれですが、韓国はまだまだ国の力だけで、社会保障・福祉が無理で、篤志家たちやマスコミの関心が必要なのだと思います。それで、みんなの関心や助けを必要としている子供たち、という意味をこめた、韓国らしい言葉なのではないでしょうか。日本語に訳す時には、親戚の人の呼称を訳すように、その時々に合わせて訳すようになると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

韓国でもはっきりした定義があって使われているわけではない・・のですね。
でも、ho1004さんの回答から判断すると、親とは関係なく、裕福さと関係のある言葉なんでしょうか?

日本語に訳す時には、その時々に合わせて訳す・・ですか?
実際、韓国語のわかる方からは、そのままでもわかると言われましたが、ちょっと納得できませんでした。では・・う~ん。「恵まれない子」 というのはどうでしょうか? 日本でも特に定義がないように思えますが・・。

お礼日時:2001/11/17 12:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ