SONYに入社したいのですが、どんな資格をとれば有利でしょうか?
漠然とSONYといってもあれなんですが、とにかくSONYに入りたいのです。
どんな部署があって、その部署の特徴とかも知りたいです。

わがままな質問ですが、お暇なときで宜しいので、教えて下さい。お願いします。

A 回答 (3件)

先の回答者に同感です。


さて、ご質問そのものが回答をもらいにくい内容だと思います。
社会常識かも知れませんが、自社の業務内容について、公開の場において発表する場合は、通常広報部などの了承をとる必要があります。
一社員の立場で社内業務の詳細を明らかにすることは、組織人のモラルから言っても好ましくないことですし、組織によっては守秘義務を就業規定で定めている場合も少ないのです。
ですから、HPで公開されている内容が、一般に公表しても差しつかえないレベルなのだと思います。
その企業を知るために一番確実な方法は、発売している商品や、事業展開の内容をまとめて、分析することです。
組織形態はかなり頻繁に変化していくものですので、部門部署の活動内容を知るよりも、企業活動全体を捉えたほうが良いと思いますが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。私が甘かったです。

お礼日時:2001/09/26 12:34

>自分で調べるのも確かに1つの手段。

他人の善意に寄りかかるのも1つの
>素晴らしい方法です。

学生さんかと思いますが、正直言って上記の発言は「甘え」ですな。

他人の善意にすがらざるを得ない時もありますが、あくまで「お願い」
するのであり、お願いする時は謙虚な姿勢を持たなくてはいけません。

自分から「素晴らしい」などと言っているようでは、人の反感を買う
だけです。正直言って、私は反発を感じました。


ところでソニーに入社したいという件ですが、正直言ってヨソの会社
ですので詳しいことはわかりません。

しかし「これがやりたい!」という明確な希望をもった方がいいでしょう。
特に技術系で入社を希望しているならば、「何々がしたい」という
目標をしっかりもっていた方がよいと思います。
パソコン・AV・ロボットいろいろソニーは手がけていますよね。

ソニーが現在何をやっているか、これからどういう方向に進もうとして
いるかは、ソニーを題材にしたビジネス書籍が何冊も出ていますので、
それらの本をしっかり読んでおいてください。

普通の日本企業と違い、ソニーは外資系に近いイメージがあります。
即戦力の人材の方が歓迎されるでしょう。自分の得意技が何か、しっかり
見極めておく必要があります。
    • good
    • 0

一般論なのでどれだけ参考になるか分かりませんが、SONYは学歴不問だと聞いています。

そうなれば、人物評価が中心になるのでしょうか?
まずは、なぜSONYに入りたいのか、明快に説明できることは最低限必要だと思います。どれだけSONYのことを知っているのか、ご存じのようにSONYは、本田と並び、日本のオリジナリティをリードする優良企業であり、創業者の精神が大切に受け継がれている企業です。本屋には様々な書籍でSONYの企業論が展開されていますので、何かそういった本をよまれるとかされてはいかがでしょうか。企業の概要についてはホームページで調べられますので、ぜひ、ご自信で調べられてください。こういったことは、前提条件であり、基本的な礼儀のようなものです。
ご自身で様々な資料を探して調べてください。
人物評価では、あなたが何をされたいのか、その希望に対し今まで何をやってきたのか、そのことと、企業の活動がどう関わるのか、また、あなたの意欲や性格等も評価される事と思われます。
短絡的にこの資格が有利だとか、方法論としての入社試験への対策を行なうのではなく、本当にあなたがやりたいことを真剣にやって、その結果を評価してもらうのがよいのではないでしょうか、ただ、入りたいだけでは何もアピールにはならないと思うのですか?
企業は、その企業にとって有益な人物を求めています、特にソニーは学歴を評価対象から外すことによって、人物本位の評価をしているようですので、あなた自身の現実問題への対応の仕方が評価のポイントになると考えられます。

ですから、安易に人に訊ねるのではなく、先ず、ご自身で調べてみる姿勢が大切なのではと感じています。
ぜひ、あなたご自身の興味のあることへの研究と実践を行なってください、そのことがあなた自身を強くアピールすることに繋がると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

叱咤激励ありがとうございます。その通りですね・・・。しかしSONYのHPにいっても求人を見ても具体的なことが書かれていなかったので、今のSONYには何が1番必要なのか?が知りたいのです。自分で調べるのも確かに1つの手段。他人の善意に寄りかかるのも1つの素晴らしい方法です。

お礼日時:2001/09/25 10:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ