[問題]
甲は乙に土地を売却し、乙はその土地を丙に賃貸した。以下の各項目について、結論と理由を簡単に述べよ。

(1)甲が未成年者である場合に、甲乙間の売買契約を単独で取り消すことができるか。

(2) (1)の取り消しがなされた場合、甲と乙との法律関係はどうなるか

(3) (1)の取り消しがなされた場合、乙が丙から受け取った賃料はどうなるか。

(4)甲は乙から売却代金1500万円を受け取り、そのうち、200万円を生活費、300万円をデート代、100万円を借金の返済に当てている。(1)の取り消しがなされた場合、甲は代金をどの範囲で返還すべきか。

(5) (1)の場合で、甲が未成年者ではなく、禁治産者であった場合に、甲乙間の売買契約を取り消しうるのは誰か。

(6) (1)の場合で、甲が取り消しをしない場合に、乙はどのような手段をとることができるか。

A 回答 (2件)

1.できない。


2.成立する
3.乙が丙に返却する
4.難易に当てていても消費したがくのみ返還しなくても良い
5.後見人が本人に変わって行為をする
6一定期間を定めて追認するか田舎の催告をすることができる
    • good
    • 0

これは、民法の無能力者に関する事項を洗い直せば、簡単ですね。

私もChuraさんと同感ですが、
ヒントになりそうなことを考えてみました。

まず、未成年者の単独契約は無効ですが、乙と丙の契約はどうなるでしょう。丙は善意の第三者ですよね。

それから、未成年者との契約は追認の必要が無いことはご存知ですね。では、禁治産者は?

これは、宅建でも勉強する内容なので、そちらでも調べてみたらいかがですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ