7月に入会金を支払い 在宅ワークの会員になりましたが 先月末に事業停止し返金については弁護士と相談のうえ9月末までに連絡します とメールが届きました。調べたところ 他に2社 入会金を取って在宅の会員にする会社が 同じ日に同様のメールを出していて また3社とも住所が同じでした。
 掲示板を作り数名の会員の方達と連絡を取り合っていますが 明確に何をすれば良いのか解りません。

 全額返済は無理としても納得出来る返金がされなかった場合 どうすれば良いでしょうか?
また 10名くらいの集団で3社を相手に少額訴訟は出来ますか?
 法律、裁判など 全くの素人で困っています また額が少ない為 弁護士に相談となると考えてしまいます。
 何か 良いアドバイスがあれば助けて下さい。

A 回答 (2件)

 相手が、まともに商売をして、赤字を出し事業停止したのであれば、あなたは債権者ですので、法的整理をしたとき(破産など)には、債権が大きく削られることになります。

事業もしていないようだと詐欺になりますので、全額返還を請求できます。この場合には、詐欺で警察に訴えれば、相手は実刑を免れるために返済努力をします。いまのところはどちらにせよ、相手がどこの誰かを確定させることが大切です。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます
会社の所在や 社長の名前 勤務先は解っています また管財人からの連絡が無い為 倒産/破綻は していない模様です。
 また何かアドバイスがありましたら 宜しくお願いします。

補足日時:2001/09/28 13:30
    • good
    • 0

>10名くらいの集団で3社を相手に少額訴訟は出来ますか?


少額訴訟とは30万円以下の金銭の請求する場合適用される訴訟です。従って、10人が原告となれますが、10人全員の合計がで30万円以下なら結構ですがそれ以上となるなら通常の訴訟となります。被告は3社でもかまいません。
少額訴訟でも通常の訴訟でも一般的に原告、被告とも1人(1社)なら、被告は原告に対して○○万円支払らえ。というような請求の趣旨になりますが複数の場合は、被告らは、連帯して、原告Aに対して○○万円、Bに対して○○万円、Cに対して○○万円をそれぞれ支払え、と云うような請求の趣旨となります。これらは一通の訴状で書きますが、今回の場合は、それぞれが、それぞれ各自で一通書き、同時に提出すれば個々が30万円以内なら少額訴訟でできます。なお、書き方は、裁判所に用意してある用紙に書き込み、その場で提出すればよく簡単です。わからなければ聞きながら書いてかまいません。

この回答への補足

 早速の回答ありがとうございます
個々では OKですが集団では額を超えてしまいます 困ったな・・・・ 
 おかげ様で また違う方法も見つかりました もう少し詳しく聞きたいのですが相手側に行動を読まれる可能性が大なので出来ません 残念です。
また何か アドバイスがありましたら 宜しくお願いします。

補足日時:2001/09/28 13:36
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ