知人の女性が困っています。
彼女、ホームページを運営しています。
二月ほど前ですが、掲示板へ卑猥な書き込みが続きました。
業を煮やした彼女は「IPアドレスを公開する」という脅し文句を並べました。
以後、荒らし行為は収まりました。

代わりに今度は、いたずらメールが来るようになりました。
内容の下劣さから見て、おそらく同一人物でしょう。
最初は「迷惑メール」に振り分けていましたが、
相手もしつこく、次々と違うフリーメールアドレスで送ってきますから、
対処しようがありません。

彼女は犯人の目星はついているそうです。
同僚の男性ではないかということです(職場が違うので、私は会ったことはありません)
根拠としては、
1) 彼は仕事中、数時間PCを使うのだが、若干の時間差を考慮しても、
迷惑メールが送られてくる時間と(日中のものに関しては)重なっている。
2) メールの本文に、
個人的な知人しか知らないはずの情報が書かれている(彼女の髪型等)
3) 書き癖や、変換癖が同一。

3に関しては、私も、彼の文書とメールを見比べましたので、
同一人物ではないかと疑っています。
彼女としては、「これ以上迷惑行為を行いません」という誓約書を取りたいそうなのですが、法的にはどうなのでしょう。
物的証拠は何もないような気がしますし、
メールの文書だけでは状況証拠としても弱いのではないでしょうか。
そもそも、どうやって誓約書を書かせることができるのでしょう。
警察ですか、それとも裁判所?
ことを荒立てて、メールではなく、本物のストーカー行為に移行したら、
それも恐いと思います(職場では普通に接しているそうなので、大丈夫かもしれませんが)

私も彼女も、
この種のことに関して、まるで素人ですので、どうかご教授願います。

A 回答 (5件)

状況証拠だけでは中々難しいですね…


犯人を確信しているのであれば、それなりの調査方法はありますね。

証拠が無ければ、作ればいいんですよ。
簡単に言ってしまいましたが、カマをかけるとかね…
作戦は色々あるかと思います。

この回答への補足

返事が遅くなってしまいました&まとめレスで失礼させていただきます。
事後報告です。
彼女は会社のシステム管理者に相談しました。その際、犯人とおぼしき奴の名指しはしていません。
管理側で何を調べたかは定かではありませんが、
後日、「仕事用PCの私用利用を厳禁。定期的に調査を入れる。違反が発覚した場合は相応の処分」という文書が正式に回ってきたそうです。
その日、例のメールは「日中分」に関しては来ていませんでした。
なんて底が浅い男でしょうか。これでは自分が犯人だと暴露しているようなもの。

しかし、自宅PCからの送信を止めることはできません。相談の結果、彼女は一計を案じました。
例の文書を印刷し、「こんなひどい奴がいるんだよ、やあねえ」と同僚に見せて回ったのです。PCに詳しい男性陣は探偵気分で、相手を突き止める方法を教えてくれますし、女性人はその下劣さを軽蔑して笑いました。例の男は、そのすべてを聞いています。「ひどいね」なんて、感想を述べていたそうです。
その翌日からメールは来なくなりました ( 笑 )
そ、底が浅すぎ・・・・・

知恵を貸していただいて、本当にありがとうございました。彼女の分もお礼申し上げます。

補足日時:2001/10/21 06:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実は「カマかけ戦法」を、計画立てている最中です ( 笑 )
とはいえ、私は部外者なので、参謀にしかなれませんが。
何か動きがありましたらご報告しますので、このスレッド、
しばらく締め切らず置かせていただきます。

お礼日時:2001/10/04 01:10

補足読みました。


自分の会社のIPアドレスがわからない場合は、たとえば参考URLで調べるなどの方法もありますし、管理者に訊くのも一つの方法です。

free mailの管理者に問い合わせるときに、自分でもアカウントを作って、自分のアカウントと相手のアカウントの両方ともアクセスしてくるIPアドレスが何かを訊くのも一つの方法でしょう。

そんなに難しいことではないですよ。
(掲示板の中にはIPアドレスが表示されるタイプの者もあります)
知識があれば自分の掲示板にその機能を付けることも実は可能です。

では。

参考URL:http://www.mse.co.jp/ip_domain/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。彼女に伝えておきます。
何か動きがありましたら、ご報告します。

お礼日時:2001/10/04 01:06

状況証拠だけでは何とも手を出せないですね。


間違っていた場合は逆に大事ですし。

さて、会社の管理部門に依頼しなくてもある程度の特定は可能かもしれません。
会社のネットワーク経由と言うことであれば、フリーメールへのアクセスは会社のIPアドレスが使われているはずです。
まず、自分の会社のIPアドレスを調べましょう。1~数個あるはずです。
自分の掲示板に自分で何度もアクセスすれば大体つかめるはずです。

次に問題のメールのフリーメールの管理者宛に、SPAMメールが頻繁に来るので、該当者の接続IPを教えて欲しいと頼みます。
はっきりと自分の会社のIPアドレス経由でないかどうかを確認してもいいかもしれません。
うまく教えてくれるかどうかは不明ですが、教えてくれれば、少なくとも自分の同じ会社内の人物であるところまでは特定できます。

あとは、相手に対してこれ以上の迷惑メールを送る場合は、強硬手段に出ることを強く警告しましょう。
(同じ会社からの発信であることを突き止めていることは黙っていたほうが良いですが、メールの場合でも経路をたどることは不可能ではないと暗示して)

どうしてもやめないようならば、以上の情報を元に会社のネットワーク管理者に相談ですね。

私だったらこうするだろうという対策です。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「IPアドレスを公開する」という言葉は、実はハッタリで、
彼女、無料掲示板を使用していますので、サービスに相談しない限り、
IPアドレスを見れないそうです。
ただし、かなり友人は怒っています。
掲示板サービスでも、フリーメールサービスにも、訴える気構えです。
(男性器の画像を送付されては当然でしょう)
下で回答いただいたように、ひょっとすると、誓約書より、社会的に糾弾した方がいいかもしれません。
でも、証拠がないので先走らないよう包囲網を固めようと思います。
(例の画像が本人のものだとしたら、有力な証拠になりませんか?)

お礼日時:2001/10/02 18:13

yusyakunさん、こんにちは。



ご投稿の内容拝見しました。
さぞ、ご心配の事と思います。

文面中に危惧されているとおり、どうもご記入の内容だけでしたら
状況証拠だけであり、それらが個人を特定できるものでないと
思われます。

まず、これらの内容では、その本人が認めない限り、誓約書云々は
難しいのではないかと思います。
先のご回答者が記載されている通りに、LAN環境であり、サーバが存在
するならば、システム管理者にまずご相談された方が良いかと思います。

システム管理者であれば、通常一般的にアクセスログ等も管理しておりますが
その通信のパケット管理の手段も持ち合わせております。
これらは、企業でこの事を管理しているという事が前提になりますが、それらを
用いる事によって、何時、何を、誰に、が全て分かります。
その悪質パケットを送信されているのを感知し、その時点で、その方の機器を
押さえてしまえば、現行犯という事になります。
しかし、事が大げさになってしまうかもしれません。
社内であれば、法的云々より、就業規則上での処罰になる事の方が多いと
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよねえ。やはり状況証拠としても弱いですよねえ。
でも、会社のPCを利用しているらしい部分が、
もしかしたら打開点になるかもしれないですね。
彼女に相談してみます。かなりいきり立っているので、メールを第三者に見せても構わないと言っています。←昨日、スケベ画像をファイル送付されたそうです。

お礼日時:2001/10/02 18:04

あまり、良くない事かもしれませんが、会社のシステム管理者がいるのでしたら、その怪しい人物のインターネットのアクセスログを見てもらいましょう!


(会社のLAN構成が分からないので、サーバがあるかどうか分かりませんが...)
送られてきたフリーメールとアクセスされたURLが同じであれば、まず、間違いないでしょう。
もしくは、その人のPCのインターネットの履歴を見るぐらいしかないですね!

私の分かる範囲では...参考にしてみて下さい。

プライバシーの問題もあるので、慎重にやってみて下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそく彼女に進言してみます。
職場には複数のPCがあるようなので、おそらく管理者もいるでしょう。
仰るとおり、なまじ知っている人が相手なだけに、調べるのは難しいと思います。

お礼日時:2001/10/02 18:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ