質問

IQ100の私が見る世界とIQ150の方のそれとはどれほど違いますか?

通報する

回答 (17件中1~10件)

うう、、、

>IQ100の私にもたいへん分りやすく回答していただきお礼申し上げます。

返信内容を読んで、私が描いた世界が見えないんだ・・・って思いました。
私が悪いんだと思います。
説明が下手だから。
でも、かなぴー ;_;


>偽善者(IQの高い人)の罠に掛からぬよう精進してまいりたいと考えております。

大雑把なカテゴリーに入れると偽善者になるかもしれません。
しかし もっと詳細に分析すると、「偽善者だったから とかいう問題じゃあないんじゃないか」って事を言いたかったんです。
「本質を見誤っているかも」って事を言いたかったんです。


あなたが何故偽善者という言葉に拘るのかわかりませんが、それもつきつめれば、「偽善者ではなく そうなる理由があったのかもよ」 って言いたかったんです。


私とあなたのIQは違います。
でもIQのせいだけで、お互いズレた会話になっているとは思わないです。
興味を持つかどうか つまりエネルギーを集中させる部分が個人によって差があるってことが原因でズレちゃったのかも。
ちなみに、わたしは天晴れな人や、さらっと見たら理解不能な人にすごく興味を持つ個体だと自認しています。
普通の人がレッテルを貼ったものをじーっと見て、そのレッテル間違っているって発見したとき、とても満足感が得られる変な固体です。
同じ現象を見ても、見る角度が違うことから、世界が違って見えるのかも。


で、今回のテーマのIQによって世界がどれほど違うかって角度から私とあなたの一連の会話を見ると、IQが違うとこうなるって一辺が紹介できたことになる。。。かなぁ・・・ うーーん わかりません。
ちなみにあなたと私とでは30ほど違います。
私の話があちこちに飛散しやすいのは自覚していますが、それを自覚してなるべく短くまとめた結果がこうです。
本当はこの3倍以上の文章を書いたが、削って削ってこれですもん。苦笑。


IQのせいじゃあなくて、別の障害、というか、特徴を持っているからだと思います。
だからこのIQの人はこうだって今回思っちゃうと、別な事例が出た時 見誤るって思います。


人間はIQだけでできているのではなく、いろんな特徴の集合体です。
共感能力が異常に発達している人もいれば、共感能力+知能が発達している人もいれば、共感能力はちょっとだけど理論を得意とする人もいる。
IQでは固体の特徴は分類できない って思います。
同じIQでも、オプションの違いで、見えている世界の数が違ってくると思います。
だからプロファイル学ってものが発達しだしたのかもね。

この回答へのお礼

(1)
>返信内容を読んで、私が描いた世界が見えないんだ・・・って思いました。
私が悪いんだと思います。
説明が下手だから。
でも、かなぴー ;_;
⇒(論理的な会話は多少無理としても。高い人にはエネル
ギー浪費が大きいでしょうし)
(2)
>普通の人がレッテルを貼ったものをじーっと見て、そのレッテル間違っているって発見したとき、とても満足感が得られる変な固体です。
⇒用は魅力が感じられるかどうかってことでしょうか。

と言いたかっただけなのでお手紙は十分届いております。
誤解させたらすいませんでした。

この回答への補足

(3)「偽善者」は「IQの高い方」への揶揄です。
誤解を与えたら申し訳ありませんでした。

>人品次第ではいくらでも成立するんじゃないでしょうか。


私としては飯島愛さんは結構高いと思います。
彼女はよく頭脳を試す番組で、見事に漢字が書けないとして、大笑いされていますが、彼女の話を聞いていると、IQ高いって思えます。
何故彼女があそこまでみんなに愛されているかというと、『馬鹿だから』 という安心感があるからだと思います。
(漢字を知っている、知識が豊富=頭がいい って定規で人の価値を測りがちなのがこの世の中)
実際には馬鹿どころか結構頭が切れる人だと思います。


>用は魅力が感じられるかどうかってことでしょうか

うーん 人によって魅力を感じるところ違うって思いますが、もっと考えてみると、実はIQ100近辺の人が魅力を感じる対象が、一般的に人気が高いということかも。
だってその人たちの投票で世の中の人気って決まるんだから。
100近辺の人の割合が一番多いのがこの世だから。
彼らが魅力だと感じるものを番組制作すれば、そこそこ視聴率稼げる。
調査の結果、 ラーメン 美女 温泉 がキーワードであることが判明 笑
トリックの種明かしとして、犯人を捕まえる際に、刑事が「あなたは誤魔化すために、こういうトリックをして、こうやって ああやって」って長々という場面ありますが、あれ 犯人に説明しているんじゃなくて 視聴者向けにわかりやすく映像を交えて説明しているんですよね。 
IQが非常に高いひとなら、解説いらないと思うし、不十分でも、言葉のみ(映像なし)で理解すると思えます。



アインシュタイン 彼小学校を退学になったんですが、馬鹿だと思われていたからじゃないかと。
学校で、言葉喋らなかったから。
大人になってもぱっとしない人生だったみたい。

アインシュタインのIQがいくつだったか忘れましたが、130とも200とも言われていたような。
(そんな計測できるテストあるんか? というかどうしてこうも数値が違うの?テストの種類が違うの?)

彼が人気ものになった理由は、難しいこと発表したからじゃなくて、ベーーって舌出した写真が公開されたことだと思います。
つまりとらえどころの無い世界にいると思っていた人が、「茶目っ毛ある頭の良い人」って 『安心感』が得られて100の世界の人たちに人気者になったんだと思います。

頭がいいだけじゃあ 嫌われる。
茶目っ気、お馬鹿さんを見せないと100の人には嫌われる。
だからネジがゆるんだ発言をしたIQ156の人は、いきなり注目を集めたわけで。
彼女が最初から研究室にいたら美人の研究員ってだけ。
騒がれることもなかった。




>高い人にはエネルギー浪費が大きいでしょうし

いや、逆だと思います。
理解のエネルギーを多量に費やすのは100の人です。
100近辺同士なら、苦もなく理解できます。
しかし100の人が70や150の世界を理解しようとすると、無理があります。
解説者が必要です。
いなければ、「どう考えてもわからん」と疲れて、別の世界をこの世から排除するか、無視するか、価値の無いものとして視界から消し去るだけ。


>ただ偽善者ということもありますので(アクセルの例のように)低い人も用心しなければならないと思います。

うーーん レッサーパンダ帽の浅草殺人事件。
責任能力ありってことで無期懲役になりましたよね。
性的欲望を抑え切れなかった知的障害施設出身者ってことになっていたと思いますが、それだけじゃあ殺人は犯さなかったって思います。

知的以外にもう一つの障害があった。
前も不可解な殺人事件があり、このある障害があったって報道していましたが、今ではわかったとしても報道してはならないってなったと思います。
(その障害を持つ人 及び その家族を偏見から守るため)

だから単に知的障害施設出身者が凶悪な殺人事件を犯したって、嘘というか真実ではない事が一般的に知られているわけで。
そうすると、ある障害を持つ人は偏見から守られるかわりに、知的障害者は殺人も犯すって、嘘というか真実ではないことが、世間の認識となる。
なんだかな~。

偽善者という認識も 詳しく考察すれば、偽善者というカテゴリーには入らないとなるかも。

この回答へのお礼

本当にどうもありがとうございました。
IQ100の私にもたいへん分りやすく回答していただきお礼申し上げます。
偽善者(IQの高い人)の罠に掛からぬよう精進してまいりたいと考えております。

No.10です。再度失礼。


『馬鹿の壁』に書いてありましたが、大学の学生を調べたところ、似通ったIQだったとか。
IQが10違うと会話が成立しないとか書いてありました。
想像するに、理解のスピードがIQが10違うと、ズレズレになってしまうんじゃないかと。

IQ150の人は「1、すっとばして5 すっとばして10」って到達するものを、IQ100の人は「1の次は2で、2のつぎは3で。。。え?5? なにが5なの? え? 10? 一体何の話しているの?今 3の話しだよね?」ってな具合になるんじゃないかと。



実際150なんて人と喋ったって経験が無いので、うーーーんなんですが、
http://www5.big.or.jp/~hellcat/news/0503/31a.html
156の人の世界。
凡人な感じですね。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152079 …
7歳の時点で計測不能なほど高いIQだった子。
計測不能って一体いくつなんでしょうね。
160くらいが限界らしいから、それ以上?
彼女の場合語彙も大人なみにそこそこ獲得していたので、大人向けのテスト受けたら100だったかも。
しかし、彼女の先生に宛ては詩は、凡人じゃ書けないなって思いました。
ええ、詩は理解できるし、芸術的で感動的だって理解できます。
しかし、わたしはどうあがいても、あんな詩書けません。
やっぱり彼女は7歳の時点で天才。



逆に、とても穏やかな性格の少年が、前働いていた会社からお金を盗んでしまったんです。
とっても反省していて、「ごめんなさい ごめんなさい」って心底謝ったんですが、又盗んだ。
そして、捕まってひたすら心底「ごめんなさい」と誤り倒す。
弁護士は彼のその態度に逆に「おかしい」って思ったんです。
かわいがられていたらしく、やめるときも、仲間についてこいって言われて、本意ではなく仕事をやめたらしい。

「かわいがられていたところに普通入るか? あれほど怒鳴られたら、開き直るったり弁明をしたりするのが普通なのに、ひたすら涙をこぼして 悪かった もう二度としません」って謝り倒している おかしい・・・。」

弁護士はそこに不可思議さを見出し、もしやと思ってIQを測定したら70。
知的障害の認定は70未満。 たったの1ポイントの差ですが、彼は健常者と同じように裁かれることになった。

この知能ではやった罪がどんなものか理解できない。
だからブレーキをかける事もなく何度もやれてしまう。
弁護士は彼の将来をどうしたものかと考え、このままでは又罪を犯していつか刑務所に入ってしまうと予想し、両親に彼の能力を伝え、今度どうしたらいいのか話し合ったそうです。



やっとの思いで捕まえた連続殺人犯。
知能を調べると非常に高かったという事を何度か聞いたことがあります。
この意外性からニュースになるんでしょうけど。
知能が高い=狂人じゃなくて、なんというか。。。
知能が高いから捕まらない方法でやれてしまう。

善悪の判断はちゃんとできている。
知能が普通の人も、アクセル踏み込みすぎて罪を犯しますが、すぐ捕まります。
拘束されるので、次やりたくてもできない。
でも、知能が高すぎると、これをやると足がつくわかっているので、証拠を残さない。
だから捕まらず、またアクセルが踏み込まれた時、殺人を犯す。


『羊達の沈黙』のモデルになった人はとてもIQが高かったとか。
本当に壁越しに隣の囚人を言葉だけで自殺させたのかどうかは知りませんが。
IQ100の人が何人で取り組もうと、たちうちできなさそう。
だから、IQが高い人に相談して、、、それがこの映画では、この人食い博士だったんですよね。
博士が入れられている檻を訪れ、犯人のプロファイル ならびに次の行動の予測をお伺いをたててましたよね。


結局 IQが似たもの同士でしか、コミュニケーションは成立しないのでしょうか。
IQが高い人は低い人の言っていることはわかると思います。
逆は難しいかもしれない、、、、って思いました。

この回答へのお礼

お手紙ありがとうございます。
>結局 IQが似たもの同士でしか、コミュニケーションは成立しないのでしょうか。
人品次第ではいくらでも成立するんじゃないでしょうか。
(論理的な会話は多少無理としても。高い人にはエネルギー浪費が大きいでしょうし)
ただ偽善者ということもありますので(アクセルの例のように)低い人も用心しなければならないと思います。
用は魅力が感じられるかどうかってことでしょうか。

>例えばIQ150の人はIQ70の人の見る世界を理解できると思われますか?
多分ほとんど出来ないと思います。
統計的に知能が非常に低い人も非常に高い人も極少数になりますね。元々のIQは、知能の発達に異常な人を見極めるために開発された仕組みですから、実年齢と知能年齢との差により値が計算されていました。
しかし、知能への捉え方もバリエーションも増え、いわゆる同年齢での「偏差知能指数」へと変わってきました。学力の偏差値のような感じ。さらに全年齢に拡大して同一国内での「知能指数分布」という発想も可能です。回答11で紹介した「テスト・ザ・ネイション 全国一斉IQテスト」は視聴者を対象にした知能指数分布を調査しようという試みです。(対象人数はかなり少ないですが)
で、統計分布なので、極端な人は圧倒的に少ないのです。しかもクイズ的になりやすいため知識がないと高得点がとれずにIQが低く出たりして、結果の信頼性が全く無いというほどです。ですから、IQではなく、ISS(知能偏差)で表すほうがいいといわれています。
学力の偏差値のような意味あいになりますから。
ちなみに、IQ70または75未満(以下)の人は知的障害があると認定され、また療育手帳の交付対象となるそうです。IQ70以下の人は理論的には2.27%だそうですが、そのうち知的障害者認定を受けているのは6人ないし7人に1人程度であると。
恐らく、IQ150以上の人は、0.5%よりも少ないはずです。(方式で異なる)
なお、知能偏差で表現した場合、平均(標準値)は50です。このへん、ちまたで言われているIQとは違いますから本来のIQから言えば全く間違っていることになります。
とにかく、そのIQ70の人の見える世界というのは、これも通常人からは理解不能な場合が多々あると想定されます。通常の人でも理解できない世界であれば、天才的な人でも理解できないと考えられます。
常識の通じない世界ではないかと思いますが。
あくまで推測です。
ただ、学力は、勉強すればある程度向上しますが、知能レベルは、そうそう変わりません。遺伝的な部分もあり、差別につながり易い側面を持っていますので、国レベルや世界レベルでの偏差値なんか公表したら戦争へということも有り得ると思います。それほどの影響のある問題だと思います。

今回も長々とすみません。

この回答へのお礼

>療育手帳の交付
ある意味震撼としました。
昔、近所にかなり特別な施設があって深く考えさせられた記憶があります。
宿命のようなものを感じて胸が苦しくなりました。

そのときの彼らの姿が蘇って来そうです。

どうもありがとうございました。

昔から一を聞いて十を知るといいます。
平均的な人間は一を聞いて一を理解するのがヤットでしょうが平均値を上回るにつれ一が十にも二十にも上がっていくのでしょう。

この回答へのお礼

一を聞いて十を知るですか。
ガウスなんか一を聞かなくても100を知る、てな感じ
ですかね。
つき、不つきが激しいですね。

どうもありがとうございました。

>逆にIQ150の人はIQ100の人の見る世界を理解できると思われますか?
出来ます。
しかし、理解の仕方が違うでしょう。
そのことによって、どう行動するかは別の話。
極端に言えば、1人でIQ100の人を5人同時に相手ができるとかになるかもしれません?。
頭の回転が速過ぎて、(IQ100の人にとって)余計なことまで考えてしまうかもしれませんね。
IQ100の人が1つしか思いつかないのに比べて、10も20も考えてしまったりすることでしょう。到底太刀打ちできないレベルの「常人離れ」した処理能力です。
これらに独創性などがあれば、次々と新しいモノを作り出していくものと思われます。
一風変わった人で、何を考えているか理解できないが、茶目っ気があったりして、本当に天才か?と疑うような人かもしれません。
とにかく近くに居ないので推測ですが。

長々とすみません。

この回答へのお礼

ご親切にご回答いただきありがとうございます。
それでは
例えばIQ150の人はIQ70の人の見る世界を理解できると思われますか?
ほんとうに暇があつたら教えてください。
馬鹿馬鹿しい質問なので。

IQが150の人の世界なんて理解不能ですから、回答できないでしょうね。
ただ、IQ値の本質は、統計ですから、全面的な知能などは判断できません。
もし仮に居たとしても、常人離れしているかどうかも解りません。

その前提の上で、
そのような(ある意味で天才)人の「見る世界」というのは興味があります。
想像力をたくましくして考えてみると
1)まるで普通の成人が子供に見えると思います。
2)そして、孤独。理解してくれる人が周囲に居ない。
頭の回転が非常に早く、超人的な理解力だろうと思います。
通常の世間的な事には興味が無いというか、既に無くなってしまいっている
のではないでしょうか?
この人頭の構造どうなってるの?というような理解不能の能力を発揮している
のでしょう。
知能の(一面的な)高さが、そのまま人間の能力にはなりません。
また、能力があっても、社会で成功することとは別次元のことです。
多面的な評価が必要だということでしょう。

知能指数(IQ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%83%BD% …

知能検査
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%83%BD% …

テスト・ザ・ネイション 全国一斉IQテスト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9% …

むしろ重要なのは、
1)認識  反応、理解、分析、思考、選択、決意
2)行動  遂行、実行、努力
3)評価  反省、スパイラルアップ
のステップでの能力の捉え方でしょう。

コンピュータで言えば、CPUの処理能力にあたると思います。
しかし、実際には、多面的な能力が問われる現実の社会では、
以下のような能力の一例がしばしば話題になります。

肉体的な能力
 同体視力、聴力、筋力、瞬発力...
特殊能力
 絶対音感、絶対味覚、空間把握能力....
脳の機能・能力
 記憶力、想像力、理解力、洞察力、推理力、語学力、計算力、分析力、判断力、思考力...
感覚的側面の能力
 表現力、音楽力....
行動的側面の能力
 実行力、行動力、説得力、折衝力、調整力、企画力、集中力、持続力、忍耐力、指導力、統率力、統制力....
性格・志向
 先見性、創造性、独創性、専門性、協調性、感受性、計画性、ストレス耐性、率先性、柔軟性、信頼感、誠実性、おもいやり、純粋性、頑固、勤勉、実直、素直.....

ざっと思いつくだけでもたくさんあります。

これらの総合的な能力や志向性が、偉大な成果を残す可能性を高めます。実際に何をしたいか、したかによって、それらの能力が活かされたかの
評価が下されます。
「見える世界」が違うだけでは、結果(成果)には結びつかないということ。
「感じた世界」を「どうするのか」「どうしたいのか」「何に活かすのか」ということが結果(成果)に結びつくからです。
そこには、意思や嗜好・志向・信念などが深く影響し、結果的にその人なりの世界観・人生観・歴史観・価値観を形成します。

この回答へのお礼

ご親切にご回答いただきありがとうございます。
逆にIQ150の人はIQ100の人の見る世界を理解できると思われますか?
もしひまがあつたら教えてください。

本当にどうもありがとうございます。

IQのテストの内容は、

A:5つくらい数字の列が並んでいて、「一つだけ違いがあるが どれでしょう」 とか
   ↓
 法則を見抜かないと解けない。


B:花子さんは明子さんより背が高く、明子さんはみどりさんより背が低く。。。中略  背の高い順はどれでしょう」
  ↓
 理論で考えなければ解けない

C:図形が並んでいて、法則を発見しなければ解けない

D:図形があって、図形をあまたの中で回転させることができなければ解けない。


等、数・理論・図形・言語・分析・特徴・差異・記憶を問う問題を限られた時間内にどれだけ解けるか だったと思います。

テストするたび、30分内だったり2時間内だったりしたら、正確な数値は測れない。
だから、受けるとき、みんな同じ時間内にやるように言っていたと思います。
環境も静かでリラックスした状態にして、IQテストだって知らせず、クイズだって言われたような。

小学校から高校まで、みんな受けていたと思います。
え? 受けたことない? 
IQテストがどんなものか知れば、「ああ よく学校でクイズみたいなものをやらされていたがあれか」とわかると思います。


IQテストの番組があって、職業別にグループに分かれて、平均値を出していて、どのグループが他のグループより高いか などやっていました。
グループは覚えているだけで、看護士さん、大工さん、東大生、武道家・巨乳、もっと他にもいたと思います。


番組ではどの分野において、誰が上位にいたかも発表していました。


図形の分野では、一人の大工さんのIQがだんとつで高かったです。


理論の分野では、一人の東大生が一番高かったと思いますが、2位は「え?何故 理論とは関係ないのに」というグループの人でした。


東大生のIQの平均値は140台だったと思いますが、それぞれの分野に分けると、必ずしもそれぞれの分野で、東大生が他の圧倒していたとはなりませんでした。
総合的な数値ではある東大生が一位だったと思います。
1ポイントか2ポイント違いの2位が、別の職業の人だったと思います。
それも肉体労働の職業の人だったと思います。


IQのテストは、ある分野のみ高い数値を出しても、IQ数値が高いとはならないです。
どの分野もある程度こなせないと、高い数値にならないようにできている。
それぞれに時間制限あるし。


IQが非常に高い人は、芸術においても優れた才能を発揮するそうです。
音楽や美術やスポーツは知能には関係無さそうですが、実際は、関係しているらしい。
だからレオナルド・ダビンチのように、芸術も医学も、分析関係も一人であらゆる分野で活躍する人もいるわけで。



どう見え方が違うか。
IQが高い人は文芸関係でも能力を発揮していると思います。
例えば映画の評論家。
映画を見た後、評論家の解説を読むと、「うおっ!」って関心します。
優れた映画は1シーン、1シーンに無駄がない。
それぞれの場面に意味を持たせている。
例えば相手を見つめる場面にも、その 間 が意味を成していて、後の場面にリンクされている。
それを見抜くと、優れた作品だと思うし、逆に無駄な場面が多い(意味を持たない 間 など)と、駄作といわれる。

評論家が映画を解説すると、その評論家の見えている世界が私と違う。
しかし、説明してもらうと、彼らが見えていた世界が見えてくる。
逆に、「コイツ・・・」という人にいっくら映画の面白さを説明しても、全く理解しない(世界が観れない)人もいる。
「どうして彼は彼女にこういったの?」と聞かれたので、それは後の場面でこういうリアクションしたでしょ。 だから彼は彼女を本当は嫌いだったんじゃなくて、彼女に気づいてほしくて、このリアクションしたんだよ。ここが人間の感情の複雑さで・・・」って言っても、理解しない。
面白い映画を「難しいからつまらない」と興味を持たない。
もったいない って思います。
同じ環境 同じ画面を見ていても、「趣のある世界→おもしろい」 という見方をする人もいれば、「難しくてわかりづらい→不快」と感想を持つ人もいる。

映画は時間制限あるので、目の前に流れる場面場面で特徴を瞬時に判断して、他の場面からのリンクに気づかなければ、つまらない ってなる人もいるかも。
優れた作品(無駄がない)をIQが150の人が見たときと、IQが100の人が見た時と違ってくると思います。

人間の平均値は100です。
つまり100の人がおもしろいと感じなければ、その作品の興行収入は得られない。
ところが、映画宣伝マンは、その人たちが普通に見たら捕らえることができない部分を前もって言っちゃうんです。
説明しちゃうんです。
すると、その知識を持った状態で映画を見るので、普通だったら気づかないところも気づき、おもしれ~となる。
つまりIQがとても高い人が見る世界の一部を見れるわけで。

IQ100が平均値ですが、ばらつきがあり、100を頂点として、放物線になっている。
つまり一番多い人は100だが、そうじゃない人も100の人よりは多くないが沢山いるわけで。
これらのバラつきのある集団がこの世界を作っているわけで。


もう一つ、レインマンのモデルになった人。
自閉症だったと思います。
ものすごい記憶力の持ち主ですが、社会不適合なので、限られた世界(施設)で守られていきています。
彼はあれほどの記憶力を持ちながらも、「りんご1個1ドル。家 1ドル」と答えてしまう。
リンゴも家も同じ価値としかわからない。
見えている世界、心で捉える世界が違う。

この回答へのお礼

ご親切にご回答いただきありがとうございます。

ある分野に得意な才能を示す方というのがいらっしゃるようですね。

ちなみに私はセルジオ・レオーネが好きなんですが、万人に受ける監督かも知れませんね。

本当に参考になりました。
どうもありがとうございました。

 No.7では「時間をかければ、同じ世界が見えるはずです。」と答えましたが、これは色や形が同じように見えるということです。観念として見える世界は、人間一人一人に違いはあるものです。
 
 見える世界はIQの同じ者同士であったとしても、違って当然だと思います。見える世界の違いはIQに限らず、見る角度や視点が違えば、IQが同じでも、まったく違った世界が見えるでしょう。

 IQが高ければ世界を正確に見れるというわけではありません。IQが低くても、いろいろな角度や視点から世界を見ることができます。ですので、いくらIQが高くても見る角度や視点が、偏っていたり狭かったりしているのならば、IQの低い人よりも間違って世界を見てしまうことになります。

 IQの差で見る世界が違うかどうかの問題は焦点が定まりにくく、問うこと自体が難しいものです。背の高い人の見る世界と、背の低い人の見る世界の違いと、同じくらいのものかもしれません。
 

この回答へのお礼

ご親切にご回答いただきありがとうございます。

ほとんど回答不能の質問かと思いますが、付き合って戴いて感謝いたします。
またよろしくお願いいたします。

 見える世界は大差ないと思いますが・・
やはり問題の解決速度が違うので、感じる世界が違うのではないかと。
 たとえば普通免許取立ての人とベテランドライバーの東京都内の複雑な繁華街を走っているときの脳の働きの状態の違いくらいが、日常的な差としてあるかもしれないと思う。

この回答へのお礼

わざわざご回答いただき誠に感謝いたします。
やはり世界観にそれほど影響しないというご意見でしょうか。
たいへん参考になりました。
またよろしくお願いいたします。

このQ&Aは役に立ちましたか?25 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集