質問

先日、目上の方、或いはお客様に対して「了解(致しました)」というのは失礼である、「承知いたしました」「かしこまりました」の方が良い、という話しになりました。了解には謙譲の気持ちが入っていないのではないか、というところまでは行き着いたのですが、明確な違いが分かりません。「了解」は身内言葉だという意見もあるのですが、根拠が曖昧です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

通報する

回答 (5件)

No.1の方のおっしゃるとおりです。 同じような使い分けは、報告と連絡でもあります。

この回答へのお礼

ありがとうございます。他にもあるんですね。

私も他の方々がおっしゃった内容でほぼよろしいかと思います。
加えて、「了解」は「承知」と単に言葉の意味合いが違うだけでなく、それが自然に使用できるケースというのはかなり限られてくると思います。
目上の人や上司に対して承諾の意味で使うのであれば「承知しました」「かしこまりました」だけで十分です。
もし「承知しました」と全く同じ意味合いで「了解しました」を使用するケースがあるとすれば、警察や軍隊など一般ビジネス社会とは異なる場所であり、これを一般社会で普通に使うとすれば、かなり不自然かつふざけた言い回しに聞こえます。
決してそんなつもりはなかったとしても、相手の人が常識ある社会人であれば、侮辱されたと思われたとしても仕方ないと思います。
例えば、「私が」を「自分が」と言うようなものです。

この回答へのお礼

「了解」のイメージとしては非常に近いものを感じました。やはり「了解」は使わない方がいいのでしょうね・・・。ありがとうございました。

辞書で調べたら、 了解=物事の内容や事情を理解して承認すること。承知=事情などを知ること。または知っていることでした。

この回答へのお礼

わざわざ調べて頂いたんですね。ありがとうございます。

基本的な言葉の意味がわかっていないのではないでしょうか?
まず、「了解」も「承知」も名詞です。
なので、「いたしました」という敬語を用いているのでどちらも問題ないと思います。
では、意味はどうなるか。

了解・・・物事の内容や事情を理解して承認すること。例文:「お申し越しの件を了解しました」

承知・・・
1 事情などを知ること。また、知っていること。 わかっていること。例文:「無理を―でお願いする」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。例文:「申し出の件、確かに―した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。例文:「この次からは―しないぞ」

だそうです。

「かしこまる」これは、命令・依頼などを謹んで承る意を表します。なので、お客様に何か用件を頼まれた際には、これ一言でOKですね。

上記2つの言葉の謙譲語は「承(うけたまわ)る」なので、本来なら「承りました」が正解では???

この回答へのお礼

「承りました」が良いのは十分分かるのですが、堅苦しいと感じる方もいらっしゃるようで・・・。やはり「かしこまりました」が無難なように思えてきました。ありがとうございました。

見た字のとおり

了解
 完了している。理解している。
 簡単に言えば大丈夫解ってるよ~

承知いたします
 承る。かしこまって用件を聞き確実に相手に伝え  る。

この回答へのお礼

早々にありがとうございます。承知に伝えるという意味まで含まれているとは知りませんでした。ひとつ勉強しました。ちなみに私の辞書では了解:納得して承知するなんです!

このQ&Aは役に立ちましたか?486 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

FXに惹かれますが・・・手を出しても大丈夫?

惹かれはするがなかなか手を出せないFXの必勝法からFXを活用するための知識についてまとめました。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集

日経新聞記事を調べる
日経新聞記事を調べる日本経済新聞朝刊・夕刊、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)の記事を検索・購入
企業情報を調べる
企業情報を調べる帝国データバンク企業情報、東京商工リサーチ企業情報、日経会社プロフィルに収録の企業情報を購入
財務情報を調べる
財務情報を調べる帝国データバンク財務情報、東京商工リサーチ財務情報に収録の財務情報を購入
日経BP社の雑誌記事を調べる
日経BP社の雑誌記事を調べる日経ビジネス、日経コンピュータ、日経コミュニケーション等、日経BP社発行の雑誌記事を検索・購入
その他のビジネス情報を検索
朝日・産経・毎日・読売新聞記事 |  経済誌(エコノミスト、東洋経済) |  人事情報 |  信用情報 |  統計情報