年内に簿記2級を取って経理職に転職をしたいと考えています。ただ、経理として成長していくにあたり、簿記1級か、簿記論か、どちらが企業内経理として役に立つのか教えていただきたいと思います。ちなみに税理士として独立するつもりはありません。私としては、財務諸表が作れ、かつ、顧問税理士の方の言うことを鵜呑みにせず、自分でも再度検討してより自社に合う形を提案できるような経理になれたらと考えています。
 また、簿記1級と簿記論はどちらが難易度が高いのでしょうか?転職活動の中で、「現在勉強中です」と言うにあたり、簿記1級と簿記論は企業からはどちらが評価されるのかも気になります。
 色々質問を詰め込んでしまって申し訳ございません。どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (4件)

私は1級と簿記論では簿記論の方が実務に役立つと思います。


日商検定はある意味パズルで、簿記論の方が基本から理解していないと受からないと思います。ちなみに簿記論でも一応「連結」もやりますよ。
基本を押さえていれば、実務に就いてからは必要があれば調べながらでも対応出来ます。

会計事務所で、ずっと1級に挑戦している同僚のことを所長が「1級なんか勉強するなら税理士試験の税法でも勉強してくれた方がいいんだけどな」と言っていました。

結局、実務では「簿記」としては3級や2級で勉強した範囲で概ね事足りるのではないでしょうか。教えてgooの財務・経理でも「税法」がらみの質問が多いと思います。

1級は合格しなくてはアピールポイントになりませんが、資格取得に至らなくても、税法科目は勉強している最中から役立つ思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
先ほどの方からは簿記の方が役に立つかも知れないといわれ、納得をしつつ、今waganeco様からアドバイスを頂いて、また納得をしてしまいました。
 ただ、簿記論をやるのであれば、その後税法科目もやっていくべきであるということですよね。そして、税法の知識が経理に役立つということですね!


 最終的には実際に自分の目で両方のカリキュラムをよく吟味して考えたいと思います。でも、頂いたアドバイスはとても参考になりました。

ほんとうにどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/30 12:20

純粋に転職だけを考えるのであれば、簿記一級のほうがいいのではないかと思います。



両方合格していますが、私は簿記論のほうが難易度は高いのではないかと思います。
商業簿記、として考えるのであれば、簿記論のほうが難易度は上
原価計算等の勉強範囲を加味して考えるのであれば
同等程度になるのかなぁ、というところです。

一級のほうがいい、という理由。
連結会計をやる。(今は簿記論も連結やるのかも。不明)
会計学、工業簿記をやる。
特に工業簿記をやるということは、対象企業が増える、ということになりますよね。

採用側の立場にたてば、簿記論、といわれると
税理士を目指しているのかな?
それまでの腰掛けかな?という印象を与える可能性があります。

簿記一級を取得して、会計学をより深く勉強し
財務省評論の勉強(要するに会計学の詳細と思っていただければ)
それから、財務諸表分析の勉強をしたほうが
有意義なのではないかと思います。

財務諸表分析ができれば、取引先の信用度等を
経理の立場から判断できることができ
企業内で役にたつことができるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!
企業内で活かせるのはやはり企業内向けの資格である簿記の方がいいということですよね。

<財務諸表分析ができれば、取引先の信用度等を
経理の立場から判断できることができ
企業内で役にたつことができるでしょう。

これはとても魅力的なスキルだと感じました。
是非取得したいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/30 12:09

すみません…。

ちょっと思ったのですが…

>顧問税理士の方の言うことを鵜呑みにせず、自分でも再度検討してより自社に合う形を提案できるような経理になれたらと考えています

この部分だけを考えるのならば、例えば税理士試験の『法人税法』等を勉強されれば、かなり役立つのでは…。(今のところ税理士になるつもりが無いのであれば、どの順番で勉強してもいいと思いますので…)

ちょっとした提案でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、私の理想の先には税理士の法人税の知識がないとできないものがありますね。ここまで極める力があるなら税理士のほうがいいですよね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/28 22:27

簿記1級と簿記論の取得者です。



>どちらが企業内経理として役に立つのか
1級は商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算と4種ありますが、簿記論は会計学と原価計算はない(工業簿記もそんなに細かくない)ので、どのような企業に勤めるかはわかりませんが、1級の方が役立つとは思います。

>どちらが難易度が高いのでしょうか
どちらも難易度は同じぐらいですかね。合格率は10%前後ぐらいですし、1級は4科目を幅広く1科目10点未満を出さないようにしなければいけません。簿記論は広く深く学習内容がありますので。

>どちらが評価されるのかも気になります
これは上述の理由(最初の)により、1級のほうかもしれません。簿記論は会計学と原価計算分野がありませんので。ただこれは企業にもよるのでなんとも言いがたいところがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にどうもありがとうございました。
私的には簿記1級は簿記論より簡単だろうと思っていたので、1級がそこまで難しいことにちょっと驚きました。(だって簿記1級は税理士の受験資格なのですから)
 しかも1級は足切りもあったんですね!
 ただ同じ位のレベルで、企業からの評価もそこまで大きく開かないのであれば、税理士になる道も開ける簿記論の方が私にはいいのかも知れません。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/28 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ