ある対象ファイル(約1000個)をDOSコマンド or プログラムを使用して、その
データがbinary形式かテキスト形式か判別できるようなものはありますでしょ
うか?
 メモ帳などを開いて確認すればよいのですが、対象ファイルが多すぎて話しに
なりません。また、拡張子で判別もできません(全ファイル同じ拡張子のため)
UNIXにftpで転送して、fileコマンドで判別してしまえば、簡単だとは思います
が、NT側で処理できないものでしょうか? UNIXでfileコマンドで判別できる
ということは、どこかに判別してきるキーのようなものがある気もするんです
が。。。まだ勉強不足の私に教えてください、宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

>ASCIIファイルの末尾は「EOF(1A)」ですね。



これは一般的には無いと考えた方がいいと思います。
本来は確かCP/M時代の仕様です。
ファイルサイズの情報が無かったために,明示的にエンドマークであるEOFを入れる必要があったためだったと聞いた覚えがあります。

MS-DOS時代でも、つけるタイプの物と、つけないタイプの物が存在しました。
    • good
    • 0

fileは確か・・・/etc/magic あたりにパターン定義してある


ファイルがあって、特定の種類のファイルはそれで
ヘッダ判別みたいなことをしていたと思います。

テキストファイルかどうかは、例えば512byte読み込んで,
中身に可読な文字や改行、タブ等以外のコードが含まれていれば binary って判定だったかも知れません。

実際に何をしているかは,LinuxでもFreeBSDでもでfileのソースコードを見るのが早いでしょう(^^;

また、cygwinっていうWin32上で動作するunix環境がありますが、fileは入っていませんでしたが,
多分 fileのソースを持ってきてコンパイルすれば、
使えるんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、参考にさせていただきます。今回の場合、1回限りの
ファイルの判別作業となりますので、cygwinをセットアップしないで運用で
カバーしてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/12 10:51

ASCIIファイルの末尾は「EOF(1A)」ですね。



バッチファイルを作って、TYPEして、その結果を別フォルダにでもリダイレクトして、FCで比較してみるとか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ