今に始まったことではないのですが。
数年前仕事のストレスからうつ病にかかってしまい、仕事を辞めました。その後しばらくなかなか病院にも行けず、この春からきちんと治療を受けております。
そのせいなのかは分かりませんが、その仕事を辞めた後から(最初にうつ病と診断されたあたりから)仕事などが続けられないのです。特に物凄く嫌なことがあったわけでなく、ここ最近も1週間で辞めてしまいました。
今は資格取得のため、週に2回勉強に行ってますが、それさえも苦痛です。多分勉強についていけてないのと、そんなに興味があった資格ではないからだと思ってます。(就職に有利と言うだけで通い始めましたが、実際仕事につけたとしても続けられる自信もないです)
元々そんなに飽きっぽい性格ではなく、今でも自分の興味がある分野では、寝食を忘れて没頭するほどです(例えばPC作業とか)。学生時代は皆勤賞を取ったほど、無遅刻・無欠席でした。それなのにどうして今は、こんなに物事が続けられないのか不思議です。

もちろん世の中好きなことばかりやって生きていけるわけではありません。しかしだからといって、こんな風に逃げてばかりじゃ生きていけないと思うんです。
多分今日も学校ですが、サボってしまいそうな勢いです。何か怖いんです。(何がと言われても分からないのですが)そういうときに無理して出かけると、必ずと言っていいほど、おなかの具合が悪くなったり、乗り物酔いを起こしてしまいます。(元々乗り物には酔わないほうです)
でもサボったりすぐに辞めたりということに後ろめたさがあります。
どうすればあまり好きではないことや得意ではないことでも、長く続けることができるでしょうか?(ちなみに決して楽しみを見出せない訳ではありません。そこそこ楽しくはあるんです。)病気のせいにするのは簡単ですが、何か言い訳っぽくて。

A 回答 (9件)

またまた失礼します、0903kkです。

おはようございます。
私も最初に入った会社は 自分がやりたいって思った仕事でした。
(前の回答の時と 話が違うやん!って? ごめんなさい。
ちょっと語弊があったかもしれません、まぁ 聞いてくださいネ。)
アパレル関係でした。
(と いっても 商品管理部 高卒ですからねぇ。)
 出荷作業の時に パッキンに服を詰めている時 いろんな服が見れたし
営業さん・販売の人とも 話しているのは 刺激があって楽しかったです。

自分は返品作業の管理が担当だったのですが バーゲンの時期などは とても
忙しく その仕事がこたえた…というより 「自分1人じゃちょっと 追いつきそうにないから この時期だけ誰か応援をつけて欲しい」
と上司に相談したところ 「いいや、この仕事は おまえ1人でやれ」って 言われました。
1年目でそれは きつかったです。 
その後 自分で改善しつつ 何度か相談したのですが 全然応じてもらえず
ストレスで食事も のどに通らない、彼氏にも当たる…でした。
で 辞めました。
そんなこともありましたが もともとは事務の仕事であれ 服に携わっていることで 満足していました。
だから 次も服に携わる仕事、やってもいいかなぁって思っています。
ちょっとは 怖い気もしますが。
ただ 最初の仕事だった、ということもあって うまくできなかったのと 「部下は上司を選べない」ってやつですね(笑)

またまた長くなりましたが そんな感じです。
あいかわらず まとまりのない文章でスミマセンでした。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございます。
「部下は上司を選べない」というのは確かですね。移動願いでも出せばよかったのでしょうが、私の住んでる地域には他に店舗がなかったもので・・・。
私が入社して1ヶ月ほどで、上司が少し変わりました。店内の雰囲気が変わったのもそのあたりからで、その後入社した人たちも次々と1週間とかで辞めていった(長くて3ヶ月くらい)ことを考えると、その職場環境がかなり悪かったんでしょうね・・・。

お礼日時:2001/10/14 12:14

 欝にかかつたということは、それまでの生活が、ご自身にとってとても負担であったということですよね。


 もちろん負担だと気がつかなかったからこそ欝という状態になってしまったわけです。ですから、「以前と同じ」生活をなさるのは難しいでしょう。心も体も悲鳴をあげているのです。
 とても真面目な方のようですから、以前のようによく働いておられたことを思い返せば、それより楽である生活をするのにうしろめたいのでしょうね。
 欝にかかったということこそ真面目に考えてみましょう。決してなまけごころや、不真面目さゆえに欝にかかるのではありません。たとえ世間から見て仕事量が多くないととしても、ご自分の許容量の仕事をするべきではないのですから。
 好きな仕事をすることにもなにか後ろめたさがおありでしょうか。仕事というものが、「好きなこととは別物でなければならない」という考え方は日本人にありがちてすが、好きな仕事していいんですよ。いや、仕事が好きであるべきなのてす。
 自分を休ませることを、自分に許してあげてください。「逃げてばかりでいけない」という考え自体はおかしいものではありませんが、しっかり体をやすませることなしに、常にそう考えるのは違います。
 適切な休養を自分にゆるすことができなけれは、人にも許せません。休みが必要な人がいたときに、「そのていどで休むなんて」と考えてしまうでしょう。
 真面目とがんこは違います。少しずつ、自分の心ををやすませることを覚えてみてはいがでょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、何か昔の仕事量に比べると今とても楽させてもらってる気がして。子供も保育園ですし、買い物も行かなくていいよう宅配ですし、「何で働いてないのに?」という目で見られがちなのが嫌なのかもしれません。
今までずっとオーバーワーク気味できたので、「自分ひとりお休みを頂く(公休以外に)」とか「自分ひとり早退する」などといったことが、自分の中で許せなかった部分があります。高熱があろうとも仕事に出てたので、たいした理由もなく仕事にいけなくなったりする自分が許せないのだと思います。(いつも突然行けなくなるんです。いつもと同じように朝起きたり、出勤してても、途中で足が動かなくなって、会社とは別の方向へ進んでしまった経験が何度もあります)
あまりにも休まなかったせいで「どう休んでいいのか」が分からないのかもしれません。休み下手というか。(典型的な働きすぎ日本人ですね・・・)休むことは簡単なようで、実は結構奥が深いものなのかもしれませんね。

お礼日時:2001/10/13 01:35

こんにちは。


「掃除が苦手で…」の 0903kkです。
このあいだは 温かいお言葉ありがとうございました。
今回 私が助けてあげる、な~んて 大きなことは言えませんが。 

私のお話になりますが 今まで職を7つほど変えております。
今はご存知のとおり専業主婦ですが。
最初 事務関係の仕事をしていたんですよ。
毎日 山のように 伝票整理があって 家に持って帰って徹夜のこともしばしば。これが入社1年目(18歳)の時でした。
なんとか1年半続けましたが ストレスでやめてしまいました。
その後は 業務請負(製造)で ライン作業の仕事、生保の営業etc…
をしました。
で 結局私の場合 向いているのは 「飲食店」と「ライン作業」でした。
(アルバイトですが。)
正社員のほうが そりゃ立派なのかもしれないけど そうなると以前と同じようなストレスを抱え また続かない、だったら 自分の好きなことをしよう、って思いました。
だから 次 働く時も パートかアルバイトにしようと思っています。
簡単なほうに逃げているつもりはありません、だって それが自分に1番向いているし 立派な「仕事」ですから。
他の方が言われているように 好きな分野からスタートさせることが1番かな。
あっ でもその前に…
心の休養をしっかりとってくださいね。あなたは1人じゃないですよ。
同じような人を見て 「安心してね」って 言うのもおかしいかもしれませんが
私の友達にも 同じような人、2人知っています。
2人とも ここ1年は心の治療・休養をとっています。大事なことです。
長くなりましたが がんばって…じゃなく 今は自分のペースでいってくださいネ。   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

覚えててくださいましてありがとうございます!
そうですね、私もアルバイトを含め何度か転職をしましたが、やっぱり向かないものは出来ないし続かないみたいです。(私の場合、逆に飲食店が苦手なようで、ファーストフード店などもすぐ辞めてしまいました・・・。)
続かないことは悪いことだと考えがちですが、「私には向いてないんだ」って思えば少し気も楽になりますね。
ただ、ストレスを抱えてしまった職場が、一番自分の好きな分野だったから、踏み込むのにちょっと勇気がいる部分もあります。でも、それはその仕事が悪い訳ではないですもんね。
なかなか回りにはこういう人がおらず、いいのかな?って気分でした。出来ることからゆっくりマイペースでやってみます。(あせらず、あせらず・・・)

お礼日時:2001/10/13 01:02

私も休んでいる間社会保険事務所から毎月傷病金として手当をもらっていました。


同居の親の目を気にしているような環境ではきちんとした治療はできません。私は一緒に暮らしている家内や実家の両親、妻の母親といった周りの人たちの理解のもとで適切な治療を行ない、治癒に向かいつつあります。
同居の親にさえ病気であるということをわかってもらえないということは、あなたが普通の人のように頑張りすぎて要ることの証拠です。この際「頑張っている皆に申し訳ない」という考えをお捨てになって下さい。あなたがご自分を責めれば責めるほど病気は悪い方向へ行ってしまいます。同居人の前でも素直に自分の本当の状態をさらけ出し病気であることを認めてもらうべきです。
うつ病の治療には家族の理解と協力がとても大事です。
あなたはサボっているのでも怠けているのでもない。病気なんだということをご自分も家族のかたも充分理解されることが最も大事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかー、私は怠けているつもりでも、本当はまだまだ無理をしてるのかもしれないですね。そういえば、母が普段は仕事に出ているし、私の子供もいますので、最低限の家事はやっています。でも死なない程度、ってくらいで、掃除なども2,3日に1回すればいいほうなので、親がいつも「あんたは毎日家にいて暇なんだから、掃除くらいきちんとしなさい!」と言ってます。
親には何度もうつ病の症状や治療方法を説明したつもりですが、理解は示してくれても最終的には「きついのは誰だって一緒よ!」と言われてしまうので、本当の理解はしてないのかもしれません。でも母ももう何十年も安定剤を飲みつづけていると言います。(でも精神科などへの受診はありません。アレルギーがあるだけです。それってアリなのかな?)母には迷惑をかけているので(金銭面などで)母もきついのに私のために頑張ってくれてるんだから、私も頑張らなくちゃ、と変な方向で頑張っているのかも。
まだまだ怠けてもいいよ、と言うことなのでしょうか・・・。変な話ですがそんなに怠けたことがないので、恐ろしいです・・・。

お礼日時:2001/10/12 10:54

先に回答したものです。


お礼の内容について、回答させて頂きます。
セントジョーンズワートというハーブについてです。
セントジョーンズワートは、サプリメントで、コンビニや薬局で手軽に手に入るものがたくさん出回っています。
DHCのサプリメントが安価でお勧めです。
私も、自分が鬱じゃないかって、悩んだ経験があったので。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DHCですかぁ~!知らなかった・・・。(化粧品しか見てなかった・・・)早速後で見に行ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 10:19

うつ病のばあい、その様な時期があります。



そんなときは治療に専念して、後はのんびりと、マイペースで、好きなことをしていることです。

決して、やりたくないことを無理してやらないことです。
むりをすると、達成できないときに、余計に落ち込んだり、罪悪感を感じてしまい治療の妨げになります。

罪悪感などは感じなくて良いのです。
全てが病気のせいですから、病気が治れば元に戻ります。
今は、身体も心も、休めてあげることが一番なのです。

うつ病は必ず治りますから、時期を待ちましょう。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.matsudo-yaku.or.jp/kenkochk.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一応うつ病についてはネットで色々と見て回ったので、知識としては分かってるのですが、実際自分のこととなると・・・分かってないようですね(苦笑)。
よくうつ病は真面目で責任感が強い人がなりやすいと言われますが、私はその典型だと思います。あまりに真面目すぎて、遊びでさえも全力投な為、他人にはその部分しかうつらない様で「どこが真面目なのぉ~!?」と笑われます(親からでさえも・・・)。
治療が遅れたのも長引いている原因の一つかもしれません。ずっと最初にうつ病と言われたことに対し「そんなことはないだろう」と放ったままでしたから。(病気の知識も全くありませんでしたし)
自分だけが楽をさせてもらってるような感じで、大変恐縮に思っていますが、それも思わなくていいことなのかもしれないですね。今までの人生でも私は苦労をしたという感じがしないので、何だか物凄く楽ばかりして生きているような気がしてなりません。自分で気付いてないだけで、本当は物凄く苦労しているのかな・・・。
完全に良くなる日はいつなんだろう・・・。私の稼ぎで子供を食べさせていくことを考えなければあせらなくてもいいのですが、こうしているうちにどんどん子供は大きくなるし、将来にも不安を感じます。今面倒を見てくれている親も、いつまで元気か分からないし。

お礼日時:2001/10/12 10:18

> 世の中好きなことばかりやって生きていけるわけではありません。


> ・・・こんな風に逃げてばかりじゃ生きていけない・・・多分今日も学校ですが、サボってしまいそうな勢いです。

しかし誰でも好きでないことはイヤイヤになりますし、案外自分に向かないことを選んで勉強したり、根本的に方向が違って

いるのではないでしょうか。。。

PCでネットも普通にされているようだし、自分の関心のあるファッション、美容関係など好きな分野で頑張ってはどうでしょう。

嫌なことをすれば益々自分で落ち込んで、病を気から作ることになりかねないと思いますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに向いてないことを選んでしまったのかもしれません。今は経理関係の資格取得の勉強をしてますが、元々オフィスワークが嫌いで、ずっとファッションに関わる仕事をしてました。(とは言っても、何かを作り上げるような作業でなら、1日でも2日でも座りつづけられます)
うつ病の原因になったときの仕事も、好きな分野での仕事だったので、ちょっと仕事として同じ事をするのにはまだ抵抗がある部分があります。
根本的に「自分とは合わなかったんだ」と思えればいいですね。それに薄々気付いていながらも、「でも折角通ってるし・・・」と無理に頑張ろうとしてるのかもしれません。多少なりとも出費があったので「元は取らないと!」というせこい(?)根性もあるかも・・・。
好きな分野でなら、ある程度は頑張れます。もう今日は、好きなことに没頭します!ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/12 10:04

うつ病歴9年の者です。


あなたはご自分のことをサボっているとか後ろめたいとか言ってますけど、まだあなたはうつ病が完全に仕事ができるまでに治っていないのです。うつ病の治療にはただ単に病院に通って薬を飲んでいればいいというものではありません。うつ病を発症した根本原因を探り、必要とあれば長期休養を必要とします。うつ病の治療には心と体の休息が最も大切なのです。自分が嫌だなと思っている環境に我慢している限り薬を飲んでもうつ病は良くなりません。
現に私などは以前勤めていた会社で2ヶ月間休職をとり、そのまま退職してしまいました。それからもう1年1ヶ月も経ちます。最近になってやっと自分に向いている仕事を見つけることができ、それに向かって勉強をし始めたところです。私は既に40代半ばですが、今までやってきた仕事と全然関係のない仕事に就くことに対して遅いと感じることはありません。人生永いのですから、1年や2年自分のためだけに使っても損ではないと思います。
まず、焦らないことです。うつ病を完全に治してむしろあなたがおっしゃっていることと反対にご自分の好きなことだけを好きなときにだけやるようにした方があなたのためです。
あなたがご質問の中で後半におっしゃっていることはうつ病患者でない人にとっては普通のことかもしれませんが、うつ病患者にとっては、好きでないことや得意でないことをやろうとすることは、却ってうつ病を悪化させてしまいます。
もっと長い目で見てご自分に自然に意欲が湧いてくるまで、きちんと療養した方がいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私よりも長く患ってらっしゃるのですね。(私は最初に診断されたときが4年前ですので・・)
そうですね、病院の先生にも「薬を飲まなくていい」とも「病院へ来なくていい」とも言われないので、治ってはないんですよね。すこ~し薬の量は減りましたが。
心と体の休息・・・。出来てるようで意外と出来てないもんです。身体は随分と休ませて上げられるのですが・・・。
私は子供を養っていかなければいけない身分なので、うつ病だから、とか言ってる場合じゃない気もしてあせってます。(よくうつ病でも何とか働いてる方はいらっしゃるので・・・)家で好きなことをやっていても、同居の親の目が気になります。「全然具合が悪いようには見えないけどね~」などと言われます。今は特に働けなどとは言われませんが、無言の抑圧をされてるようで・・・。
毎日仕事に行って働いてる友人からも「私は時間がないから~」などと言われ、私だけ好きなことして楽してるような気がして悪いのです。確かに昔は私だけががむしゃらに働いていましたが・・・。
好きなことを好きなときに好きなだけ・・・。頭ではそれがベストだとわかっているんですが。今のままで、好きなことに時間を割いてもいいのかな?頑張ってる周りのみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいです。(そうでなくても母子家庭で色んな手当てなどをみんなの血税から頂いてるのに・・・)

お礼日時:2001/10/12 09:54

逃げてばかりじゃいけない。

。と思うことでは悩みは解決しなかった。なら、違うように考えてみてはどうかしら?
自分は、本来怠け者ではない。病気が原因だ。って。
自分自身を追い詰める方向で、じぶんを見つめていたことが、うつ病の原因のひとつになったのではないかしら?
まず、自分がうつ病ということを、受け入れてください。

セントジョーンズワートというハーブが効果があるときいたことがあります。強いこう鬱剤と同じくらいの効果があり、ハーブなので副作用もないすぐれものだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一応病気は受け入れてはいるつもりなのですが、やはり自分の周囲に同じような症状の人がいないこと(きちんと毎日頑張って仕事に行ってる人ばかり)や、端から見れば「病気」という感じがしないことなどから、何だか「私のは本当に病気なのかな・・・?」と自分でも思ってしまう時があります。調子がいいときは物凄くいいので・・・。
確かに今まで自分を追い詰めていた部分があるのかもしれません(今もそうなんでしょうね)。うつ病になったときの職場では、非常に期待されており、その分上司からの指導も厳しいものになっていました。私はそれに答えようと必死だったのかもしれません。(例え自分が悪くなくても、自分の努力が足りないからだといつも思っていました)

ハーブのほうは始めて耳にした名前です。普通に苗(?)が売ってるのでしょうか。それともオイルなどになってるのでしょうか。今度ハーブのお店に行ったら探してみます。

お礼日時:2001/10/12 09:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ