法事っていつまでやるべきでしょうか。
ちなみに仏教です。
うちは親戚づきあいが異常なほど親密で粘着質でやかましくてウザいのでまた親戚のDQNらが
思いやりが無いとかウザいんです。法事に手抜いたら。

A 回答 (8件)

法事は故人のためにやるのでなく、


残された遺族が自らのためにするものなのですが。
50回忌ぐらいになると、故人を知ってる人自体がいなくなりますからね・・・。
    • good
    • 1

私は父を亡くしましたが7回忌からは家族だけでしようと思ってます。


我が家も仏教です。
母の姉(享年3歳)の法事は妹一家(私たち)が法要したことがあります。
亡き父が通知が来たときに「やるべき」と母の実家の近くのお寺にいって行いました。
祖母の法要と母の姉の50回忌を同時に済ませたりもしました。
私の所も親戚付き合いが異常なほど親密です。
近所に何件も親戚の家があります…とほほ
祖母の下妹の旦那さんの通夜に私と妹は参加できなかったのですが、その時に「●●ちゃん(私)と●●ちゃん(妹)は?」って聞いてきたみたいです。
正直親密すぎるのはうざいですよね…。
父の葬儀をするときに葬儀屋さんが弁当の数の多さにおったまげ状態でした。

ところで法事とはどなたの法事なのでしょうか?
それによっては違ってくると思います。
親戚一同で集まるのは7回忌までぐらいでいいのではないでしょうか?
13回忌ぐらいからは故人の家族のみで良いと思います。
法要されるのでありましたら故人を思ってやるべきなので、手を抜くとか思っているのであればしない方が良いと思います。
    • good
    • 0

こんばんは。



 ご法事に手を抜けない、ということであれば、50回忌か33回忌までになると思います。
 地域・宗派・お寺さんによって、それまでの年忌の取り方もまちまちですが、私の地域は50回忌までですね。それと、近しい親族がいる場合、可能な限り呼ぶので、何回忌以降は身内だけで、という言い方もしないですね。(やや関西圏よりの西日本です。)
 
 お寺に行くと、たぶんその年の「年忌表」が掲げてあると思います。そこに書かれている年忌をお勤めなさればよいと思います。
  
    • good
    • 1

だいたい、17回忌までやって終わりにしても良いかと思いますが。


丁寧な人だと、50回忌なんてやる家庭もありますが。

何か身近な人が亡くなって、そのついでに33回忌や50回忌を行うという場合もあります。
その人のためにやるのであれば、せいぜい7回忌か13回忌で終わりにしても良いかと思います。

でも、あなたような考えでしたら、やってもらってもありがたくはないですし、正直言って、迷惑でしょうね。
亡くなった方もいやだと思います。
    • good
    • 0

一般の家では、33回忌を「弔い上げ」として打ち止めにするケースが多いと思います。


由緒ある家では、100回忌までやることがありますが・・・、

ただし、「ウザい」と言われながらやってもらっても、ご先祖さんは「ありがたい」とは思ってくれないでしょうから、イヤイヤやるのであれば無理にやらなくても良いと思いますが・・・。

いずれにせよ、「いつまで」と覚えておくのも大変でしょうから、お寺さん(檀那寺)から案内してくれた時に、思い出してやるくらいに考えておけば良いのではないでしょうか・・・。
そのかわり、お墓参りを年中行事として忘れないようにしてあげることにしておきましょう。
    • good
    • 2

若くして亡くなられたかたなら、近しい人が生きている限りやるでしょう。


おじいちゃんが20代で亡くなっていて、おばあちゃんが80くらいまでお元気で(かくしゃくと)生きておられたら、50回忌とかね。

大体13くらい以降はほんの家族だけでいいのでは?
    • good
    • 1

十三回忌くらいまですればいいのではないでしょうか。


個人的にですけど、私は私が21のときに逝った母の法要は五十回忌まではごく内々でしようと思っています。
その先もあるのかどうか知りませんが。
法事に呼ぶ親族の中にうるさい人などいないので私は恵まれてますね。
    • good
    • 0

たいてい25か33くらいまでじゃないでしょうか。


まあ、由緒ある家柄なら50だの100だのもやるようですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 我々にとってのあの花は、実は沖縄では供花だった!?

    今年のお盆の予定は決まっているだろうか。多くの方にとって帰省の機会であると同時に、一年の数少ないお墓参りの機会でもあると思う。普段手入れをしていないお墓参りは、意外と物入りである。掃除用品やお線香、ろ...

  • これさえ抑えておけば安心!喪服選びの3つのポイント

    ブラックフォーマルと言われる礼服の中の喪服は、他の衣服と異なり、なかなか大きな買い物である。またそれを着ていく場所には、そこでしか会わないような人々も多く、喪服による第一印象は、その人のイメージに大き...

  • 葬儀だけでなくお墓も多様化!コインロッカー式納骨堂とは!?

    葬儀の小規模化、所謂「家族葬」が増加する中で、様々な葬儀の形が昨今現れている。それに関連するように葬儀後のお墓の問題も変化しつつある。お墓を継承してもそれを後世まできちんと管理できるか不安であったり、...

  • 葬儀で余った香典は誰のもの?

    冠婚葬祭は人生の一大イベント。だが、親戚一同が集まり、多額のお金がかかるだけあって、家族の思わぬ側面が見えてしまうこともある。 「教えて!goo」でも「葬儀で余ったお金」という質問があった。長年の闘病の...

  • 家族葬が普及することによって恩恵をうける人達とは?

    お金をかけない葬儀、親しい者だけで慎ましやかに執り行う葬儀が、近年増加している。また葬儀社も、そうした「小規模な葬儀」パッケージプランを多くしている。一方で葬儀とは、故人にとって一世一代のイベントであ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ