実は大変困ってます。僕は誰かと初めてHをする時は必ずイクのが早いんです!!3回ほど腰を振るとスグいってしまいます。。。だけど同じ人とする2回目以降は徐々に長くなっていき、やがて普通にぐらいになります。

別に女性経験が少ないわけでも無いんですが、これだけはいつまで経っても治りません。

このお陰で付き合ってるわけじゃない女性と肉体関係になりそうでも、イクのが早すぎて嫌われそうなど考えてしまいなかなか深い関係にはなれません。。。

これって早漏なんでしょうか?
いつも初めてする人との時は、胃がキリキリ痛むほどのあがり症なので、気持ちの問題なんでしょうか?

自分では気持ちの問題だと思うんですが、そういう場合になにか良い解決方法はありませんか?

A 回答 (6件)

ちょっと違った視点から…



もし中に入れてすぐイッてしまうなら、
前戯を長くして楽しめばいいと思います。
それでも深い関係になれますよ。
相手に申し訳ないと思うならば、前戯で満足させてあげることです。

別にイクのが早くても恥ずかしいとは思いませんし
私だったらどうすれば楽しめるかを考えます。
いくら長もちする人でも楽しくなかったら
短くだって長くたって一緒じゃん!と思ってしまいます。

>このお陰で付き合ってるわけじゃない女性と肉体関係になりそうでも

これってBz1さんにとってはコンプレックスみたいに感じる部分だと思うので
付き合ってから肉体関係の方がいいと思いますよ。
相手も好きな人なら多少そういった点があっても満足してくれたりします。
むしろBz1さんの人間性で相手に興味をもってもらうところから
スタートした方が、Bz1さんにとってはいいような気もします。

解決策は「Hの雰囲気をお互いが楽しむ、相手をまず満足させれば早くても罪悪感ナシ」
「できれば肉体関係から関係をスタートしない方がいいかも」
ということです。
私見ですが、私だったら気にしないです。
もう少し気持ちを楽にもっても大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、なんだか気分的に楽になりました(^。^)

お礼日時:2001/10/17 22:58

日常、勃起や射精についてのトラブルを扱っていますが、お話の状況であれば『肉体的なトラブル』は考えられそうにありません。


仮に仮性包茎があってもそれはソレです(笑)←挿入そのものに支障のない状況で肉体的な因子を考えるのは間違いです。
また色々なトレーニングを試せるほどに馴染んだ相手であれば問題もないようですので、あなたにはトレーニング自体は無意味です(自信をもって臨むという意味では意味があります)。ただし誤解がないように言いますが、訓練自体は、馴染んだ相手でも早漏に悩む場合の訓練法としては非常に優秀なものです。ご自身で気持ちの問題だとお分かりであるならば、もっとじっくりと『準備』されることをお勧めします。具体的には、性的な興奮をコントロールするために挿入前の行為に時間をかけることや、性交前に射精しておくなど他の方が言われているような範囲で構いません。


・・・・・ここから先は『一般人』としてです。
最初のハードルを越えたら問題なくなるんだから…
私のような世代ではこれが何故問題になるのか、とても理解が出来ません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こういったことに関するトラブルを扱う方からの回答はとても説得力がありますね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/17 23:01

私の彼氏も初めの頃そうでしたよ。



時間にして2秒くらい・・。1回も腰を触れない時があったり・・。Hができないくらい、入れたらそっこう、なんて時もありました。初めは、びっくりしたけど、
でも、なんか、それが逆にかわいらしくみえて、愛おしくさえ感じました。すごく遅くてなかなか、いかないと、えっ?気持ちよくないのかな?とかおもっちゃうけど、いくって事は気持ちいいって事だし、嫌な気はしないし。
初めてHをする時は必ずイクのが早いんです!!ってことは、たぶんは精神的な事が大きいと思います。でも、あんまり気にしなくていいんじゃないかなぁ。そのぶん、入れる前に女の子にサービスをしてあげれば??
まさか、早いから嫌うなんて事、絶対にありません!!
いつも、ずーっと、2、3秒じゃ、考えるけど、初めのうちだけなら、むしろ、私は、すごく遅いより、早い方が人間ぽくてかわいいって感じましたよ。
ちなみに、私の彼氏も、furu007さんが書いているセマンズ法 というのをやって、今では15分ぐらいもつようになりました!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

女性からの回答は、とても参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/17 23:07

俗に言う三擦り半ってやつですね。

おいくつ位の方か存じ上げませんが、ちょっと早すぎます。考えられるのは、仮性包茎かなぁ、敏感すぎるってやつ。普通はあがったらたたないのではないでしょうか?
でも私も、エッチ歴はかなり古いですが、やっと女性がイッタ後の膣の収縮まで我慢して、もういい?って聞いてから、発射できるようになれました。苦節??年。かなり長い間、お先に失礼状態でした。若い時はいろいろ努力しました。今日はするって時は、自家発電してからデートに行くとか、ホテルに行ったらとりあえず、彼女のお口のお世話になってからとか。でも何回もできるんですから、そのことを先に言っておけば、いいんじゃないですか。それか初めの一発は、知らんふりして腰を振り続けるとか。早漏一発終了じゃないんなら全然問題ないでしょ。あと気持ちの問題について私の意見は、セックスは男が女につくす事。もし挿入して早く終わるんであれば、それまでに十分彼女を満足させてあげれれば、早くてもそんなに怒らせることはないでしょう。ただ腰振って終わりでは、女はついてこないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 23:11

直接的な解決方法は、わかりませんが、そんな事であなたの事を嫌いになる人なんていませんよ。

好きになったら、そこまで好きになるんです。
2回目以降は、問題ないなら、余計考え過ぎない方がいいと思いますよ
初めての時に、「ごめん、実は。。。」って打ち明ければ、「なんだ、そんな事気にしてるの?」って言ってくれると思いますよ。それで怒る女性って珍しいと思います。それに、そんな女性とは、付き合わない方がいいですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/17 23:09

私も同じです。

興奮の余り、、と言うのが正直な所です。
とは言え、気にすればする程、うまく行かず困っています。
泌尿器科で一般的な改善法を書いておきます。

セマンズ法
まずパートナーに用手的に陰茎を刺激してもらいます。
そして、オーガズムに達しそうになったら、パートナーに合図をして、
刺激を中止させます。
射精感が弱まったところでパートナーに刺激を再開させ、
同様にオーガズムに達しそうになったら刺激を中止させます。
これを4回くり返し、4回目で射精します。
次には、潤滑剤を使用して同様のことをくり返します。
以上がうまくいくようになったら、いよいよ性交です。
女性上位で陰茎を腟内に挿入し、手をパートナーの腰にあてがい
オーガズムに達しそうになるまでパートナーを上下に動かします。
そして、オーガズムに達しそうになったら、パートナーの動きを止めて、
射精感が弱まったら再び始めます。4回目に腰を動かして射精します。
女性上位でうまくいくようになったら、次には側臥位で同様のことを
くり返し、男性上位は最後に行うようにします。
この方法を行うことで、比較的短期間で射精をコントロールできるように
なります。

スクイーズ法
本質的にはセマンズ法と同じです。違う点は、射精寸前になったら、
パートナーは包皮小帯に当てた拇指《ぼし》(親指)とその背面の亀頭に
当てた示指《しし》(人さし指)および中指で陰茎を3~4秒強く圧迫します。

御参考下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

同じような悩みの方がいてて、少し安心しました(僕だけかな?って思っていたので)こういった方法での改善方法があるなんて知りませんでした、今度試してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 23:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 好きだけどケンカばかり……そんな彼との結婚は?

    やたらとケンカが多いカップルというのはいる。それでも腐れ縁なのか長く交際し、いざ結婚しようと決めたときに、ふと思い悩む。こんなにケンカが多いのに、結婚して大丈夫? と。今回は「教えて!goo」に寄せられ...

  • ポンコツな日々:第125話「食べてもOK」

    日々のちょっとしたヘンな出来事を、1話完結形式の4コマで綴っていきます。時にするどく、時にやんわり、ありそうで無さそうな日常の1コマを切り取ってお届けします。

  • “罵声大会”に怒り心頭?名指しで苦情も……駅員泣かせの鉄道ファン

    時として人は趣味に没頭してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまいがち。それが公共の場ならばなおさらである。「教えて!goo」に「何で鉄道ファンはマナーの悪い人が多いのでしょうか?」との質問を見つけた。鉄道愛...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ