明日の子供のお弁当なんですけど焼きそばを入れて欲しいって
リクエストがあったんですが・・・。
冷めるとどうしてもかたまってしまいますよね?
まだ小さいのでうまくほぐす事も出来ず、困っています。
なんか裏技ってありませんか?
ちなみに偏食の我が子の焼きそばは麺だけのシンプルソース焼
きそばです。

A 回答 (3件)

>冷めるとどうしてもかたまってしまいますよね?



そうなんですよねー。
冷めてしまうと、固まってしまうし、美味しくないんですよね。

私が試して、まぁまぁだという方法ですので、あくまで参考にしてください。

ソバを焼いてソースを入れますよね。その時、ソースに片栗粉を入れるんです。
ちょっと粘つきますが、簡単に麺と麺が離れます。(水で溶くと、水っぽくなります)

これは揚げソバを参考にしたので、揚げソバが食べれるのでしたら、あとからアンをかけてもいいと思いますよ。

ご参考までに・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

片栗粉とはすごいアイデアですね。
今回は実践できませんでしたが、次回やってみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 09:27

おかあさんの手作りお弁当!いいなぁいいなぁ!


お子さんが羨ましいです。

さて本題です。

まず麺を焼き過ぎないことでしょうか。
というか、麺は焼くというより「煮る」に近いです。
つまりできるだけ水分を飛ばさないようにすることです。
具もベーコンとかキャベツとかひき肉を細かくきざんで
できるだけやわらかく仕上げます。(野菜も食べなきゃダメよ^^)

味付けは、粉末のものを使うとなると
どうしても油でぎとぎとになりがちなので、
ソースがメインでカレー粉少々と醤油少々でやるといいと思います。
あと砂糖とか塩はお好みで調節してください。
(昔の給食の焼そばをイメージしてください。
というかこれ、給食のおばさんに聞いた簡単な作り方です。)

あと、普段は少し冷ましてからお弁当箱の蓋をしますよね。
水分を保つという点では、すぐに蓋をするというのも効果的だと思いますよ。
ちょっと水滴が付くのが×ですけど。
もちろんこれは密閉性のあるお弁当箱でなければだめですね。

atozさんの「麺を短くする」という御意見は目からウロコですね。
そうか、その手があったか!^^
そういえば給食の焼そばも、なんとなく麺は短めでしたね。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか私はいつもしっかりと焼いていたので、いけなかったの
かしら・・・ね。今朝は水分多めで煮る感じで仕上げました。
随分といい感じでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 09:26

>冷めるとどうしてもかたまってしまいますよね?



「冷めると固まってしまう」ということを、みこして
冷たくなってもいいようにあらかじめ、小さくあるいは
短く食べよくしておいてはどうでしょうか?

植物性のサラダオイルなどを、冷えてから少し混ぜてもいいかな?
(でも、油っぽくなるしネ)

思い付いたのは、こんなところです。

では、お子さまにおいしいランチを! (^_^)v
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速今朝麺を短く切って作りもたせました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 09:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

料理レシピ検索
入力例) BBQ -  弁当 -  作り置き
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ
ヘルシーレシピお悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか?旬の野菜を毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!

カテゴリ