ひまわりの種を頂きました。白いのと黒いのがあります。どう違うのでしょうか?また蒔き時、育て方等教えてください。

A 回答 (2件)

ひまわりの育て方です。



4月に種をまけば7~8月に花が咲きます。遅くまくと背が低くなります。
種は大きくふくらんで重いものが丈夫に育ちます。
移植するとしおれやすいので、一般には直まきします。
日当たりが良い広い場所に、50cm以上離して、深さ2~3cmに平らにまきます。
肥料は、吸収力が強いので、やりすぎないようにします。

芽の出はじめは小鳥に食べられないように、ざるなどでおおいをして、背が高くなって倒れそうなものは棒を立ててひもで結びます。

咲き終わるとスズメやカワラヒワが実を食べに来ますので、これを防ぐには袋をかぶせます。

種は油分を多く含み、サラダ油や菓子用に利用します。
からをとった種を油でいためて食べると、ピーナツのような味がしておやつや酒のつまみに最適です。
又、花びらやつぼみを茹でて、サラダなどに出来ます。

種の白と黒の違いはわかりません。
    • good
    • 2

 白と黒の違いは、種類の違いだと思います。

ミニひまわりと言う種類もありますので、ひまわりも色々種類があるようです。

 蒔き方は鉢やプランター、屋外の庭も同じですが、土から3cm程度下に蒔いておけば温かければ一週間から10日くらいで発芽します。あとは、時々水を与えればどんどん成長します。太陽の当たる場所がよいですね、なんと言ってもひまわりですから。

 土には肥料を混ぜるのと、種を蒔いた時と発芽するときまでは、土の表面が乾かない程度に水を与えるのと、発芽後は葉っぱを見ると水が足りないかどうかわかります。水だけ気を付ければ、手間のかからない花ですよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ