アロエが体内でどのように作用して下剤作用が起こるのかが知りたいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「アロエベラの成分とその働き」

「瀉下作用」は「アロイン」のようです。

蛇足ですが、「アロエ・エモジン(イモディン?)」は動物実験で「遺伝毒性」があるようですが、ヒトでの使用量では問題なさそうです。

http://lpdiamond.tripod.com/whatsnew/whnew_hrr01 …
(国際アロエ科学評議会)

ご参考まで。

参考URL:http://www.miyakojima.ne.jp/kyuyou/syoukai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。また何かありましたらよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/10/28 12:45

アロエが下剤として作用する物質はアントラキノンと言う化合物で、アロエが動物の食害から自分自身を守るために、外皮の直ぐ下に有る黄色いどろどろとした苦い液です。

この、アントラキノンと言う構造を持つ化合物に、一番多く含まれている物質は、アロインと言う物質で、このアロインが下剤としての効果があります。
アロエは、今も下剤の原料として使用されています。

参考URL:http://www.airgreen.co.jp/aloe/effect.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。また何かありましたらよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/10/28 12:44

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「アロエ」
http://www.selfmed.co.jp/soudan/med_h.html
(病院でもらう便秘薬:第五)

論文等が知りたいのでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/~jin/health/aroe.html

この回答への補足

できれば論文などの詳しいものも欲しいです。

補足日時:2001/10/28 12:40
    • good
    • 0

ようは、繊維質です。

食物繊維みたいなものと同じで大腸を刺激し弛緩している筋肉を動かすことで(この動きのことを蠕動運動(ぜんどううんどう)といいます)腸内から排泄物を出しやすくさせることで緩下剤としての作用を発揮します。気をつけなければならないのは筋肉が弛緩して便秘になる人と、逆に筋肉が緊張して便秘になる人がいることです。(大半は弛緩型ですが)こういった人はこのようなものはあまりとらない方が良いでしょう。(食べ物としてなら特に害はないでしょうが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。また何かありましたらよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/10/28 12:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。また何かありましたらよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/10/28 12:43

生薬の効能で調べればわかりますよ。



参考URL:http://www.mmjp.or.jp/health-ad/syouyaku.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。また何かありましたらよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/10/28 12:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ